官能小説セレクション 官能小説投稿サイト 官能小説セレクション スマートフォンページへ


掲載作品について

サイト内の文章等の無断転載は禁止しております。
作品の転載、掲載、取材等をご希望の場合は必ずご一報ください。

per  私は淫らなセクシーインストラクター。[7]

[PR] http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm?820
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (8)
提供:nan-net

『アア…そう……そうよぉ……弘志君…クリの辺りに這わせる様にィ……アア…いい…そう…其処よぉ…ねぇ…弘志君……アア…気持ちいいわぁ……もっと強めに這わせて見てぇ…、』

と言って私は弘志君に微妙に円を描く電動歯ブラシの穂先を私の敏感なクリの辺りに強めに這わせる様に指示して挙げていました。すると弘志君は私の指示通りに電動歯ブラシの穂先を強めに這わせて居たみたいでした。私はその余りの気持ち良さに何度も軽いアクメに達しそうに為っていました。軈て私の紅い紐Tバックの狭いクロッチにはしたない程の沁みが拡がり始めている様でした。すると弘志君が私の紅い紐Tバックの狭いクロッチに電動歯ブラシを強めに這わせながら私に言いました。

『カエラ先生ぇ……又、カエラ先生の狭いクロッチにはしたない程の沁みが拡がり始めてますよぉ……ねぇ…もっと電動歯ブラシで此のまま
這わせて居ればいいんですかぁ……?!』

『アア…そうよぉ……弘志君…クリの辺りを暫く強めに這わせ続けて居てぇ……ねぇ…お願い
……弘志君……‼』

と言って私は暫く弘志君に電動歯ブラシの穂先で私の紅い紐Tバックの狭いクロッチに這わせ続ける様に指示していました。すると弘志君は私の敏感なクリと秘園を上下に這わせて居るみたいでした。その度に私の狭いクロッチにははしたない程の沁みが益々拡がり、私の戦慄く秘園の形がくっきりと浮かび挙がっていました。
そして弘志君はその私の紅いびしょ濡れの狭いクロッチに沁み出た沁みを嘗めながら敏感なクリを電動歯ブラシの穂先で強めに刺激していました。

『アア…カエラ先生ぇ…カエラ先生の沁みのやらしい馨りが凄く俺の心を益々刺激してるみたいですよぉ……ねぇ…カエラ先生ぇ…?!』

と言って弘志君は私の淫らな心を益々刺激しているみたいで、私の戦慄く淫らな秘園から益々夥しい愛液が溢れ出している様でした。しかし
、弘志君は逸れでも私の紅いびしょ濡れの紐Tバックパンティーを脱がそうとしませんでした。
逸ればかりか、ベッドの上で悩ましく痙攣させて居る私の淫らな姿を業と焦らす様に見詰めて居るみたいでした。

『アア…ダメダメェ……弘志君…カエラ先生を業と焦らさないでぇ……、ねぇ…又、カエラ先生はセックスしたく為っちゃったのぉ……ねぇ…だからぁ…弘志君……激しく手マンをしてよぉ……‼』

と言って私は弘志君に手マンで私の淫らな秘園を刺激する様に指示していましたが、弘志君は逸れでも私を無視しているみたいで業と焦らしていました。そして私の敏感なクリから今度は私の乳首に電動歯ブラシの穂先を強めに這わせて居るみたいでした。その度に私の下半身が無意識にビク、ビクと痙攣していました。そして益々夥しい愛液が私の紅い紐Tバックの狭いクロッチに沁みを拡げて居る様でした。私は弘志君の愛撫が少しだけ焦れったくて切なそうに手マンする様に哀願していました。すると弘志君は私狭いクロッチを横にずらしたかと思うと直に電動歯ブラシの穂先を強めにクリに這わせて居るみたいでした。


per  私は淫らなセクシーインストラクター。[6]

[PR] http://www.syakouba.com/0721/?id=01357&sid=fg5AsYB2
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (0)
提供:nan-net

『アア…ダメダメェ……弘志君…乳首をそんなに強く弄ったらぁ…ダメェ……初めはもっと優しく弄ってぇ……‼』

と言って私は弘志君に優しく宥める様にお願いすると弘志君は素直に優しく弄って居たかと思うと時々勃起した乳首を強く摘まんだりしていました。その度に私の淫らな下半身の辺りが悩ましく戦慄いて秘園から夥しい愛液が溢れ出していました。そして弘志君はレオタードフェチなのか、ピンクのスケスケハイレグレオタードを私に身に着けさせたまま、横臥後背位の体位で激しく下半身を律動させて居る様でした。

『アア…凄いわぁ…弘志君…又、カエラ先生は
……アクメに達しそうだわぁ……!アア…凄い
…凄い……弘志君の若い生チンポが好きよぉ…
……アア…いいわぁ…いい…いい…逝くぅ…逝くぅ……本当に逝っちゃうわぁ…‼』

『アア…いい…カエラ先生ぇ……俺も今にも逝きそうですよぉ……!アア…凄い…本当に気持ちいいですぅ……‼ アア…ア……いい…逝くぅ…逝くぅ…逝くぅ…‼』

と言って私と弘志君はキングサイズのベッドの上で何度もアクメに達しながら秘園の中に濃厚な白濁汁を中出しして居たみたいでした。そして私はその濃厚な白濁汁を秘園の中で締め付けながら最後の1滴迄搾り採って挙げていました
。すると弘志君は硬く勃起した生チンポをゆっくりと私の秘園から引き抜くと私の汗まみれの身体を舌先でチロチロと嘗め採ってくれていました。その度に私の淫らな秘園の中から中出しした彼の濃厚な白濁汁が私の太腿を汚して居たみたいでした。

そして私と弘志君はキングサイズのベッドからフラフラと立ち挙がると二人で硝子張りのバスルームに手を取り遇って入って行きました。
私は弘志君の見ている前でピンクのスケスケハイレグレオタードを脱ぎ、全裸に為ると先ずはシャワーをお互いの身体に浴びて穢れた身体を綺麗に洗い薙がしていました。そしてピンク色の大きなバスタブの中に張ったお湯に二人で浸かっていました。弘志君は私の背後から篤いキスを求めて居る様でした。私は弘志君の舌に私の舌を絡ませてたわわなオッパイを両手で揉みくちゃにして居たみたいでした。

そしてその揉みくちゃにして居た片手の指先が軈て私の戦慄く秘園に侵入すると私の淫らな身体は無意識に戦慄いているみたいでした。逸れから二人は濡れた身体をお互いにバスタオルで拭き採り、又、ベッドに戻って行くとベッドの下の引出しの中からセクシーな紅い紐Tバックと何故か電動の歯ブラシを取り出していました。
そしてその紅い紐Tバックを弘志君の見ている前で穿き、ベッドの上で悩ましく彼を誘って挙げていました。すると弘志君は何故、今電動歯ブラシなのか疑問に思ったのか、私に訊ねていました。

『カエラ先生ぇ……何で今電動歯ブラシが必要なのか疑問なんですけど、何故ですかぁ…?!

『ああ、凝れは私が毎晩、ベッドの上でオナニーをする為のアイテムよぉ……、弘志君……だから心配しないで……ほらぁ……歯ブラシの穂先を私の紅い紐Tバックの狭いクロッチに這わせて見てぇ……ねぇ……お願い……弘志君…、』

と言って私は弘志君の見ている前でキングサイズのベッドの上で仰向けに為り、両脚を左右に拡げながら彼にその電動歯ブラシを手渡して遣っていました。すると弘志君が私の紅い紐Tバックの狭いクロッチにその電動歯ブラシの穂先を微妙に這わせて居たみたいでした。そしてその電動歯ブラシの穂先の微妙な振動が私を快楽の世界に導いている様でした。


per  私は淫らなセクシーインストラクター。[5]

[PR] http://haruonovels2.blog.fc2.com/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (1)
提供:nan-net

駅弁スタイルだと依り密着する為に激しく律動する度に私の秘園の中で彼の硬く勃起した生チンポが擦られて私は何度もアクメに達しそうに為っていました。

『アア…凄い…凄い…凄いわぁ…弘志君…凄く密着するからぁ…弘志君の生チンポがぁ…凄く擦り浸けてるのが解るでしょう……?! ねぇ…
…弘志君……?!』

『アア…カエラ先生ぇ…凄く解るよぉ……!
俺の生チンポがぁ…カエラ先生の秘園の奥に能ってるのが解るよぉ……! 逸れに奥に当る度に擦り浸けてるのだって解るよぉ……‼』

と言って弘志君はキングサイズのベッドの上で駅弁スタイルで下から激しく律動を加えていました。すると私の硬く勃起した乳首がピンクのスケスケのハイレグレオタードの中で彼の胸板に激しく擦り浸けられて刺激されて居るみたいでした。私も久し振りの若い男性との濃厚なセックスに何時も依り凄く興奮していました。ましてや、在ろう事か自宅の夫婦の寝室のベッドの上で間接照明に照されながら濃厚なセックスに耽ってるなんて、そんなふしだらなセックスに私は何度もアクメに達してキングサイズのベッドの上に大量の愛液を垂らしていました。
しかも、ピンクのスケスケのハイレグレオタード姿のままで……、

『アア…カエラ先生ぇ…凄くアソコが濡れてるみたいですねぇ……旦那さんとは最近セックスをしていないんですかぁ……ねぇ…カエラ先生ぇ……?!』

『ええ、私の旦那さんは今、海外に長期出張中でぇ……出張前にセックスしたっきりで……こんなに濃厚なセックスをしたのは……凄く久し振りよぉ……弘志君……!』

『へぇー、そうなんですかぁ……! でも、旦那さんが長期出張中なのに……俺の様な一夜限りの男とセックスをして……カエラ先生には背徳心は無いんですかぁ……?! ねぇ…カエラ先生ぇ………?!』

『アア…初めは背徳心も在ったけどねぇ…でも今はそんな事関係無いわぁ……! ねぇ…そうでしょう……弘志君……今の此の淫らなセックスを楽しんで居ればいいのよぉ……弘志君……!
だから、余計な事は考えないでぇ……セックスに耽りましょうよぉ……ねぇ…弘志君…!』

と言って私はキングサイズのベッドの上で駅弁スタイルのままで彼の硬く勃起した生チンポに激しく律動されていました。すると弘志君の生チンポが律動する度に私の秘園の中でビク、ビクと痙攣したかと思うと篤い白濁汁を中出しして居たみたいでした。弘志君は私の秘園の中に中出しした事を不味いと思ったのか、私に申し訳ない様な顔で私の顔を見詰めて居る様でした
。そして弘志君は申し訳無さそうに私に言いました。

『アア…カエラ先生ぇ…セックスが余りに気持ち良かったからぁ……カエラ先生の秘園の中に中出ししてしまったみたいでぇ……本当にごめんなさい……!』

『アア…大丈夫よぉ……弘志君……後でシャワーで綺麗に洗い薙がせば、なんとかなるわぁ…
だから、心配しないでぇ……! 逸れに今夜はカエラ先生は安全日だからぁ……本当に大丈夫よぉ……弘志君……! 逸れ依り、もっと激しいセックスがしたいなぁ……弘志君のその硬い生チンポでぇ……‼』

と言って私は弘志君の生チンポを挿入したまま
、キングサイズのベッドの上で駅弁スタイルから横臥後背位の体位で弘志君に片脚を持ち挙げられて激しく律動されていました。すると弘志君の若い生チンポは瞬く間に硬く勃起して居たみたいで、再び私の秘園の中で激しく律動させて居る様でした。そして弘志君は私の背後からピンクのスケスケのハイレグレオタードの肩紐をずらし、たわわなオッパイを晒しながら私の硬く勃起した乳首を強く弄り廻していました。


per  私は淫らなセクシーインストラクター。[ 4 ]

[PR] http://luv.kir.jp/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (4)
提供:nan-net

すると弘志君はそのピンクのスケスケの狭いクロッチを舌先でチロチロと嘗めたり、じっと凝視しているみたいでした。その度に私の真新しいハイレグレオタードの狭いクロッチを濡らし
、戦慄く秘園から愛液と言う名のカクテルが溢れ出ていました。そして弘志君はそんな私の真新しいピンクのハイレグレオタードの狭いクロッチの横をずらし、戦慄く秘園に指先を2本挿入して手マンをしていました。クチュ、クチュと2本の指先が律動される度にやらしい音と私の喘ぐ声が寝室に鳴り響いているみたいでした。

そしてピンクのハイレグレオタードの薄い布越しに私の下腹部の辺りが悩ましく戦慄いているみたいでした。弘志君は私を今度はキングサイズのベッドの上で四つん這いにするとずらした薄いピンクの布の横から彼の硬く勃起した生チンポをゆっくりと秘園に挿入して行きました。
そして私を立ちバックで夢中で下半身をお尻にぶつけている様でした。私は顎を上に突き挙げながら悩ましく喘いでいました。

『アア…いいわぁ…弘志君の生チンポがぁ…カエラの秘園に挿入されてるのが、良く見えるよぉ……ねぇ…弘志君……‼』

『アア…いい……憧れのカエラ先生の秘園に…
俺の生チンポがぁ……深く挿入されてるのが、良く見えるよぉ…カエラ先生ぇ……?!』

と言って弘志君は私の背後から片手をたわわなオッパイを下から揉み解し、下半身を私のお尻にパァン、パァンと激しく討ち浸けていました
。そして弘志君は私の秘園の中に何度も中出しして居たみたいでした。そして暫くその快感を味わう様にゆっくりと下半身を軽めに私のお尻に討ち浸けて居ると秘園の中から生チンポを引き抜いて居る様でした。私は余りの気持ち良さに何度もアクメに達していました。そして私がフッとキングサイズのベッドの横の大きな鏡に私のピンクのハイレグレオタード姿が寝室の間接照明に照されて居る様で、勿論、私のびしょ濡れの狭いクロッチも鏡の中で丸見えに為って居るみたいでした。逸れはまるで大画面の4
Kの最新鋭のテレビ画面で猥褻な深夜放送のドラマを見ている気分でした。逸れを私達自信がその深夜放送のドラマを演じて居る様な錯角をしてしまった程でした。

逸れから二人はキングサイズのベッドの上で四つん這いから今度はお互い向き合い、駅弁スタイルで下半身を下から激しく律動させて居るみたいでした。


per  私は淫らなセクシーインストラクター。 [3]

[PR] http://luv.kir.jp/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (0)
提供:nan-net

『アア……弘志君…凄くいいわぁ……初めてにしては……凄く上手な方だわぁ……アア…焦れったいけどぉ…其処がいいのぉ……其処を嘗め廻してぇ……ねぇ…弘志君……‼』

と言って私はキングサイズのベッドの上で弘志君の顔に狭いクロッチを舌先に何度も押し浸けて遣っていました。そして私は弘志君の硬く勃起した生チンポが嘗めたく為ったので弘志君に言いました。

『ねぇ…弘志君……私も弘志君の硬く勃起した生チンポが嘗めたいのぉ……、だからぁ…弘志君…69に為ってお互いの性器を嘗めッコしましょうよぉ……ねぇ…いいでしょう……?!』

と言うと弘志君は私の顔にお尻を向けて硬く勃起した生チンポを唇許に差し出していました。
私は弘志君の生チンポを夢中で練っとりと嘗め廻したり、唇の中に含み上下に扱き挙げて遣っていました。すると弘志君も私の紅いスケスケのTバックパンティーのクロッチの横から舌で練っとりと私の性器を嘗め廻して居るみたいでした。私は弘志君にそうされる度に下半身を切なく捩らせながら妖しく喘いでいました。そして私も負けじと弘志君の硬く勃起した生チンポをジュポ、ジュポとやらしい音を発てながら濃厚なフェラを御返しとばかりにして挙げていました。

すると弘志君も私もお互いに我慢が出来無く為り、弘志君は私の横に仰向けに為ると今度は私が弘志君の下半身に股がり、紅いスケスケのTバックパンティーのクロッチの横から彼の硬く勃起した生チンポをゆっくりと挿入する為に何度も焦らす様に擦り浸けて居る様でした。私は顔を嫌々しながら弘志君におねだりする様に言いました。

『アア……弘志ったらぁ……カエラ先生を又焦らすんだからぁ……! アア…お願いだからぁ
……焦らさないでよぉ……ねぇ…弘志君…!』

と私が弘志君に鼻息荒くおねだりする様に言うと弘志君は私の秘園の中に恐る恐るゆっくりと挿入しているみたいでした。そして始めはゆっくりとでしたが、突然律動を激しく加えて居る様で私は思わず後ろに仰け反り、悩ましく喘いでいました。そして逸れを何度も繰り返して居る様でした。私は何度も唇許を半開きにして涎を垂らしながら肩まで在る髪の毛を振り乱し悩ましく喘いでいました。

『アア……弘志君…凄いわぁ……ねぇ…弘志君の硬く勃起した生チンポが……カエラ先生の秘園の奥に能ってるよぉ……! アア…いい…いいわぁ……弘志君…凄いわぁ…其処よぉ…其処を激しく律動させてぇ……‼』

『アア…カエラ先生ぇ…凄い…本当に俺の生チンポがぁ…カエラ先生の秘園の奥に能ってますよぉ……アア…凄い…カエラ先生の秘園の中が
ぁ……俺の生チンポを締め付けてますよぉ…!
ねぇ…カエラ先生ぇ……?!』

と言って弘志君はキングサイズのベッドの上で下から激しく律動を加えて居るみたいでした。私は弘志君に何度も下から激しく律動される度にたわわなバストをユサユサと揺らして喘いでいました。そして弘志君は私の勃起した乳首を両手の指先で弄り廻したり、摘まんだりしていました。私は逸れだけでアクメに達しそうに為って居た様でした。

『アア……弘志君…カエラ先生のたわわなオッパイを下から見上げる景色はどうかしらぁ……
?! 凄くいい眺めでしょう……ねぇ…弘志君
……………?!』

『アア…カエラ先生ぇ…凄い…いい眺めですよぉ……アア…凄い…カエラ先生の乳首が凄く硬く勃起してますよぉ……カエラ先生ぇ……‼』

と言って弘志君は私の乳首を両手の指先で強く抓み挙げて居るみたいでした。私は弘志君に何度もそうされる度に下半身が凄く奮え、悩ましい喘ぎ声を静な寝室に響かせていました。
すると弘志君が私に律動を加えながら突然こんな提案をして来ました。そして逸れはセクシーインストラクターらしく、ハイレグレオタード姿で濃厚な大人のセックスがしてみたいと言う弘志君からの提案でした。私は弘志君に『逸れは又、後でねぇ…!』って言って取敢えず今は騎乗位のままで暫く強烈な快感に浸っている事にしました。そして暫くすると強烈な快感が私の秘園の中に襲って来たみたいで、私は思わず後ろに仰け反り上半身を痙攣させながらアクメの時を迎えて居る様でした。弘志君は私の秘園の奥に大量の白濁汁を中出しして居たみたいで
、私の太腿に白い白濁汁が滴り堕ちて居たみたいでした。すると弘志君はベッドの脇に置いて在ったティッシュボックスから2、3枚採り出すと私の太腿に付着した白濁汁を綺麗に拭き採っていました。そして暫くして私は弘志君の硬く勃起した生チンポを痙攣する秘園から引抜き、キングサイズのベッドの上から降りると箪笥の引出しの奥からピンクのハイレグレオタードを1枚採り出して又、ベッドの上に戻って行きました。そして私は紅いスケスケのTバックパンティーとストッキングを同時に脱ぎ棄て、そのスケスケのピンクのハイレグレオタードを素早く身体に身に着けて行きました。するとそのピンクのハイレグレオタードは殆んどスケスケで私の乳首や黒々とした陰毛までが透けて丸見えに為って居る様でした。ですから私!
ベッドの上で両脚を左右に開けば陰毛処か、私の秘園の形までハッキリと見えている筈でした。すると私の硬く勃起した肉芽と乳首が透けた薄い布越しに
ポッチがハッキリと浮き出ていたみたいでした
。弘志君は私の身体に覆い被さり、そのポッチを舌と指先で強く弄り廻していました。すると益々私の硬く勃起した肉芽と乳首が硬く勃起して居たみたいでした。私は余りの気持ち良さに思わず喘ぐ様に弘志君に言いました。

『アア…いいわぁ…弘志君……其処をそんな風にされたらぁ……カエラ先生は弱いのぉ…!
ねぇ…弘志君…カエラ先生の乳首と肉芽を同時に苛めてぇ……ねぇ……お願い……‼』

と言って私はキングサイズのベッドの上でピンクの真新しいハイレグレオタードの狭いクロッチを濡らしながら悩ましく喘いでいました。


per  私は淫らなセクシーインストラクター。 [3]

[PR] http://www.hime-r.com/rank/ranklink.cgi?id=mzone
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (0)
提供:nan-net

『アア……弘志君…凄くいいわぁ……初めてにしては……凄く上手な方だわぁ……アア…焦れったいけどぉ…其処がいいのぉ……其処を嘗め廻してぇ……ねぇ…弘志君……‼』

と言って私はキングサイズのベッドの上で弘志君の顔に狭いクロッチを舌先に何度も押し浸けて遣っていました。そして私は弘志君の硬く勃起した生チンポが嘗めたく為ったので弘志君に言いました。

『ねぇ…弘志君……私も弘志君の硬く勃起した生チンポが嘗めたいのぉ……、だからぁ…弘志君…69に為ってお互いの性器を嘗めッコしましょうよぉ……ねぇ…いいでしょう……?!』

と言うと弘志君は私の顔にお尻を向けて硬く勃起した生チンポを唇許に差し出していました。
私は弘志君の生チンポを夢中で練っとりと嘗め廻したり、唇の中に含み上下に扱き挙げて遣っていました。すると弘志君も私の紅いスケスケのTバックパンティーのクロッチの横から舌で練っとりと私の性器を嘗め廻して居るみたいでした。私は弘志君にそうされる度に下半身を切なく捩らせながら妖しく喘いでいました。そして私も負けじと弘志君の硬く勃起した生チンポをジュポ、ジュポとやらしい音を発てながら濃厚なフェラを御返しとばかりにして挙げていました。

すると弘志君も私もお互いに我慢が出来無く為り、弘志君は私の横に仰向けに為ると今度は私が弘志君の下半身に股がり、紅いスケスケのTバックパンティーのクロッチの横から彼の硬く勃起した生チンポをゆっくりと挿入する為に何度も焦らす様に擦り浸けて居る様でした。私は顔を嫌々しながら弘志君におねだりする様に言いました。

『アア……弘志ったらぁ……カエラ先生を又焦らすんだからぁ……! アア…お願いだからぁ
……焦らさないでよぉ……ねぇ…弘志君…!』

と私が弘志君に鼻息荒くおねだりする様に言うと弘志君は私の秘園の中に恐る恐るゆっくりと挿入しているみたいでした。そして始めはゆっくりとでしたが、突然律動を激しく加えて居る様で私は思わず後ろに仰け反り、悩ましく喘いでいました。そして逸れを何度も繰り返して居る様でした。私は何度も唇許を半開きにして涎を垂らしながら肩まで在る髪の毛を振り乱し悩ましく喘いでいました。

『アア……弘志君…凄いわぁ……ねぇ…弘志君の硬く勃起した生チンポが……カエラ先生の秘園の奥に能ってるよぉ……! アア…いい…いいわぁ……弘志君…凄いわぁ…其処よぉ…其処を激しく律動させてぇ……‼』

『アア…カエラ先生ぇ…凄い…本当に俺の生チンポがぁ…カエラ先生の秘園の奥に能ってますよぉ……アア…凄い…カエラ先生の秘園の中が
ぁ……俺の生チンポを締め付けてますよぉ…!
ねぇ…カエラ先生ぇ……?!』

と言って弘志君はキングサイズのベッドの上で下から激しく律動を加えて居るみたいでした。私は弘志君に何度も下から激しく律動される度にたわわなバストをユサユサと揺らして喘いでいました。そして弘志君は私の勃起した乳首を両手の指先で弄り廻したり、摘まんだりしていました。私は逸れだけでアクメに達しそうに為って居た様でした。

『アア……弘志君…カエラ先生のたわわなオッパイを下から見上げる景色はどうかしらぁ……
?! 凄くいい眺めでしょう……ねぇ…弘志君
……………?!』

『アア…カエラ先生ぇ…凄い…いい眺めですよぉ……アア…凄い…カエラ先生の乳首が凄く硬く勃起してますよぉ……カエラ先生ぇ……‼』

と言って弘志君は私の乳首を両手の指先で強く抓み挙げて居るみたいでした。私は弘志君に何度もそうされる度に下半身が凄く奮え、悩ましい喘ぎ声を静な寝室に響かせていました。
すると弘志君が私に律動を加えながら突然こんな提案をして来ました。そして逸れはセクシーインストラクターらしく、ハイレグレオタード姿で濃厚な大人のセックスがしてみたいと言う弘志君からの提案でした。私は弘志君に『逸れは又、後でねぇ…!』って言って取敢えず今は騎乗位のままで暫く強烈な快感に浸っている事にしました。そして暫くすると強烈な快感が私の秘園の中に襲って来たみたいで、私は思わず後ろに仰け反り上半身を痙攣させながらアクメの時を迎えて居る様でした。弘志君は私の秘園の奥に大量の白濁汁を中出しして居たみたいで
、私の太腿に白い白濁汁が滴り堕ちて居たみたいでした。すると弘志君はベッドの脇に置いて在ったティッシュボックスから2、3枚採り出すと私の太腿に付着した白濁汁を綺麗に拭き採っていました。そして暫くして私は弘志君の硬く勃起した生チンポを痙攣する秘園から引抜き、キングサイズのベッドの上から降りると箪笥の引出しの奥からピンクのハイレグレオタードを1枚採り出して又、ベッドの上に戻って行きました。そして私は紅いスケスケのTバックパンティーとストッキングを同時に脱ぎ棄て、そのスケスケのピンクのハイレグレオタードを素早く身体に身に着けて行きました。するとそのピンクのハイレグレオタードは殆んどスケスケで私の乳首や黒々とした陰毛までが透けて丸見えに為って居る様でした。ですから私!
ベッドの上で両脚を左右に開けば陰毛処か、私の秘園の形までハッキリと見えている筈でした。すると私の硬く勃起した肉芽と乳首が透けた薄い布越しに
ポッチがハッキリと浮き出ていたみたいでした
。弘志君は私の身体に覆い被さり、そのポッチを舌と指先で強く弄り廻していました。すると益々私の硬く勃起した肉芽と乳首が硬く勃起して居たみたいでした。私は余りの気持ち良さに思わず喘ぐ様に弘志君に言いました。

『アア…いいわぁ…弘志君……其処をそんな風にされたらぁ……カエラ先生は弱いのぉ…!
ねぇ…弘志君…カエラ先生の乳首と肉芽を同時に苛めてぇ……ねぇ……お願い……‼』

と言って私はキングサイズのベッドの上でピンクの真新しいハイレグレオタードの狭いクロッチを濡らしながら悩ましく喘いでいました。

« 前のページ次のページ »

官能小説セレクション©ナンネット All Rights Reserved.