官能小説セレクション 官能小説投稿サイト 官能小説セレクション スマートフォンページへ


掲載作品について

サイト内の文章等の無断転載は禁止しております。
作品の転載、掲載、取材等をご希望の場合は必ずご一報ください。

sm  狂女

[PR] http://luv.kir.jp/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (2)
提供:nan-net

これからこの二人は、会社で言えばワンマン社長の下の管理職、上と下に挟まれてやりにくい立場になるだろうし、二人の間に対立や確執が生まれるかもしれない。それを上手く裁かなくてはハーレムの存在が危なくなる。いや、すでに他の奴隷たちは昭代派と芳江派に分かれているのではないか?漠然たる不安を懐きながらも思わぬ流れにあがらえず、二人を立たせて両腕で抱いた。「これからも仲良くするんだぞ」「はい」母さんが答え、昭代も、「わかりました」と言って芳江を一瞥した。その光景を他の奴隷たちは立ったまま眺めている。                                                 すでに深夜になっており、風呂に入って寝る事にした。明日も休日で、赤ん!
の世話をする連中以外はそれぞれ外出する予定になっている。「昭代に由香、一緒に入るぞ」僕は敢えてこの二人を指名した。昭代と由香は僕の思惑に気付いているのか、「はい」と応じてお互いに顔を見合った後、続いた。                                     彼女たちの放った言葉へのわだかまりを隠し、二人と向かい合って湯に浸かった。昭代も由香も平静を装っていたが内心ではこだわっている様子で、特に由香は僕に見据えられていると視線が落ち着かなくなった。「どうした?」「え?いえ・・・」由香は微笑してごまかす。「今、幸せか?」「・・・・はい・・・」すぐ答えなかったので、「本当は違うんだろう?」と探りを入れた。「そんな事ありません。あなたの女に!
して頂いて嬉しいです・・・」それが口先だ!
に聞こえたので、「ふん」とあしらった。「ご主人様、私たちは背きなんかしませんよ」昭代が落ち着いて言ったが、この二人がかつてベッドの上で愛し合っていた事を覚えているので、お互いに示し合わせている様な気になって面白くない。考えてみれば、僕と出会わなければ昭代と由香は今でも自由に愛し合えているかもしれず、その不満がずっとくすぶっていても不思議ではない。                                湯から上がり、仁王立ちをして、前を昭代に、後ろを由香に洗わせた。年配で巨乳の社長と店長が甲斐甲斐しく奉仕をしている姿はやはり満更ではなく、不満も鎮まって行った。『俺の心配し過ぎかな・・・。こいつらが歯向かう訳無い』二人共、ボディソープの泡がたっぷ!
り付いたスポンジで以前通り優しく丁寧に洗ってくれている上に、サービスとして僕の胸と背中にそれぞれ巨乳を押し当てて体を動かしてくれる。「私たちの泡踊り、どうですか?」昭代が妖艶な顔で笑いながら訊くので、「最高だよ。ソープでも働けるかもな」と褒めてやった。「まあ」昭代は由香と目を合わせて嬉しそうに笑った。泡の付いた昭代の胸もエロティックで、いつの間にか肉棒が隆々と勃起している。「凄いわあ・・・。やっぱり本物には敵わない・・・」「そりゃそうさ」僕は片手で肉棒を振った。それを昭代と由香が眺めている。                                       全身を洗わせた後、今度は僕が二人の体を一緒に洗う事にし、座らせた。グラマーとスリムと!
う二つの体形にたわわな乳房、そして開いた股・・!
・。『こんないい体を手放すもんか』昭代から洗って行った。これで何度目だろう?その間に他の女たちとも入浴しているせいもあって飽きない。腕を上げさせ、腋の下もきちんと洗ってやる。それらを由香がおとなしく眺めていた。昭代が今も僕の言いなりになっているのを由香はほとんど歯痒く思っていない様子ではある。                                          


sm  狂女

[PR] http://haruonovels2.blog.fc2.com/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (5)
提供:nan-net

                                [ハーレムの変容]                                                                                                           言わば脅しに屈した形で昭代にハーレムの管理を任せる事を認めたものの、彼女一人が突然そんな権限を持つのを嫌がったり困惑したりする者も少なくなかった。智子や芳美、母さんなどからすれば昭代は後輩だし、道子にとっては年下。又、かつて仲間たちを何人かぺニパンで犯しまくった程レズとサドの気が濃厚にある者が司るようになれば、主人の弱みを握っている立場を利用して自分たちをどん!
目に遭わせるかわからないという危惧を懐く者もいた。その一方で、昭代の部下で頭が上がらない瑠璃子や、元々同性愛関係にあった由香は反対しない。「社長は家もお金も全部投げ打って雄一様に尽くしているんだから、威張っても仕方無いでしょう?」と瑠璃子は言うし、由香に至っては、「本当は昭代さんこそが一番の支配者になるべきじゃないの?」とまで笑って言い出す始末だ。それが聞き捨てならない僕や母さん、芳美などは由香を非難して謝らせたが、内心ではそう思っている者が他にいるかもしれないし、少なくとも、同性の昭代にも抱かれたがっている者はいるだろう。                                             それにしても、昭代だけにハーレムの管理!
を任せるのは危険で、この女を封じる為にも!
さんを利用した方が無難に思われ、勝叔父と鴨田について上手い方法が具体的に思い付かない以上、当面は昭代と芳江を操ってハーレムを維持して行こうと考えてその事を皆に伝えた。反応は様々で、素直に納得している者もいれば、困惑している者もいる。母親のくせに息子の性奴隷として生きているのを軽蔑・嫌悪し切っている者は嫌がり、昭代への牽制を望んでいる者は好意的だ。昭代本人は当然面白くない感じで、芳江と一瞬ながら目と目で火花を散らした。                                       昭代と母さんがたとえ管理する側になっても僕の性奴隷である事に変わりは無く、それを再認識させる為に僕は二人を全裸のまますぐ前で跪かせ、改めて忠誠を誓わせた。彼女ら!
は共に背筋を伸ばして僕の目を真っすぐ見、初めに母さんが、「雄一様、私はこの先もずっとあなたのセックス奴隷である事を誓います。母である前にあなたの女でございます」と恥ずかし気も無く宣言した。それから昭代が、「私もあなた様に一生お仕えする事を誓います」とあっさり述べた。その言葉自体に文句の付けようが無くても本心まではわからず、僕は昭代を信用出来なくなっていた。しかし、疑っていては切りが無いので良しとした。                                                                                                  


sm  狂女

[PR] http://luv.kir.jp/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (3)
提供:nan-net

食卓の上が片付けられても、多くの女たちが椅子や床の上で性の余韻に浸ってけだるそうにしており、食堂はまだ淫靡な雰囲気に包まれていた。僕に充分相手をしてもらえなかった者たちもオナニーで補い、満たされた様子である。その中で、椅子に掛けて脚をだらしなく大きく広げたまま半開きの目でいた昭代は僕と目が合うと微笑し、椅子から立ち上がって近寄って来た。そして床の上で色っぽく女座りをし、両手を僕の脚に置いて、「ねえ、私をハーレムの管理人にして下さらない?」と甘える様に微笑して提案した。僕は昭代の顔を見詰めた。昭代も、怯む事無く僕を見据えている。「お前の魂胆はわかっとるさ」軽く苦笑いをして言うと、昭代は、「あら、何の?」と不敵な表情で訊き返す。「管理人にかこつけて自分が!
配したいんだろ?」「そんな事ありませんよ。私はあくまでもあなたの奴隷」「ふん、わかるもんか」「・・・・・」昭代は鋭い視線を僕に注ぎながら、「私がどれだけあなたに貢献していると思ってるの?」と居直った。僕は昭代の顔をちらっと見ただけで言い返せずにいた。確かに彼女は、預貯金ばかりか、土地と邸宅を売却して得た莫大な金に加えて、会社経営による収入などもほとんど僕に貢いでおり、それらが無ければ贅沢な暮らしやハーレムの維持なんか出来る筈が無い。「その気になりゃ、あんたなんか簡単に潰せるんだから」「脅す気か?」睨んで凄むと、「そんな事ありませんよ」と急に優しくなって僕の脚に頬擦りをした。その態度の変わり様が不気味で、恐ろしさを感じた。『こいつを敵にしたら大変な事に!
なる・・・・・』昭代は僕を見詰めていた後!
その心を見透かした様に、「ね、私のお願いを聞いて下さるでしょ?」と有無を言わせぬ調子で言った。「・・・・・・まあ、いいけど・・・・・」「良かった。ありがと」昭代は僕の頬に軽くキスをして元の椅子に戻った。この女が何を企んでいるかはっきりわからず、不安を消せなかった。                                           僕の弱みをしっかり握っている昭代の思わぬ攻勢は、考えれば無理からぬ事だ。むしろ、財産や収入を貢ぐまでにとことん服従しているのが信じられないくらいだ。それなのに、この傲慢な中年レズ女も僕の巨棒に溺れる余り何の見返りも期待せずに性奴隷の身に甘んじていると見くびっていた。その間に色々悔しい思いや心の葛藤があっても!
僕は気が付かないか、敢えて無視して来た訳だ。そんな心中や貢献度を今になって改めて慮ってみると、不安は残っても、ハーレムの管理を任せても構わない気もした。                                                                                                                     


sm  狂女

[PR] http://ranks1.apserver.net/share/in.php?u=kokuhaku&id=mzone
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (2)
提供:nan-net

「ごめんね」と、芳美が娘に謝ったが、心から詫びていない感じだ。「あんたも悪い母親ね」文枝は軽く苦笑いしている。僕は芳美としばらくキスをした後、肉棒を外した。奴隷たちを出来るだけ公平に扱っているつもりでも、その時の気分や状況で特定の個人を深く可愛がったり、逆にいじめたりするのは避けられず、その事は彼女らも承知している筈だ。                                 タオルを持って来させ、美沙と友恵のエロ汁でぐっしょり濡れた体や床を拭いた。「派手にやってくれたなあ」「すみません・・・・」友恵が恐縮して謝り、美沙も恥ずかしそうに俯いた。その間、何人かが食器を片付け始めている他は、満ち足りて快感に浸っている者、我慢出来ずにオナニーをして!
る者以外に、由美や梨花、佐智の様に体をくねらせて悶々としている者も居る。あくまでも僕に抱いてもらおうとしている様がいじらしく、僕は再び椅子に掛け、彼女らを呼んだ。由美が真っ先に傍に寄り、続いて梨花と佐智も来て、すぐにでも入れてもらおうとそれぞれ四つん這いになってこちらに尻を思い切り突き出した。その浅ましいまでの自虐的な姿は他の奴隷たち自身にも経験があるので三人を決して蔑まず、同情を表している者も居る。僕は椅子に掛けたまま由美・梨花・佐智の尻の大きさを見比べていた。すると、焦れた由美が、「雄一様あああ!」と、大きな尻を振りながら声高にセックスを乞い、梨花と佐智も、「もういじめないでえええ・・・・・」「ご主人様、どうか・・・・・」と哀願した。それは、肉棒!
を酷使して来た僕にとって容赦無い脅しの様!
も感じられた。やはり一人では限界が在る・・・・・。しかし、こうなったのも全て自分のせいだ。本来なら警察に訴えるか、復讐してもおかしくないのに性奴隷の道に甘んじたこれらの女は僕によって性欲に火を点けられたのだ。「よしよし」両手の指を由美と梨花のまんこに入れ、ピストンし始めた。「あああああ!」「あ、あ、あ、あ、あ・・・・いい!いい!」元宝石販売員二人の声が部屋の中に響き渡った。由美はキャリアウーマンの面影など全然無く一匹のメスとなってよがり狂い、梨花も、元上司と対等にその隣で獣になっている。残された佐智は虚しく尻を揺らし続けていた。                                                        由美と梨花の!
うるさい声は絶頂が過ぎると共に治まり、すぐ佐智に移った。「待たせたな」「早くううう・・・」三本の指を入れるや、「あああん・・・・・」と悩ましく色っぽい声が耳をくすぐった。乱れた長い黒髪は顔を覆って床に届かんばかりに垂れ下がり、スリムな体に反して豊満な乳房を揺らしながら、まるで泣いている様な細い声を上げて快感を伝え続けた。肉棒でないならオナニーで済むのに、僕に可愛がって欲しくて甘えているのだろう。それが本当にいじらしい。オナニーで疼きを解消した連中からすれば、たとえ肉棒でなくてもご主人様にしてもらえただけで羨ましがると思うのは己惚れか?                                                    佐智も、由美と!
花に遅れて昇天し、うっとりと床にうつ伏した。か!
つてミス・キャンパスに選ばれた程の清楚な美女は僕との度重なるセックスと出産で官能的な肉体に変貌していた。それは若さの面で由美に勝っている。勿論、由美には、佐智が及ばない大人の魅力があり、手放せない存在でもある。


sm  狂女

[PR] http://luv.kir.jp/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (3)
提供:nan-net

その体をしばらく堪能してから、「嫌あああ・・・・・」と声を上げるのを無視して立たせた。美沙は両脚を開いて尻を向けたまま、「あああ・・・」と腰をくねらせた。「呆れた」道子が嘲笑って言い、昭代も苦笑いしている。「ご主人様ああ・・・・」尻を振り続ける娘に友恵が、「もう止めなさい・・・」と辛そうに注意したが、美沙は、「だってええ・・・・」と諦め切れずにいる。「友恵もけつを向けろ」僕は娘と母親の尻を並べさせ、両手の指を同時に二人のまんこに挿入した。「ああああ・・・・・」「ああん・・・・・」母娘は一緒によがった。「娘が娘なら親も親だ」肉棒代わりにそのままピストンを始めた。「あ、あ、あ、あ、あ、あ・・・・・」「ああん、ああん、ああん、ああん・・・・・」この母娘の痴!
を見て、先輩母娘の芳美と沙織、美由紀と茜は羨ましくも悔しそうにしている。                                     「あああああ・・・・・」指のピストンが長く続かない内に美沙が夥しい淫液を溢れさせ、程無く友恵からも大量の性汁が滝の様に溢れ出た。それらは僕や床をぐっしょり濡らしたが気にならず、濡れた手で母娘の腰や尻などをさすった。「はあああ・・・・・」友恵と美沙が余韻に浸っていると、芳美が沙織を連れて僕たちの傍へ来、「私たちも・・・・」と願った。「お前たちは一回やっただろ?」「でも、このままじゃ・・・・・」芳美も沙織も悩ましい表情で尻を厭らしく揺らしている。僕も性器の疼きに我慢出来なくなっており、美沙と友恵をどかし、まず芳!
美と向かい合って繫がる事にした。「あああ!
・・・・・」芳美はようやく入れてもらえた安堵感に包まれ、何とも魅力的な表情になった。今更娘の視線など気にせず、むしろ見せ付ける様にセックスをする。その妹を文枝が微笑して見ていた。                                         僕たちは情熱的にリズムを合わせ、沙織と交代しない内に同時に気をやった。部屋に響く芳美の大きな声。沙織は不満そうな顔をし、「どうしてえ?」と膨れた。「いつまでも持たんからな」芳美を愛しく抱いた。「まだいいでしょう?」「ちょっと休ませてくれ」「・・・・・」


sm  狂女

[PR] http://www.adultangel.com/search/in.php?id=mzone
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (2)
提供:nan-net

その内にまどろっこしくなってこっちも全裸になり、正常位の他に対面・後背座位など様々な体位で可愛がった。それに要する精力は大変な筈なのに、体内では凄まじいエネルギーが漲り、外に迸っていて疲れを感じない。一人を相手にしている最中にも、まだ満たされない者たちが床に座って順番を待っている。                         美沙と後背で繫がった時には、その両脚を掴んで高々と大きく開き、「ほうら、まんこが丸出しだあ」と皆に見せ付ける様にからかった。「嫌あああ・・・・」美沙は可愛い声を上げ、傍に居る友恵は娘の余りに淫らではしたない姿に顔を背けている。「お母さん見て、と言いな」美沙は首を何度も横に振った。「ほら!」「・・・・」「じゃあ、代わるぞ」「あ!
言います!」ちょっと間を置いてから、「お母さん、見て・・・」と小声で言った。「もっと大きな声で」「・・・お母さん、見て!」友恵はまだ見ようとしないので、「友恵!入れてやらんぞ」と脅すと、嫌々こっちを見た。一瞬、顔を酷く歪めたが、その目はまじまじと僕たち二人の結合部に向けられている。「いい女になっとるだろう?」「あああ・・・・・」娘の恥辱の姿はこれまでにも色々見させられて来、その度に娘の女を実感しているだろうが、こうして太い肉棒がまんこを深々と突き刺している所をすぐ近くで見詰めていると、友恵は自分が犯されているかの様な気になり、淫液を滴らせるのだった。「スケベな女だなあ」僕は笑って言った。他の女の中にも、目が血走っている者も居る。           !
              「ああん、あ!
ん、ああん、ああん・・・」ようやく律動してもらえて美沙は快感の声を響かせた。高校生の割りに豊満な乳房を後ろから揉みながら、「お前は誰の物だ?」と訊いた。「あなたの物です・・・・ああん、ああん、ああん、ああん、ああん・・・・いい、いい、いい・・・・」そのよがり様を同世代の怜や弓枝、沙織などが時々挑戦的な目で見ている。皆、人並み以上の容貌なり肉体なりを持っていても相手への羨望や嫉妬は消えず、表情に出てしまうのだ。美沙も、母親から受け継いだ恵まれた容姿に、僕の調教による官能美が加わって一段と魅力を増し、ライバルたちの脅威になり始めている。                                                            !
     

« 前のページ次のページ »

官能小説セレクション©ナンネット All Rights Reserved.