官能小説セレクション 官能小説投稿サイト 官能小説セレクション スマートフォンページへ


掲載作品について

サイト内の文章等の無断転載は禁止しております。
作品の転載、掲載、取材等をご希望の場合は必ずご一報ください。

sm  狂女

[PR] http://luv.kir.jp/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (1)
提供:nan-net

無言の狭い密閉空間の中、すぐ前に居るその母娘らしい二人連れを見ながら、こいつらは文枝と怜かもしれないと思い、願っても無い絶好の機会にほくそ笑んだ。怜は勿論、文枝の方も予想以上に顔立ちが良く、母娘共々手に入れたいと思った。                                      一階まで降りて外に出ると、その女は、「ねえ、あれからどうしてたの?」と尚も芳美に尋ねて来たので僕は、「あのう、文枝さんですか?」と逆に訊いた。「そうだけど、あなたは?」「僕、母がこちらと知り合いなので」「・・・」咄嗟に出た妙な言い訳に文枝は怪訝な表情をしたが、妹から、「ずっと幸せにやってるわよ」と言われ、「ここじゃ何だから、どこかでゆっくり話さない?」と誘って!
た。「いいわよ」芳美は開き直っている様子だ。                                                                       比較的近いM公園に向かった。日射しが強く、文枝と芳美姉妹は共に日傘にバッグという格好でほとんど無言で歩いていた。僕は両手に奴隷たちの買い物袋を持ってやっており、後ろから美奈と真理子が自分の袋を手にしている。                                    大噴水の在る園内に入り、木陰のベンチに芳美と母娘が腰を下ろした。僕は、彼女たちがどんな話をするか気になっていたものの取り敢えず遠慮して、涼しそうな別なベンチに美奈・真理子と共に掛けた。二人共僕の!
魂胆を察しており、美奈なんかは意味有り気!
笑いを浮べて、「もう計画を立てたんですか?」と訊いて来る。「いや、まだ」「お母さんの方も一緒にでしょう?」「まあな」「ご主人様って、熟女も好きなんだから」「それにしても綺麗な子ね」真理子が怜の方を眺めて言った。「ああしていられるのも今の内よ」僕に狙われたらどんな女も性奴隷にされる、と美奈も実感している。                                      芳美たちが具体的にどんな内容を話し合っているか、声が聞こえないのでわからない。あの姉妹は元々親密ではなかったから、芳美が僕によって突然旦那の前から消えて以降はほとんど音信不通だったのではないか。現に、芳美の入院中でさえ姉との連絡は無かったと言う。そんな姉妹が今偶然にも顔を合わせ!
、芳美が自分の身の上を一切打ち明けたら・・・そう思うとさすがに不安に襲われた。たとえ芳美本人が今の境遇に満足していても、僕がこれまでにして来た悪行の数々は姉からすればとんでもない事だからだ。その為、文枝と怜への確かな攻略までは頭が回らず、もしも文枝が強く出たら口封じの為にも彼女を性奴隷にする気でいた。                                                                                    


sm  狂女

[PR] http://luv.kir.jp/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (1)
提供:nan-net

狂気の一夜が過ぎ、寝室のカーテンを引いた。強い日差しを感じ、壁の時計を見ると、すでに昼近くになっている。あれから少しだけ眠るつもりが熟睡してしまった。「まあ、いいか」すぐに瑠璃子が起き上がり、ベッドの上で正座をして三つ指を突き、「ご主人様、おはようございます」と頭を下げて挨拶した。「おはよう」程無く美由紀が、更に由香と江口母娘も起き上がり、やはり三つ指を突いて挨拶する。友恵と美沙は由香の挨拶を見倣ってぎこちない感じではある。他に加奈と友里恵がまだ眠っている。                                       ピンクのネグリジェ姿の友恵はベッドの上で正座をしたままぼんやりしていた。今更家に帰ろうとはせず、どうやらここで暮らすつ!
りの様だ。僕は、彼女の夫がどう出るかやや不安を懐きつつトイレへ向かった。                        別の寝室で眠っていた残りの女たちは皆すでに起きていて軽い化粧も済ませており、僕の姿を見るといつもの様にその場に正座をして三つ指を突き、「おはようございます、ご主人様」と頭を下げる。今日は土曜日なので誰も出勤、登校せず、のんびりした雰囲気だ。                                その日は特に予定を立てていなかったものの夏の開放感で外出したくなり、デパートで女たちの洋服やバッグなどを買ってやろうという気になって何人かを誘う事にした。佐智や京子などは生憎自分の子供がぐずっていて世話をしなくてはならなかったが、友恵!
を除く他は僕と出掛けたがった。尤も、大勢!
連れていてはやはり人目が気になるので今日も僕の気まぐれで二、三人に絞る事にし、真理子と美奈、それに芳美にした。外れた他の者たちはがっかりし、智子なんかは芳美に、「あなた、子供を看ていなくていいの?」などとやっかみ半分に訊きもした。「今は眠ってるから大丈夫」と芳美は僕の腕を取って嬉しそうに答えるのだった。                                                       この遊びが後に意外な展開を見せるとは、その時の僕を始め女たち全員思いもよらない事だった。市内のSデパートでワンピースやビキニ、バッグなど様々な物を選んで購入し、幾つかの買い物袋を提げて四人一緒にエレベーターの前で待っている時、「芳美・・・」と、!
横から誰かの声がした。見れば知らぬ年配の女で、すぐ傍に高校生くらいの大変な美貌の少女が立っていて僕は見惚れた。芳美は相手を見て驚き、目を逸らせて戸惑っている。「偶然ねえ・・・。今、何してる?」「ちょっと・・・・」女は僕にも目を向け、顔を顰めて見据えたので顔を背けた。                                         


sm  中村沙希の学園生活~開発されるカラダ~

[PR] http://haruonovels2.blog.fc2.com/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (0)
提供:nan-net

康弘は本格的に沙希の体を責めるようになった
Gスポットの開発、ポルチオ責め、器具責め、アナル拡張を行い、何度も失禁と気絶に追い込んだ
副担任に潮を吹かされ、担任に中に出され、性感マッサージでも気絶に追い込まれた
沙希のタンスにはブラジャー10枚に対してショーツが50枚入っており、おもらしさせられることもあった
そうしているうちに、グラビア写真集、ヌード写真集、アダルトビデオが撮影され、アナルの処女まで奪われた
もともと敏感体質だった沙希は、あられもない姿を見せてイッた
3ヶ月経つ頃には、校長先生にまで抱かれていた


sm  中村沙希の学園生活~2日目~

[PR] http://haruonovels2.blog.fc2.com/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (0)
提供:nan-net

翌朝、沙希は康弘のペニスを舐めさせられていた
制服姿で出したのも飲まされた
校舎では普通の授業が行われた
寮に戻ると、康弘と沙希は4LDKの部屋に呼ばれた
そこで、中村沙希が4組のミスにして、1学年の準ミスに選ばれたことを伝えられた
準ミスは、月20万円の報奨金が支給され、義務として月1回の教職員向けのヌード写真集、アダルトビデオと、生徒向けのグラビア写真集の撮影、1日1時間の全裸オイルエステと週1回のアカスリと性感マッサージを義務付けられた
部屋に戻り、康弘は沙希と二人がけの狭いソファーに座った
入浴後、沙希はシャワールームに呼ばれてオイルエステとアカスリを受けた
康弘は部屋に戻ると沙希を押し倒し4回のセックスを行った


sm  中村沙希の学園生活~寮内の造り~

[PR] http://haruonovels2.blog.fc2.com/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (0)
提供:nan-net

南鳳学園中等部の寮は、1組ずつ建物が分かれていた
校舎側から連絡通路が1本伸びて、途中で分岐してそれぞれの建物に通路が伸びていた
1階部分は繋がっていたが、2階から4階までは5メートルの間隔を開かせて、扇形に広がっていた
内部は、端が担任と副担任用の4LDKの住居、その隣から生徒用の6畳間で、通路の反対側にトイレ(小3、大3)と浴室2つとシャワールーム5つ、保健室1つ、洗濯室と懲罰室と多目的室があった

担任と副担任は本校を卒業した夫婦だった
シャワールームは洗体用の台とシャンプー、ボディーソープが置かれセックスなどで汚れた体を洗う為に置かれた
保健室はベッドが6個置かれ、看護師が1人常駐していた
洗濯室は洗濯乾燥機が2台置かれていた
懲罰室は鞭や拷問器具が用意され、生徒たちを牽制していた
多目的室は、何にでも使える12畳間の部屋だった

この建物は入口が施錠され、外に出ることは不可能だった
担任と副担任は自身の4LDKから非常口で上下階に移動できた
1階は、校長や教頭、学年主任、養護教諭、生徒指導の先生、警備員、用務員などの住居とジム、食堂などがあった


sm  狂女

[PR] http://haruonovels2.blog.fc2.com/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (2)
提供:nan-net

それから美沙に戻って続きに取り掛かる。「大変ですね」昭代が苦笑して言い、母さんも、「たくさん物にするからですよ」と可笑しがっている。それでも僕は大して苦にならず、再び美沙の陰毛の処理を始めるのだった。美沙はもう寛いでいる感じだ。                                  つるつるにし、タオルで秘丘全体を軽く掃って終えた。「良し。後で見せてやるな」そう言って母親の股間に移動した。「待たせたな、友恵」「いえ」剃り掛けの秘丘を皆の目に晒したまま、かつての上流婦人は穏やかな表情で僕に体を委ね続けている。撮影されているのも気にならないどころか、むしろそれが嬉しい印象でさえある。美沙共々、もう自宅に帰したくはなく、これからこの母娘をどうや!
て飼育して行こうかと胸に去来した。じょり、じょり、じょり、じょり・・・・・。                                「良し」「ありがとうございます」「後は一人か・・・」亜美の方を見て呟き、彼女の股間に移って伸びをした。さすがに五人は根気が要る。「大丈夫ですか?」と京子が心配気味に尋ねたので、「なあに、大した事無い」と答えて続きを始めた。この女はここでは暮らせないだろうな・・・と少し不満に思いながらも注意深く剃刀を動かして行く。                                   ようやく五人全員の剃毛を終え、剃った陰毛を紙ごとゴミ箱に捨てると皆を起き上がらせて自分の秘丘を見させた。加奈と智子以外の三人は照れて笑!
っている。「綺麗になっただろ?」「はい・!
・」美沙が答えた。「良かったわね」と京子が妹に言ったが、亜美は尚も照れている。友恵は、外見上先輩たちと同じになってもうすっかりこの家で囲われたくなり、このまま蒸発してもいいなどと僕に打ち明けた。それを聞いて芳美が、「あなたの気持ち、良くわかるわ。私もそうだったんだもの・・・」とかつての心情を吐露し、更に智子も、「私もよ」と加わった。「そう・・・・・」友恵は二人の先輩を感慨深く眺めた。「それで離婚になったんですか?」「ええ。だけど、だいぶ揉めたわ・・・」智子も頷いた。「・・・・・」「出来れば離婚してからここで暮らした方がいいと思うけど・・・」芳美は僕を遠慮がちの目で見た。僕は友恵の身の処し方についてはっきり言えずに黙っていた。友恵本人もどうしたら良いか!
わからない様子だ。
                                                                                             

« 前のページ次のページ »

官能小説セレクション©ナンネット All Rights Reserved.