官能小説セレクション 官能小説投稿サイト 官能小説セレクション スマートフォンページへ


掲載作品について

サイト内の文章等の無断転載は禁止しております。
作品の転載、掲載、取材等をご希望の場合は必ずご一報ください。

sm  狂女

[PR] http://luv.kir.jp/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (1)
提供:nan-net

文枝と怜を壁際に立たせた。二人は、巨大な鏡や三台のビデオカメラ、窓の無いコンクリート壁など異様な雰囲気の室内に不安を隠さず、落ち着かない。「何なのよお、ここは・・・・・」勝気な文枝もやはり女だけあって身の危険を感じていた。僕は先ず芳美を母娘の目の前で全裸にさせる事にした。まるでこれから風呂に入るかの様に全くためらわずに服やスカートを脱ぎ捨てて行く芳美に文枝と怜は嫌な顔をし、目を逸らせている。最後に青いパンティを脱ぐと、芳美に首輪を嵌めた。「四つん這いになりな」「はい、ご主人様」芳美は姉と姪に見せ付ける様に堂々と犬の格好をした。「芳美・・・・・・・」文枝はあまりの事に嘆きの表情になっていた。怜は呆然と叔母を見ている。僕は芳美の頭や背中を撫でながら、「す!
かり飼い馴らされとるだろ?こいつも最初はひどく抵抗したさ。だけど、すぐにおとなしくなってな」と自慢そうに言った。文枝は耐えられないとばかりに顔を背け、目を閉じて口を硬く結んでいる。「女なんてそんなもんだ」芳美の尻を愛撫した。「ああ・・・」「最低」怜が顔を背けて吐き捨てた。「ふん、お前だってそうなるさ」怜は僕を鋭く睨み付けた。それに怯む事無く彼女の短いスカートをめくり上げた。「嫌っ!」「白か」スカートを掴んだままパンティや長い脚線美を楽しんだ。「止めてよお・・・見ないで・・・・・」「気違いっ:!止めなさいっ!」文枝に又罵られ、むっとして彼女の長めのスカートもめくる。「うっ」キャミソールを透かして白いパンティが見える。「馬鹿っ!変態っ!」両手で母娘のスカ!
ートをめくったまま文枝の顔に唾を吹き掛け!
。文枝は顔を歪め、背けた。「おとなしくしとれ。お前たちはもう俺の蜘蛛の巣に掛かっとるんだ」「・・・」「・・・」改めて母娘の下半身を見比べた。母親の方が肉付きが良いが、特に太くはない上にやはり長い方で、怜は親の良い所を受け継いだと言える。僕が二人の下半身を楽しんでいる間、芳美は這ったまま黙って姉たちを眺めていた。何れこうなると予想していたので今更驚きはせず、微笑さえ浮かべている。                                        今すぐにでも母娘を犯したい反面、芳美の性ペットぶりを見せ付けてやりたい気持ちもあり、僕は先ず芳美を部屋の中で這わせた。芳美も姉と姪に見られている事を意識して、乳房を揺らしながら、「ご主人様あ・・・」!
「芳美、幸せです」「大好きなあなた」と過剰なまでに甘えて這い続け、時々姉たちの方を見るのだった。文枝と怜はその異常さにいつしか僕たちを見ていられなくなり、顔を背けている。「ご主人様、おちんちん下さい」「止めてえっ!もう嫌あああっ!」突然、文枝が叫んで背を向けた。「嫌よおおっ!」「本当はお前もこうされたいんだろ?」すると文枝は再び体を向け、「お前なんか死刑になれっ!」と鬼の形相で僕を激しく罵倒した。その言葉に思わず文枝の頬を二度、力一杯平手打ちした。そして興奮に震える手でファスナーを下ろして肉棒を掴み出し、文枝のパンティを荒々しく脱がすや、いきり立っている肉棒をまんこに突っ込んだ。「あああああっ!」耳をつんざくような叫び声を聞きながら夢中で律動を始めた!
「嫌!嫌!嫌あああっ!」生意気な女を犯せて思わ!
ず笑い、尚も荒々しく律動を続けた。この母の強姦で怜は慄き、部屋の端に逃げ込んで青ざめて立っている。芳美は、姉が強姦されている光景を見て四つん這いのまま硬直している感じだ。「いいまんこじゃねえか」「・・・・・」手錠を掛けられ、巨棒に圧倒されて自由が全く無い文枝を嘲笑いながら上着のボタンを外して行った。                                       キャミソールを破り、ブラジャーを外して乳房を露わにした。想像以上に大きく、形も立派で、両手で揉み始めた。「んんんんんんん・・・・・・」文枝は時々鋭い目で僕を見据えて抵抗の意志を表している。こっちもむしろそれが面白く、とことんやってやる気になっていた。               !
               冷房を掛けていない室内では夜にも拘らず蒸し暑く、文枝の肌は汗ばみ、赤みが差していた。僕は一度文枝の中で射精した後も肉棒を外さず二度目の比較的余裕のあるセックスをしていた。さすがの彼女も疲れを見せ、目には生気が無くなっていた。「気持ちいいか?」と意地悪く訊いても顔を背けて反抗の態度を示す。「強情な女だ」苦笑して「の」の字を描くように腰を動かした。「うううううう・・・・・」芳美を立たせて右腕に抱き、濃厚なキスをした。初めはそれを見ない様にしていた文枝もいつしか僕たちのキスに目をやり、羨ましそうな表情をしていた。「芳美」「あなた・・・」性奴隷でありながらその境遇に満足し、幸福そうな妹に文枝もようやく心が傾いて来たのだろう。芳!
も姉を見て、「私、こうなって幸せなの。ご主人様!
赤ちゃんも産めたし」と呟いた。その言葉を聞いて文枝は驚いた。「お前も産みたいか?」僕はにやにやして言い、思い切り肉棒を突き上げた。「うっ!」そして恐ろしそうに僕をまじまじと見た。この歳で妊娠?しかもこんな最低の男の子供を・・・そんな気持ちになったのだろう、文枝は再び抵抗を始めた。だが性器が巨棒によって串刺しにされていてとても逃げられず、虚しく逆らうばかりだった。                                         文枝と繫がったまま部屋の真ん中あたりまで移動した。「もう許して・・・お願い・・・」「俺の女になるか?」返事が無いので指を文枝の尻の穴に少し入れた。「痛いいいいい!」その時、「もう、お母さんを許してあげてっ!」と!
う怜の悲痛な叫びが聞こえた。「こいつを幸せにしてやりたいんだ」文枝の頭を撫でながら怜に言った。「あんたは気違いよっ!馬鹿っ!変態っ!」「気違い上等、変態上等」不敵に笑いながら言い返した。「叔母さん、悔しくないの?腹が立たないの?」姪に言われても芳美は、「怜ちゃん、ごめんなさい。私はご主人様に逆らえないの・・・」と弱々しく答えるしかない。「どうなっちゃったのよお・・・・・」「あなたもその内にわかるわ。私の娘の沙織も初めは抵抗してたけど、今じゃ・・・・・」「嫌・・・私は嫌よ・・・絶対・・・・・」怜は声を震わせて後ずさりした。「ふふ」母娘揃って嬲り甲斐がある、と僕は愉快に思って文枝への律動を続けた。「んんんんん・・・」「我慢しなくてもいいんだぜ」それに反発!
して声を押し殺す。「やれやれ。いつまで続く事や!
」文枝は意地でも感じてやるもんか、とばかりに口を硬く閉じている。しかし、それが長く続かないのは今までの女たちとの経験でわかっていたから僕は気長に待っていた。                                「あん・・・」ようやく文枝の口から甘い声が洩れた。ほくそ笑み、勢い良く律動を始めた。「あん、あん、あん、あん・・・」「気持ちいいだろ?」僕に言われて再び声を押し殺した。「文枝ったら・・・」子供を相手にしているように言い、両手を乳房の下に入れて上下に揺らした。その重量感は見事だ。「んんんんん・・・・・」僕の巨棒と絶妙なテクニックによって文枝の体は意志に反して強く感じ、やがて又よがり声を放ち始めた。それを芳美が苦笑して見ている。わざと律動!
を止めると、文枝は我慢出来ずに腰をくねらせた。「して欲しいのか?」その途端、腰の動きを止めた。「素直になれよ」「・・・・」「ほら、見てみろ」文枝の顔を鏡の方に向けた。僕たち二人が向かい合って繫がっている全身がはっきり見え、文枝はすぐに顔を背けた。「お姉さん、ご主人様に可愛がって貰った方がいいわよ」「・・・」「亭主と別れてから寂しいんだろ?」悔しそうに唇を噛み締めた。                             暑さで喉が渇き、水を持って来るよう芳美に指示した。「わかりました」妹が居なくなって文枝は、「もう最後まで行かせて・・・」と哀願した。「あんたも結構好きなんだな」「・・・」怜は、母が目の前で強姦されたばかりか、その男によって気持ち良く!
せられた光景まで見てしまったショックで声も無か!
った。勿論、自分もいつ犯されるかわからず、頭が混乱しつつ尚も警戒している様子だ。その娘に文枝はもはやまともに顔を向けられず、これからどうなってしまうか不安で仕方無いだろう。                                                 「お待たせしました」芳美が、水のいっぱい入った大きなペットボトルを持って来て僕に手渡した。すかさずラッパ飲みを始めた。渇いた喉に冷水は非常に美味く、呆れる程大量に飲み続けた。「はあ、美味い・・・・。あんたも飲むか?」文枝は反抗的に顔を背けた。「ふん」ペットボトルを又芳美に渡し、ようやく本格的にセックスを始めた。                                      !
     長く焦らされたせいで文枝は堰を切ったようによがりまくった。「あん、あん、あん、あん、あん・・・いい!いい!ああ、いいい・・・あん、あん、あん、あん、あん、あん・・・・・」僕も驚き、夢中になった。娘が居るのも忘れ、この女は正常な感覚が飛んでしまったのか、それともセックスに溺れて酷い恥辱を紛らわそうとしているのか・・・・。とにかく実に面白く、母の乱れ様に怜も呆然としていた。                                                                    


sm  中村沙希の学園生活~女囚体験①身体検査と収監~

[PR] http://www.hime-r.com/rank/ranklink.cgi?id=mzone
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (0)
提供:nan-net

7月22日午後1時、学園は終業式を終えて生徒たちは寮に戻っていた

沙希は保健室に来るように言われており、保健室に向かうと目の前には警察の格好をした女の人が立っていた

「南鳳学園中等部1年4組中村沙希をこれより夏休み終了まで拘束する」
そう言うと、沙希は後ろ手に手錠をかけられた
有無を言わさず車に乗せられ、車は橋を渡って隣の島へと渡り、さらに別の島へと渡った
「降りなさい」
沙希は有刺鉄線のゲートをくぐって正面の大きな建物へと入った
検身室と書かれたドアの前で女は止まり、中に声をかけた
中に入れられると、正面と左右に長椅子があり、正面に3人、右左に2人ずつ人が座っていた
後ろには4名の刑務官が立っていた
沙希は後ろの刑務官に手錠を外された
「南鳳学園中等部1学年準ミスの中村沙希、これより身体検査を始める。服をすべて脱ぎなさい」
5秒後に後ろから鞭が飛んできた
「言ってることが分からないか?服を脱ぎなさい」
沙希はブラウスとスカートとキャミソール、靴下、ブラジャー、ショーツと脱いで全裸になった
「気をつけ」
沙希は慌てて気をつけをした
後ろから刑務官が近寄り、口の中や全身、耳の中などをチェックした
「この足型の上に足を乗せて、中腰になりなさい。」
沙希の顔が歪む
刑務官は後ろの穴に指を入れた
「アナルセックスまで経験済か…これはそうとうやりこんでるわね」
刑務官の指が膣に潜り込んだ
「コラコラ、検査なのよ。何を感じてるの?はしたない」
刑務官の指がクリトリスとGスポットに触れると、沙希はしゃがみ込んでしまった
沙希はすでに声を上げて泣いていた
「ま、いいわ。何も隠し持ってないことは分かったから」
「しかし、このはしたなさは罰が必要ね。あなたには懲罰房に行ってもらいましょう」
沙希は、首に首輪をつけられた
そして、全裸のまま後ろ手に手錠をされた
「この衣服はここを出るまで没収とします。あなたは全裸で過ごしてもらいます」
そう宣告されると、沙希は2階の懲罰房に連れて行かれた
懲罰房は、4畳ほどのスペースに5人の男がいた
「南鳳学園中等部の1学年の準ミス 中村沙希だ。可愛がってやんな」
刑務官はそう言うと、沙希の手錠を外し、中に放り込んで房の鍵を締めて出て行った


sm  狂女

[PR] http://luv.kir.jp/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (1)
提供:nan-net

ドアがノックされ、ピンクのシースルー姿の瑠璃子が室内に入って来て冷たい紅茶入りのグラスを母娘の前に置いた。二人は瑠璃子のセクシーな格好を見て嫌な顔をし、彼女が部屋から出て行くと文枝が、「何あれ?」と非難する口調で言った。「僕の趣味なんですよ」「・・・・・あんた、名古屋でも若い子が二人いたけど、どういう関係?」「彼女ですが」母娘は唖然とした。「変ですか?」「芳美、どうなってるの?」「別に」芳美は平然と笑っている。そんな妹を文枝は疑惑の目で眺め、怜は、「もう帰ろう。やっぱりおかしいよ」と母を促す。二人は立ち上がった。「ちょっと待って下さい」僕は後ろの棚から、前もって用意しておいた一冊のアルバムを取り出して開き、「ほら、見て!」と、出て行こうとする文枝たち!
向かってそのアルバムを堂々と向けた。母娘はつい振り向き、アルバムの中の写真を見てすぐに文枝の顔が驚きに変わった。そこには、強姦されている芳美のあられもない姿が色々写されている。「何、これ・・・・・・・」「全部芳美さ」文枝の顔が青くなり、口を開けたまま妹にも目を向けた。芳美は恥ずかしそうにしている。「お母さん・・・・・」と、怜が不安に顔を歪めて一緒に出ようとしたが、文枝は、「どういう事よ・・・・」と気丈に振る舞った。「だから俺が強姦したのさ」文枝は妹を見て呆然としている。真実を悟ったに違いない。「つまり、芳美も俺の性奴隷って事」「何という・・・!」両拳を前で震わせ、凄い形相で僕を見ている文枝に対して、「もっと見せてやろうか?」と笑いながら言った。その時!
、文枝が僕に襲い掛かろうとしたので咄嗟に!
ルバムを床に捨てて文枝の腕を力一杯掴んだ。と同時に芳美が横から両腕で姉の体を押さえ、更に昭代や母さんが加勢した。                                       争いはすぐに決着が付いた。文枝と怜は後ろ手に手錠を掛けられ、僕の指示で調教室へ連れて行かれた。芳美ぐるみの罠だったと二人が気付いた時はもう手遅れだ。文枝は僕を口汚く罵ったり、妹の目を覚まさせようと無駄な説得を続けたりし、怜もヒステリックに叫び続けた。しかし、それが僕の加虐心と興奮を一層高め、ペニスは隆々と上向いているのだった。室内には他に芳美だけを入れ、姉と姪が喚きながら犯され、性調教されるところを見させる事にした。                        !
                                                                    


sm  狂女

[PR] http://www.adultangel.com/search/in.php?id=mzone
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (2)
提供:nan-net

昨日、亜美を支配下に置いたばかりなのにもう新たに母と娘を毒牙に掛ける・・・・・その余りの勢いに、奴隷たちの中には声が出ない者もいる。彼女らはハーレムがどんどん拡大する事を不安に思うかもしれない。又、その内に僕が警察に捕まるかもしれないと危惧する者も中にはいるだろう。ハーレムの崩壊・・・・・それは最も嫌だが、僕の欲望はもはや抑えられなかった。思えば、比較的短期間に良くもまあここまで女たちを集めたもんだ、と自分でも感心するやら呆れるやら・・・。最初の加奈だけで止めておけば良かったのに、その旧友の智子と芳美を手に掛けてからは勢い付いてしまった。世間には魅力的な女がたくさんいるから僕の欲望も止まらない訳だ。                          !
                      夕食を終え、シースルー姿の奴隷たちと居間でテレビを見ていた。外見上は寛いでいても胸は高鳴り、今か今かと待ち望んでいた。奴隷たちも全員、今夜の僕の計画を知らされており、もうすぐ始まる凌辱ショーの事で奴隷同士囁き合っている。当然計画は立てていたがその通りに進むとは限らず、修羅場になるかもしれない。とにかくあの生意気な母娘を早く素っ裸にして巨棒をぶち込みたいものだ。                                            「まだ来ないんですね・・・?」母さんが僕の手を取って言った。「ああ」「本当に連れて来るのかしら?まさか裏切ったりしないでしょうね?」「そんな事は無い」そこへ由香が僕!
の前まで来て跪き、「私たちだけじゃ不服な!
ですか?」と微笑して僕の脚を優しく擦った。「・・・」「友恵さんたちを紹介したのに・・・」由香は尚も笑みを浮かべながら小悪魔的な妖しい目で見詰めており、僕は淡い緑色のシースルーから透けて見える豊満な乳房に思わず手を伸ばした。「うふん・・・」その時、玄関の方から女たちの声が聞こえ、反射的に僕は立ち上がってそちらへ向かった。芳美の他に、訝しい表情の文枝と怜の二人が靴を履いたまま立っている。「やあ」「遅くなって申し訳ありませんでした・・・」芳美が僕に向かって深々と頭を下げたので母娘は唖然とした。「あんたたちも上がれよ」「・・・」「・・・」「さあ、上がって」文枝は険しい顔のまま靴を脱ぎ、怜も続いた。                               !
   いきなり強姦するのは控え、母娘を応接間に通した。文枝は入るなり、「芳美とは別れないの?」と手厳しく問い詰めた。「どうして?僕たち、愛し合ってるんですよ」とぼけた様に答え、「なあ、芳美」と、片腕をその体に回した。芳美は姉との板挟みで困惑している。「どうせ、親のお金で贅沢してるんでしょ」金持ちの不良息子と思われてつい笑うと、「何が可笑しいの!」と文枝の怒りを買った。「もう・・・」うるさい女だな・・・とばかりに顔を顰めて椅子の所まで行き、「とにかく座って」と横柄な態度で勧めた。「お姉さん」「・・・・・」文枝と怜は不愉快なまま隣り合ってそれぞれの椅子に掛けた。                                        


sm  狂女

[PR] http://haruonovels2.blog.fc2.com/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (1)
提供:nan-net

帰りの車中、芳美は浮かぬ顔でいた。自分の境遇を姉に誤解させ、怒らせたたまま別れたのが苦になるばかりか、姉と姪が何れ性奴隷にされるのが不憫らしい。「なんだかんだ言っても、やっぱり姉妹だな」僕はハンドルを握りながら苦笑した。後部座席の美奈も、「奴隷にされる方が幸せなんじゃないの?ねえ、真理子さん」と明るく言う。「そうね」「とにかく、あの二人も奴隷にしないとな。鼻をへし折ってやる」「・・・」                            時間と共に、文枝・怜母娘に手を出さずに別れたのが惜しくなり、出来れば今夜その二人を閉じ込めて調教したくなっていた。そこで、家に着いてから芳美に、上手い理由を言って姉さんを誘い出してくれるように頼んだ。芳美は、「ええ!
・・・?」と困惑して答えずにいるので、「久し振りに会ったんだからいいだろ?仲直りしたいとか何とか言って」と押した。「・・・・・」「奴隷に引き摺り込むのが嫌なのか?」「まあ、それは・・・・・」芳美の顔をじっと見据えた。「もしかして嫉妬しとるのか?」芳美は顔を背けた。僕は思わず苦笑し、「お前も可愛がってやるよ」と芳美を抱き締めた。彼女は少し抵抗したものの、すぐにおとなしくなった。同情が全く無いと言えば嘘になるだろうが、芳美の場合は姉への反発や対抗心の方が勝っていると思われた。                                                          仲直りをする為にもう一度会って話をしたいと夕方近くになって妹から電!
話をもらい、文枝は今更と思いながらも、「!
のままじゃすっきりしない」「姉妹じゃないの」「男とは考え直してみる」などと言われて心が傾き、怜ちゃんも一緒にという誘いにも不信感を懐く事無く応じるようになった。芳美が自ら運転して、姉の住むS市内のマンションまで迎えに行き、相応しいレストランで三人一緒に食事をするという内容で話が纏まった。その後は勿論母娘を僕の邸宅へ案内させるという寸法だ。電話を切ってから芳美は、ソファに掛けて奴隷たちのアルバム写真を見ている僕の所へ来た。「いよいよだな」「はい・・・」芳美は緊張気味だ。                                                -                                            !
                                                                            


sm  狂女

[PR] http://www.adultangel.com/search/in.php?id=mzone
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (1)
提供:nan-net

娘には聞かれて欲しくない話なのだろう、怜が近くに立って噴水を眺めている。姉妹の間はどうも気まずい様子で、僕は我慢出来なくなってそちらへ行った。すぐに文枝が非難の目と蔑みの笑みで僕をまじまじと見たのでそれに反発して芳美の左隣に腰を下ろした。「あんた、芳美とずっと同棲してるそうね」「ああ」文枝は黙っていた。「それが何か?」「非常識ねえ」「・・・」腹立たしいまま文枝を見ずにいた。「別れる気は無いの?」「全然」文枝の一層厳しい視線を感じた。芳美は僕と姉に挟まれて困惑している感じで、何も言えずにいる。                                        どうやら文枝は、妹の芳美が僕に強姦され、性奴隷として囲われるようになった事を知らな!
様子で、それだけでもほっとした。芳美が夫と娘を捨てて僕という若い男と同棲し、結局離婚して娘と共に今も僕と暮らしているのが許せないという事なのだろう。それは確かに背徳だが、芳美と沙織が今の生活に満足していれば文枝としても手を出せない訳だ。僕の不利になる真実を明らかにしない芳美を改めて可愛く感じた。                                                                          文枝は芳美と溝が十分に埋まらないまま立ち上がり、怜と共に公園から立ち去って行った。「やっちゃえば良かったのに」美奈が笑って言うが、そんな状況ではない。ただ、やはり姉妹だけあって、三年ぶりかで会った事でお互いに携帯電!
話の連絡先だけはメモを取っていたそうだ。!
れさえあれば後はどうにかなる。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          !
                                                                   

次のページ »

官能小説セレクション©ナンネット All Rights Reserved.