官能小説セレクション 官能小説投稿サイト 官能小説セレクション スマートフォンページへ


掲載作品について

サイト内の文章等の無断転載は禁止しております。
作品の転載、掲載、取材等をご希望の場合は必ずご一報ください。

sm  狂女

[PR] http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm?820
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (7)
提供:nan-net

鴨田の方も道子の誠意溢れる態度が気に入り、「お前も変わったなあ」と、いい気味だと言わんばかりに両手でかつての妻の頬を引っ張ったりして弄んだ。「こんな事なら調教しとけば良かったよ」母が父に卑屈なまでに謙虚でいる間、美奈は僕の前で正座したまま俯いていた。同じ女としてどういう気持ちなのだろう?鴨田は僕に遠慮無く、「俺に抱かれたいのか?」と道子に訊く。道子は伺いを立てる様に僕の方を見、「今回だけ抱いてもらいなさい」と言われ、「こんな私で良ければ・・・」と答えた。「そうか。じゃあ、俺の上に乗れ」道子は窮屈ながらソファに上がり、鴨田の肉棒をつまんでまんこに当て、ぐぐぐぐ・・・・・と挿入して行った。「うううんんんんん・・・」僕の巨棒程の感触は無くても、長年馴染んだ!
棒なので快感を得られ、「はあああ・・・・」と目を閉じている。鴨田にとっても今や彼女が可愛くなっていて、セックスしてやるという尊大な態度を取りつつも、予想していなかった離婚後のセックスに満更でもない様子だ。「あっ、あっ、あっ、あっ、あっ・・・」両親のセックスを正視出来ない美奈は僕の脚に頬を当てたりしていた。                                          元夫婦は自然な勢いでキスをした。それを見ていて僕はこの鴨田もついでに支配下に置き、娘も交えた元一家を思いのままに操ってやろうかという思いが湧いて来た。どうせ鴨田はしがない非正規労働者で生活が不安定、これから先、僕の経済援助と娘・元妻とのセックスを保証されれば多少の屈辱!
は目をつぶるだろうと思った。勿論、普段は!
田と道子・美奈を別々に暮らさせてお互いの住所を教えないし、連絡もさせない。これは妙案だ。                                     そんな考えが浮かんでいるとは知らずに鴨田と道子元夫婦はソファから離れて立ちセックスをしており、道子の甘い声が部屋に響き渡っている。美奈はソファに掛け、苦笑して僕に体を任せた。「お前のお父さんとお母さん、又仲が良くなったじゃないか」「あんなスケベなお母さん、知らない」「お前だってスケベなくせに」乳房を揉み、秘丘などを撫でてやる。「はあああ・・・又気持ち良くなっちゃいますう・・・・・あああ、いいいい・・・・・」ふと見れば、鴨田が僕に影響されてか、元妻と合体したまま部屋の中を歩こうとしている。初め!
は歩調が合わなかったものの、比較的早く上手く行って二人は座卓の周りを歩いた。「あなた、上手いわ・・・」「お前こそ」立ち止まってキスをし、再び部屋の中を回り始めた。その光景に、さすがの僕も嫉妬を覚えさえした。                                                                      


sm  狂女

[PR] http://haruonovels2.blog.fc2.com/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (6)
提供:nan-net

鴨田が腹を立てながらもまだパンツを履かないのは、娘や元妻とのセックスに未練が有るのかもしれない。気まずいままソファの端に掛けると、道子が、続いて美奈が僕のすぐ前で正座をし、それぞれ、「ご主人様・・・」と改めて服従の気持ちを示した。当て付けとも取れるその行為に、鴨田は憮然としている。無理も無い。かつては自分の家族だった二人が今では若い男に所有されて忠誠を尽くしているのだから。一時はベッドで自分と濃厚なキスをした娘も結局は僕という若い男に身も心も捧げており、セックスもキスも所詮一過性の物だと今更ながら認めざるを得ない筈だ。                                  いつまで居ても仕方が無いので、今回はこれで終わりにしようとしたら、!
道子も貸してくれ」と言う。「道子とは何ですか。人の女を」僕に注意され、鴨田は渋々、「道子さんも貸して欲しい」と言い直した。「さっき断ったじゃないですか」「・・・」「まあ、いいけど」                                             鴨田は、未練というよりもかつての妻にもっと仕返しをしたくて道子の貸与を申し出たのだった。長い夫婦時代には彼女にとかく遣り込められ、不倫で罵倒され、特に【黒い蝶】絡みの不祥事で冷ややかに離婚届を突き付けられ、娘共々軽蔑された記憶は思い出すたびに腹立たしさや恨みが込み上げて熱くなりさえするのだ。その妻が今では、息子程年下の男のセックス奴隷として悦んでいるのは屈折した思いだろう。      !
                    !
       道子は僕が見守る中、捨てた筈の夫の前で跪かされ、夫婦時代の無数の暴言や罵声などについて、「恒夫様・・・・数々のご無礼をお許し下さい・・・あなた様の心を傷付けた事を深くお詫びいたします・・・・・」と言わされ、更に娘との肉体関係に対して、「美奈を抱いて下さって・・・・・ありがとうございます・・・・・」と改めて感謝の言葉を述べるのだった。それらがどこまで本心なのか不明ながら、自ら言葉を選んで口にしたのは、性奴隷の主人としても嬉しい。


sm  狂女

[PR] http://luv.kir.jp/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (5)
提供:nan-net

まんこを綺麗にしてやり、「二回目はまだなのか」と美奈のすぐ傍へ行った。「はい。だからぜひ・・・」美奈は僕に向かって再び尻を突き出した。「お前は誰とでもいいんだろ。親父とあんなに悦んだくせに」忌々しく尻を平手打ちにした。「あん」「餓鬼が出来たら下ろせよ。どっちのだかわからんからな」「・・・・・」「ほら」まんこの位置を肉棒の先端に合わせ、ずぶ濡れの中に入れて行く。「ああ・・・大きいいい・・・・・」「ふん」とは言え母親の物より締まりが良く、その感触にはたまらなくなって行った。これだけでも美奈を手元に置いておく価値は充分に在る。「うううん・・・・いい・・・ご主人様・・・・・」その時、胸のポケットの携帯電話が鳴り、『誰だ・・・?』と訝って取り出した。麻理からで!
美奈がもどかしく尻をくねらせるのも構わず律動を中断したまま電話に出た。「久し振りだな」<今、よろしいですか?>「セックスの最中だけど、いいよ」<・・・・・>「話は何?」<あの・・・私・・・離婚する事になりました・・・・・>「おおう」待望の言葉を聞いて思わず喜びの声を上げた。「そうか、そうか」満面の笑みで又律動を始めた。「あん、あん、あん、あん・・・凄いいい・・・あん、あん、あん、あん、あん・・・・・」美奈のよがり声が麻理の耳にも届いているに違いなく、はっきり聞かせてやろうと、携帯を美奈の口の近くにやった。「あん、あん、あん、あん、あん、あん、あん・・・・・」それから再び耳に当て、「お前も又可愛がってやるぞ」と得意気に言った。<・・・・・>「聞いとるの!
か?」<はい・・・>          !
                                     道子が苦笑を浮べてベッドに腰を下ろしたので、その頭を撫でてやりながら、「早くこっちに来い」と麻理に勧める。返事が無い。麻理の心はまだ完全に僕になびいていない様で、同性の生々しいよがり声を聞いて引いてしまったのだろう。僕はすっかり有頂天になっていて相手の気持ちを全く慮らず、「お前は俺に飼育される運命なんだ」と浮ついた口調で喋った。すると道子が携帯のすぐ近くに顔を寄せ、「あなたも雄一様に愛されたいのね?」と麻理に話し掛けた。「私、さっき抱いてもらったばかりなのよ」<・・・・・・>「本当に最高」その時、美奈が、「いじめないでえええ・・・・・」と腰をくねらせて訴えた。<雄一さん・・・・!
・>「とにかく早く俺の所へ来い」電話を切ってポケットに戻し、ようやく美奈を昇天させに掛かった。                                                  美奈を満足させ、母娘を連れて居間に戻ると、鴨田が全裸のままふて腐れてソファに掛けテレビを見ている。「すいませんねえ」「何だよ」鴨田は険しい表情でこっちを見た。「道子ともやりますか?」「ふん」顔を背けた。「嫌ならいいんですよ。僕はちゃんと約束を守りましたからね」「・・・・」


sm  狂女

[PR] http://luv.kir.jp/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (4)
提供:nan-net

すぐに美奈がこちらに尻を向け、「私にもお願い・・・・・」とせがんだ。「待っとれ」溜まりに溜まった精液を放出しないと耐えられず、豊満な五十女を処理場として最後のスパートに入った。「あん、あん、あん、あん、あん・・・行く、行く・・・ご主人様・・・・・」切羽詰まった声を上げて大きな尻を振り、それを美奈が嫉妬の目で見ていた。「一緒に、一緒に・・・・あっ、あっ、あっ・・・・・」「うっ、うっ・・・・・」熱い精液が五十女の体内に勢い良く注ぎ込まれて行った。                                         「はあああ・・・・・・・・・」疲れと充実感の中でしばらくじっとしていた。道子は僕の両腕で何とか支えられておとなしく繋がっている。「!
かったあ・・・・・」「私も・・・・・」「道子は最高だ・・・・・」「ありがとうございます・・・・・」快感の余りこの肉の塊を褒めてしまったが、その時点で必ずしも嘘ではなかった。この女は僕に所有されてから性愛と美しさに磨きがかかり、とても年齢相応には見えなくなっている。この歳になって女の本当の悦びに目覚め、愛人の一人にしてもらった事に感謝している事だろう。それに比べ、美奈は若くても薄っぺらで、父親とも通じた公衆便所という感じだ。彼女はいつまでも入れてもらえず、虚しく尻を向けている。                                                道子から肉棒を抜き取ると、どろどろの精液がまんこから滴り落ちてきた。栄養たっぷりの!
精液を存分に味わってエロ貝も悦んでいるに!
いない。絨毯の上にセクシーな格好で力無く横になり、僕を婀娜っぽい目で見上げた。ティッシュペーパーでまんこを綺麗にしてやる。「ありがとうございます」片脚を持ち上げられ、メス犬のように扱われても微笑して主人におとなしく拭かれている。それを見ていた美奈は、「お母さんばっかり・・・」と不平を洩らした。「あんたももっと可愛がってもらえるようにしなさい」母の勝ち誇った口調に、美奈は言い返せずにいた。                                                   


sm  狂女

[PR] http://haruonovels2.blog.fc2.com/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (8)
提供:nan-net

強制されてとは言え、娘が自らセックスを頼んだ事に鴨田はいかにも嬉しそうだ。その得意気な元夫を道子は罵れないどころか、父娘相姦の片棒を担がされてさぞ悔しいのだろう、深くうな垂れて目を閉じ、口を噛んでいる。「そう気にするな」僕は道子の後ろへ行って両手で豊かな胸を揉み始めた。「嫌・・・ああ・・・ううん・・・・」鴨田が複雑な面持ちで僕たちを見た。「さあ、裸になりなさい」「・・・・・」しばらくして道子は上着のボタンを外し始めた。「よく調教されとるなあ」「初めが肝心ですよ」「じゃあ俺も・・・」鴨田は娘を見、「美奈も裸になれ」と命令した。美奈はちょっと迷ってからボタンに手をやった。鴨田はにやついている。                               !
    母娘は正座したままブラジャー姿になり、ためらった後、僕と鴨田の命令で手を背中に回してホックを外した。それから道子は白いブラジャーを取って大きな乳房を露わにしたが、美奈は水色のブラジャーを胸から取ろうとせずにいる。「今更恥ずかしがらんでもいいじゃねえか」父に言われ、美奈は開き直って乳房を僕たちに見せた。「へへ、やっぱり若いもんはいい」「熟女も捨てたもんじゃないですよ」二人の乳房を好き勝手に批評し合ってから鴨田は、「こんな事なら思い切ってこいつらを調教しとけば良かったな・・・」と後悔して呟いた。「それは今だから言えるんですよ」「まあ・・・」娘だけではなく、言いなりになっているかつての嫁を見て彼は離婚したのを残念がっている様でもある。       !
                    !
                       「二人共立ちな」「はい」美奈に続いて道子も、「はい、ご主人様」と返事をして素直に立ち上がった。「真っ裸になれ」「はい・・・」「わかりました・・・」母娘はそれぞれスカートを脱いで行く。その従順ぶりに鴨田は僕を見て、「ほう・・・」と改めて感心した。僕も鼻が高い。要はこの僕が居なければ娘は勿論元妻に対しても手を出せないという訳だ。美奈も道子もあくまで俺様の指示で動いているんだから余計な事はするなよと暗示していた。                                                   母娘はパンティを脱いで行き、やがてそれらを僕に手渡した。「手で隠すなよ」鴨田の突き刺すような視線に耐!
えながら二人は手を後ろにやって裸体を晒していた。「美奈、久し振りに親父に見られてどんな気分だ?」「・・・恥ずかしいです・・・・・」「道子はどうだ?」「・・・・嬉しいです・・・・」「嘘ばっかり」僕は苦笑して言った。その間も鴨田は娘の全裸体を食い入るように見ており、ついに我慢出来なくなって自ら真っ裸になった。醜いペニスが鋭く上向いており、部屋の端へ逃げた美奈は目を逸らせている。「まだ駄目ですよ」「いいじゃねえか」「駄目!又強姦するんですか!?」「・・・・・」鴨田は僕を見据えていた後、「しょうがねえな・・・・・」と再びあぐらをかいた。「仲良く合体した方がいいでしょう?」返事が無い。暴走し掛けた父親が何とか静まって美奈はほっとし、母の隣の場所に戻った。   !
                       !
            
                               


sm  狂女

[PR] http://www.adultangel.com/search/in.php?id=mzone
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (3)
提供:nan-net

「じゃあ、そろそろお楽しみと行きますかね。お前たち、ここへ来て鴨田さんに向かって正座しな」座卓からやや離れた場所を指して命令すると、母娘は渋々その言葉に従った。鴨田も二人の方に体を向ける。「じゃあ美奈からだ。お父さんに挨拶しな」「・・・・・」「早く」それでも美奈は俯いたまま黙っている。「おい」「・・・お願いします・・・・・」頭も下げずに気の無い声で呟いた。「何だ、その言い方は!道子、教えてやれ!」「よろしくお願いします、と頭を下げるの」道子が小声で娘に教え、美奈は母に言われた通り父親にお辞儀をしながら、「よろしくお願いします・・・・・」と屈辱の言葉を吐いた。「何をだ?」鴨田がにやにやして訊く。「・・・・・」「ん?」意地悪い対応にしばらく困惑していた後!
「セックスを・・・・・」と呟く。「もっと大きな声できちんと言え」僕に注意されて美奈は、「セックスをよろしくお願いします」と再びお辞儀をした。「まんこして欲しいんだな?」父の下劣な言い様に、美奈は開き直って彼を見据え、「はい」と答えた。「ふっふっふっ」

« 前のページ次のページ »

官能小説セレクション©ナンネット All Rights Reserved.