官能小説セレクション 官能小説投稿サイト 官能小説セレクション スマートフォンページへ


掲載作品について

サイト内の文章等の無断転載は禁止しております。
作品の転載、掲載、取材等をご希望の場合は必ずご一報ください。

wom    家庭教師 洋子 38歳 その4

[PR] http://haruonovels2.blog.fc2.com/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (1)
提供:nan-net

洋子は、愛し愛される真のパートナーを見つけた。
数か月前まで、自分はこの広い世界で独りぼっちだと思っていた。
だが、それは違った。
こんな私にも、心を通わせる事の出来る相手がいたのだ。
彼女は満ち足りた。

しかし、現実は厳しい。
今、この二人の置かれている状況から、最善の答えを導き出さねばならない。

今日はもう、時間が残り少ない。
また他の日で仕切り直しは出来る。
しかし、今日のこの身体の火照りを鎮める手立ては今しか無い。
彼女は急速に冷静になって行った。

「貴弘さん、いい?よく聞いて!」

「あっ、 はい」

彼女は彼に言った。
今日これから、一つになるよ、と。

先ず、彼女は自分のスカートを捲り上げ、サッとショーツを脱ぎ捨てた。
そして、椅子に座っている彼のズボンを膝まで下ろし、半立ちのペニスをパクっと咥えてしまった。
彼女は、ジュポジュポと口を使ってフェラチオをする。
すると、あっという間に彼のペニスが、完全に勃起した。

彼女は自分の唾をおまんこに擦り付けて、彼の腰の上に跨った。

「貴弘さん、 入れるよ」

とだけ言って、彼女は自分の腰に体重を掛けた。

「ぐじゅるっ! ずりゅ」

鈍い感触と共に、洋子のおまんこに貴弘のペニスが全てはまった。

「はあぁ、ううぅっ!」

と彼女が叫んで、軽く達してしまった。
彼のペニスが彼女の子宮を押し上げたからだ。
彼女は両手を彼の肩に置いて、気の遠くなる自分と闘っていた。

「先、せいっ?   だい、丈夫?」

彼も快感に耐えながら、彼女を気遣った。

「だぃ、丈夫、  よっ」

彼女も耐えた。
愛する人の声に応えて。
そして

「うごっ、 っくね」

と言って、腰を上下させて行く。
部屋中に、ぐちゅっ、ぐちょっ、ぐちゅっ、ぐちょっといういやらしい音が響く。

「んんっ、 んぁっ!」

これには、彼が堪らなかった。
生まれて初めて、生の女性の膣内を蹂躙しているのだ。
しかもそれは、愛する人であった。

「先生! もう駄目!」

彼女は朦朧とする意識の中で言った。

「ようこって・・・よん、で」

「ようこ!!    いきま、す」

彼は、ペニスから己の全ての生殖用体液を、彼女の子宮に押し込むように流し込んだ。

「ぶびゅるぶっ!」

彼の下半身には最早、感覚が無かった。

「びゅぶっ ぶりゅる びゅるっ」

子宮に受ける精液の圧力で、彼女は完全に達した。

「ぶびゅっ びゅるるっ びゅっ」

彼はペニスからの、強烈な痛みの様な感覚に襲われた。

「ぶるりゅ ずぴゅっ」

終わりの見えない快感と脳の麻痺に、二人は完璧な一つとなった。

           つづく


wom   家庭教師 洋子 38歳 その2

[PR] http://haruonovels2.blog.fc2.com/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (0)
提供:nan-net

洋子は、貴弘のペニスから離れた。

「ぐぽぉっ!」

いやらしい音が洋子の狭い蜜壺から響いた。
彼女は彼のペニスから、シュルっと紐を解くとペロペロと亀頭を舐め始める。

「苦しかったでしょう、 ゴメンねっ、 チュッ!」

と亀頭に優しくキスをした。
そして、椅子に座った彼のペニスに、ファサっとハンカチを掛けて、自分のTバックショーツを履いて彼にチュッとキスをした。

「テスト、 期待しているわよ」

そう洋子は、彼に言い残して帰って行った。
彼は暫くそのままの格好でぐったりとしていた。

彼女の家庭教師の日程は毎週、月水金の3日であった。
貴弘も遊びたい盛りであろうが、いつも決まってその時間には居てくれる。

洋子は美人であった。
スタイルも良い。
程良い大きさのバストは形も良く、張りもあって美しい。
ウエストもくびれ、ヒップもバランスの良い大きさで、いわゆるナイスバディである。
顔は女優の長〇まさみにそっくりで、むしろ細面の分、彼女の方が上かもしれない。

そんな彼女がいまだ独身であった。
理想が高すぎたのかもしれない。
だが、彼女はやっと見つけたのだ。
自分と言うメスを種付けして孕ませてくれるオスを。
彼女は、このチャンスを絶対に逃したくはなかった。

だから彼女は今、エステに通っている。
自分の身体を常に磨いて置いて、愛しい彼に気に入って貰える様に。
彼女にしては稀な乙女心であった。

そして今日は、先日のテスト結果が出る日である。
洋子は意識的に短くしたスカートのグレースーツで、彼の家に行った。
すると、貴弘と彼の母の由貴が笑顔で迎えてくれた。
彼の成績が、グンと上がったと云う。
彼女も喜んだ。
しかし、彼女の喜びは別のところにある。

やっと、愛しい人の種を受け入れる事が出来るのであった。
彼女の心と子宮は震えた。
その大きな喜びにである。

「貴弘さん、 やったね! 先生も嬉しいわ」

と満面の笑みで彼女は彼に言った。
貴弘も嬉しかった。
なによりも洋子に褒められたことが。
彼女に褒められて貰えるなら、幾らでも頑張れると思った。

「先生、僕、次も頑張ります。一生懸命勉強します」

その言葉を聞いた洋子は、胸が少女のようにキュンっとなった。

「あぁ、私はこの子を本当に愛している」
「この子の遺伝子を心から欲している」

と実感した。
後はただ、自らの心に素直に反応して、オスとメスになって子作りの交尾をするだけでよい。
彼女の心は決まった。
何もかも自然に実行するのみである。

「貴弘さん、 私との約束、 覚えてる?」

貴弘「はっ、はい」

「成績が上がったら貴方にして欲しいこと、 あったわよね」

貴弘「はい、 覚えています」

「それって、 どんなこと?」

貴弘「先生と・・・」

「わたしと?」

貴弘「先生と・・・エッチ」

「エッチ、 してくれるの?」

貴弘「はい」

「それから?」

貴弘「それから?」

「そう、 それからどうしたいの?」

貴弘「それから、 それからどうしたい?」

「私にしたいこと、 あったわよね?」

貴弘「先生にしたい、・・・ しゃせい」

「射精? 私に射精したいの?」

貴弘「は、 い」

とうとう言ってくれた。
愛しい人が、私に種付けしたいと。
洋子は嬉しかった。
胸が張り裂けそうだった。
彼女は彼に、チュッと優しくキスをしてこう言った。

「貴弘さん、 ありがとう」
「私もそうして欲しかったの」

洋子の愛の告白である。
彼女はもう、引き返す事はなかった。

          つづく


wom  家庭教師 洋子 38歳 その1

[PR] http://haruonovels2.blog.fc2.com/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (0)
提供:nan-net

「貴弘君、おまたせ」

彼女は彼の部屋に入るなりそう言った。
彼女の名は、木村洋子。
38歳、独身であった。
彼女は区役所の職員である。
大学を卒業して直ぐに、役所へ就職した。

彼女は独身である。
交際した男性も過去には複数いたが、その性格が災いしてか、いずれも結婚には至らず未だにお一人様だ。
大学時代は遊びまくっていたが、今は彼氏も居ない寂しい時を過ごしている。
親とは同居で未だに顔を会わせれば結婚の事ばかり。
いい加減、うんざりしていた。

しかし、切実な事情もある。
子供の事であった。
彼女の家は一人っ子である。
当然後継ぎが必要だ。
しかし、彼女には相手が居ない。
過去、見合いを数多くこなして来たが、生来の面食いで纏まった試しがない。

彼女は焦っていた。
あと数年で自分も高齢出産の領域に入る。
それだけは、避けたかった。
しかし、イケメンの子供が良い。
そんな贅沢な悩みを一気に吹き飛ばす出来事があった。
それは旧友の朋美からの電話だった。

「洋子、ひさしぶり~」
「なに、朋美? どうしたの?いきなり」
「あのさ、ホントいきなりなんだけど、洋子教員目指してたよね?」

洋子は、教員免許を持っていた。
ただ、もっとお気楽そうな役所の仕事に目が行って、結局教師にはならなかった。
そのことを、朋美は覚えていたのである。

「自分の知り合いの子で、高校受験を控えてる子が居てね」

と、朋美が言ってきた。
洋子は過去に色々と世話になった彼女の誘いを無下には出来ず、渋々その誘いを受けた。
そんな経緯で今、彼女は男の子の部屋に居るのだ。
しかし、今や、彼女の目的は彼女自身の欲望にあった。
目の前の田中貴弘である。

貴弘は勉強が苦手であった。
だがしかし、最近メキメキと成績を上げている。
それは、洋子が家庭教師に来てからであった。

「洋子先生、今日もお疲れのところご苦労様です」

と言って挨拶したのは朋美のスポーツジム友達で、貴弘の母の由貴であった。
由貴は彼女らの五つ年上で、専業主婦である。
そして、洋子が来る時間帯は夜のスポーツジムに通うタイミングであった。

これが洋子にとって幸いした。
家庭教師の時間は貴弘と二人っきりになるのだ。
そして何より、貴弘はアイドルの様な可愛い顔をしていた。
洋子は既に貴弘を愛していた。
穢れの無い少年を、心の底からである。

もう由貴は出掛けている。
これから、彼女のいやらしい個人授業が始まるのだ。

「貴弘さん、じゃあいくわよ」

彼女はそう言って彼のズボンのジッパーを下ろしてゆく。
そしてまだ、皮の被ったペニスを、パクっと咥えたのである。
洋子のいやらしく蠢く口の中で、彼のペニスはむくむくと大きく成って行く。
洋子は睾丸を弄りながら、舌先で尿道口をチロチロと舐め上げる。
そして、イイ感じに膨れ上がった彼のペニスを確認して、紐でペニスの基の部分をきつく縛りあげた。

彼女は立ち上がって貴弘の口の中に舌を入れて、自分の唾液を彼の中に注ぎ込む。
そして、チュッと軽くキスをしてペニスの亀頭を自らのおまんこに宛がった。

「入れるわよ」

と洋子が言うと

「はっ、はい!」

と、貴弘が応えた。

「ずぶりゅっ  ずりゅ」

という感触と共に彼のペニスが洋子のおまんこに嵌った。
しかしただ、亀頭が埋まっただけである。

「貴弘さん、 先生のおまんこはどう?」

と、彼に聞くと

「はいっ、 凄く気持ちいいです」

と応えた。
その言葉を聞いた洋子は、ぐちょぐちゃと腰を動かしてゆく。

「はぁうっ!  んんぁっ、」

洋子は叫ぶほど気持ち良かった。
愛する人の硬い生のペニスで膣を擦られる感触が堪らなく幸せであった。
しかし彼女は心を鬼にして彼に言った。

「今度の、テ、ストで成績が上がったら」
「あっ、上がったら?」
「紐をはっ、ずして、私のおまんっ、 この中に、 精液を出してもいいよ」

貴弘はびっくりした。
何と、先生のおまんこに射精してもいいと云うのだ。
こんな綺麗でスタイルの良い女の人の中に。

彼の驚いた顔を見ながら洋子は、ぐちょぐちゅとおまんこで彼を味わっていたが、突然、動きを止めて云った。

「貴方ぁ、の赤ちゃんを産ん、 であげる」

貴弘の頭は混乱した。

           つづく


wom  堕落コスプレ妻

[PR] http://haruonovels2.blog.fc2.com/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (0)
提供:nan-net

私がコスプレにハマった切っ掛けは、ある日ショッピングからの帰りに自宅の近所で止まった夫の車を見た事からでした。遠くから(あれ?家の車と同じ色)近付くと雑木林の間から車がハッキリと見えてきました(家と同じ車種の車だわ)車のナンバーが見えるとやはり夫の車で、私は(夫が)真っ直ぐ帰らないでこんな所で車を止めて何をしているのかしら?と車に近付きます。

何の疑問も持たずにあわよくば車に乗せて貰おうと車に近付きますが車の中には人影が見えません。私は夫には何か理由があって車を止めているだけなのか?と思っていました。決して車の中を覗く気はなかったんですけど……結果は自ずとお分かりでしょうか?車の中ではシートを倒した上には抱き合った男女の影が……あっ……してる……私は本当に覗く気はなかったんです。携帯の様に見て見ぬ振りをした方が幸せな事もあると思っていましたが、そんな私を誘うかの様に車がギシギシと揺れ車内から女の甘い甘えた声が聞こえてきます。

私は夫の浮気現場を見ているのに見ない振りをした。自宅で「お帰りなさい」ですが夫は「友人を送って行くんだ」と再び出ていきます「…はっ…あっ…あ…ん…んふ……」見なくても絡み合う二人のシルエットが私の頭の中ではハッキリと映像化されグルグルと回っています「何時帰って来る……」既に夫の姿はなく私はショックでした。

もうどう言ったら伝わるかわかりませんが私の中で音を立てて崩れ落ちた。何もなくても夫に「直ぐに帰る」と言われても一本の毛が落ちていただけで私の脳裏にはあの女の甘い声が私の頭の中で纏割り付いた。

何とも言えない寂しさ、私の頭では埋めきれないポッカリと空いた私の心の穴、頭が真っ白になった。結局は…直ぐに股を開くヤリマン女に……取られて……私には迷ったり考えたり悩んだりする余裕はなかった。現状を変えなければ、ただダラダラと生活を送っていては変われないと私は一歩を踏み出したから今のわたしがいます。

とは言え…人妻の主婦がいきなりヤリマン女になれる訳がありません。私は顔バレしないネットの世界に入り浸りさ迷います。

はじめましてミユキと申します……漫画好きな方と話が合えばいいな……楽しい時間を一緒に楽しみたいです……可愛がってくれる方……大大大募集です。するとこんな私にいっぱいの書き込みを頂きました。

そんな中の一人の男性と仲良くなって顔を見せてと言われます。私はウィッグを付け大きなマスクをすれば顔バレしないかと思い男性に顔を見せます。私は男性からマスクを取れと言われるかと思っていたのですが優しい男性の方でマスクで顔を隠していても何も言わない方でした……ですが次の瞬間、男性は白衣を持っていますか?と聞いてきました。私は「すみません!!持っていません」と返すと男性は「白いロングシャツで良いんですよ」と言います「すみません次回までに探してみます」勿論、私は次回なんてあるとも思っていなかった。その場しのぎの流れで取り繕ったに過ぎなかった。

ですが私は男性に「白いシャツに白いスカートならあるかも?」と言ってしまった。シャツとスカートを着けた私が男性と何をしていたのかはおわかりでしょうか?「お医者さんごっこ」です。女医と患者さん、昼ドラの様な妄想の世界です。

妄想で興奮した男性は「次はチャイナドレスで」とリクエストしてきました。当然、私は「すみません…コスプレは一着も持っていないので…興味はあるんですけど…これから学んでいきたいと思っています」と男性を怒らせないように「いつかは……」と話を濁します。ですが男性は「じゃあ…次は簡単に学園物にしましょう…セーラー服で…無ければなんちゃってセーラーで良いんですよ」と言います。

男性に押しきられる様に私は「はい、セーラー服なら…」と男性に応えていました。実は、興奮していたのは男性ばかりじゃありません。初めての体験に私は緊張とドキドキと心臓が飛び出しそうなぐらい口の中が乾きペロペロと自身の唇を舐めていました。こんなに口が乾くのに私の下の口は……押し入れの奥からセーラー服を引っ張り出して……当然、学生の時に着ていたセーラー服は、大人になった私の体には……セーラー服はピチピチで体のラインに張り付いた。

勿論、先生と生徒で話題の「昼顔」の様に……私は上戸彩?ムフフフ……ない、ない、ですが妄想を膨らますにはイメージとして重ね合わせ大胆になりきるのが簡単です。そう、私は私じゃない……別人のミユキ、お互い何処の誰かもわからない作り上げた架空の世界なんです。

「私の方こそいっぱい遊んで貰って楽しかったです……気持ち良くて大量に噴いちゃいました……」勿論、大盛りのリップサービスでした。後にこんな事になるとは想像だにもしていなかったから……

それはある日の事、私が自宅の郵便受けを覗くと中に女の子が出す様なピンク色の封筒が入っていました。封筒の中にはメッセージカードが入っていてカードを開くと「み~つけた美由起」と書かれていたんです。私はカードを小さく切り刻んでごみ箱に捨てました。ネットの中だけ……現実には男性と会う事は……私は踏み出せなかったんです。

ですが私がメッセージを受け取った事を見ていたかの様に私のスマホが鳴りました。私が知らない未登録の番号です。「誰?」「持っていたんだろ?」「間違いでは?誰ですか?」「美由起だろ?」「違います!名前の漢字が違います」「嘘だね、ちゃんと卒業アルバムで確認したんだから……」私は男性の事は何も知らないのに、男性は写真から私の身元がバレています。

私は男性に会うしかなかった。いえ、男性と会うのは私じゃなく別人のミユキです。男性からしても美由起でもミユキだとしてもどっちでも構わなかったんです。そう言う私だって字が違うと言われたのは役所の書類に名前を書く時だけだったでしょうか?所詮は凸と凹、入れたい男と埋められたい女、個々になれば各々諸事情があるんです。

私は最寄り駅のトイレの個室に入るとまだ私の見知らぬ男性のリクエストに応えて着替えていました。薄化粧から少し派手な化粧に変えウィッグを付ければミユキの完成です。もう別人、私の存在は薄れ消えていきます。電車の発車のベルが鳴り車両のドアが閉まるとガタッゴトッっと車窓に風景が流れていきます。電車に揺られながら…もう私は戻れない……


wom  実話、がまんできない❗

[PR] http://haruonovels2.blog.fc2.com/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (1)
提供:nan-net

パンティの中で、ナオの愛液は白い糸をひいている。
ラブホテルへ向かうタクシーの中で、男の手で太ももを撫でられ、肛門がピクピクと疼いている。

少し前、ナオはネットで知り合った男と食事の後にカラオケへ向かった。
‘なんか・・・いい感じの男 確かめてみよう~❗’
カラオケを一曲歌い、ナオは我慢できずに男に吸い付くように身体を寄せた。
歌い始めた男にしなだれながら、男の股間をいきなり撫で始めた。
‘お願い❗絶対デカチンでありますように❗’
ナオに股間を揉み撫でられながら、男は平然と歌っている。
‘あれ~⁉ブヨブヨ・・フニャか~こんなに長いのに・・・’
ナオはちょっぴり落胆しながら、睾丸を悔し紛れに鷲掴みにした。
‘あっ えっ❗’
その瞬間、男の陰径が勃起し、みるみる間にデカチンとなった。
『したいの・・・』
『何が』
『おマンコ・・』
ナオは、亀頭の膨らみを握りながら囁いた。


wom  操り年上妻

[PR] http://luv.kir.jp/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (1)
提供:nan-net

年下の夫が冷たく笑い言った

「バレないようにするんだな」

その言葉に秋子は悲しさと恥ずかしさが去来し瞳に涙が溢れた、秋子は股下10㎝にも満たないミニスカートを穿かされブラウスも胸の谷間が強調された物を着せられていた、当然下着は履かせて貰えずその姿で夫と共に買い物に行くのであった

「……あなた、、、」

救いを求める様に呟く秋子の声を聞こえないふりをし夫の孝は秋子の手首を握りマンションの廊下へと出た、無理矢理出された秋子はバランスを崩し夫に倒れこんだ、そして再び救いを求める様に言った

「あなたッ……赦して、、、」

しかし孝はニヤリと笑いそして

「本当に赦して欲しいのかな」

そう言うと秋子の股座に指を滑り込ませた、その指は卑猥なほどに秋子の膣壁を擦った、秋子は濡れた吐息を押し殺しながら喘ぎ声を我慢した

「ズブズブに濡れてるくせによく嘘が言えるな」

冷たく言う孝に秋子は何ら反論が出来なかった、確かに秋子は孝の指の愛撫だけで濡れはしたなく愛液を股間から滴らしていたのであった。

次のページ »

官能小説セレクション©ナンネット All Rights Reserved.