官能小説セレクション 官能小説投稿サイト 官能小説セレクション スマートフォンページへ


掲載作品について

サイト内の文章等の無断転載は禁止しております。
作品の転載、掲載、取材等をご希望の場合は必ずご一報ください。

per  狙われた美人秘書

[PR] http://www.count-down.tv/adult/index.cgi?18463
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (4)
提供:nan-net

私は今年の4月にようやく新しい会社に就職することができた。それまで1年半仕事もせずに一人暮らしの部屋にこもりパソコンで毎日エロサイトでオナニーするほどに変態でドスケベな43歳。新しい会社では管理人として勤めており、会社前の掃き掃除や建物の修繕などが役割で大変な仕事というよりむしろ楽な仕事。それだけに給料は会社の中で1番低い。勤めて3ヶ月ほど過ぎた頃、暑さで建物のエアコンはフル稼働。勤めて1ヶ月頃に初めて建物の中を案内され8階秘書室で秘書の西条さんと挨拶を交わした。
「管理人の太田と申します」
「秘書の西条です」
身長155センチぐらいだろうか、小柄でスレンダーな瞳の大きい丸顔でアニメの可愛い声優みたいな声で髪は長いようだけど仕事では後ろで束ねている。私は上司からエアコンの位置などを教えてもらいながらも視線は秘書の西条さんの後ろ姿に向いていた。細い身体でくびれた腰つきに程よい肉付きでまん丸いお尻から脚へとしぼれたライン。秘書だけにルックス、顔、スタイルは抜群であった。翌日朝の出勤時間帯、秘書の西条さんが駐車場から歩いてきた時偶然に外回りの掃き掃除をしていた私は私服姿の西条さんを見て釘付けになった。身体のラインがわかる膝上丈の黒のワンピースを着ていた。「おはようございます」可愛いロリ声と笑顔で挨拶され私も挨拶を返しすれ違ってから西条さんを振り返る。たまらないくびれと!
尻から脚のラインに目が離れなかった。その日から秘書の西条さんが出勤する頃を見計らって外回りの掃き掃除をするようになった。そして変態な私はこっそりと西条さんの私服で歩く後ろ姿をスマホで動画盗撮した。たまたま秘書室のエアコンが調子悪くなった時、髪を束ねた丸顔の西条さんを見たくて必要以上に秘書室に行き「エアコンの調子はどうですか?」と言って可愛いロリ声と西条さんの顔と身体つきを目に焼き付けて管理室に戻り盗撮した動画を見ながら秘書室の西条さんを思い出してオナニーしていた。
今日も暑い気温になり、秘書の西条さんは黒のワンピースで駐車場から歩いてきた。「おはようございます」いつものようにロリ声と笑顔で挨拶をする西条さん。私も挨拶をしてすぐさまスマホを取り出し西条さんの後ろ姿を動画盗撮を始めた。いつも会社のエレベーター前まであとについて盗撮していた私。今日は運良く他の社員がいない。エレベーターのドアが開き思わず私もエレベーターに乗っていた。至近距離で西条さんのお尻にスマホを向けて盗撮。ふと「何階ですか?」と西条さんが振り返り言った。「あ、9階をお願いします…」スマホは西条さんのお尻に向いたまま、私服の西条さんは髪を下ろした髪をさり気なく手でさわりながら私のスマホをチラリと見て気付いたようだが、少し驚いたようにも見えたが何も言わ!
かった。8階に着きドアが開くと、西条さんは手でお尻をサラリと触りながら「失礼します」と私に会釈して降りた。その態度と表情、私が盗撮していたのに何も言わないのがたまらなくて私も8階で降りた。秘書室に向かう西条さんのお尻をメインに盗撮しながらあとを歩いた。秘書室の手前に階段があるのでいざと言う時言い訳ができる。秘書室に入る手前で西条さんは振り返り私に軽く会釈をする。さすがにスマホはポケットにしまい私も会釈して階段を上がっていった。管理人室に戻った私はさっきまで盗撮した動画を見ながらフル勃起した肉棒を握って西条さんでオナニーしていた。そこに内線が入り肉棒を出したまま電話に出ると、秘書の西条さんからだった。「すいません、エアコンのスイッチが入らないので見てもら!
えますか」勃起がおさまらないまま作業着を!
直して秘書室へと向かった。西条さんは会社の制服に着替え髪も後ろで束ねていた。「失礼します」秘書室に入り秘書の机の後ろの壁にエアコンのスイッチがある。スイッチを回して付かないことを西条さんが示し、隣で私も同じようにスイッチを回してみる。「付かないですね〜」制服姿の西条さんもまたいい。すぐにズボンの中で肉棒が再勃起する。もう一度西条さんにスイッチを回してもらい、私は西条さんの後ろに回りズボンのファスナーを開けて肉棒を取り出し西条さんのお尻を見つめながらシコり始めた。「やっぱり付かないみたいです」と西条さんは振り返りシゴいていた肉棒をチラリと見たが驚いた様子もない。西条さんと目が合ったが何も言われなかった。管理室でオナニーしていたのでイクのに時間はかからな!
かった。制服のスカートのお尻に精子をドクドクとかけてしまった。制服スカートにかかって垂れ出してる精子がたまらなくエロイ。エアコンのスイッチは隣の電源が入っていないから付かなかった。電源を入れた私は肉棒をしまうと「これでエアコンは入りますので…」「ありがとうございます」と言いながら西条さんは何事もなかったかのように私に笑顔で礼を言った。「また何かあったら連絡下さい」「はい、お疲れ様でした」とさすがは秘書だけあってかなりセクハラの修羅場は経験しているで、イッたばかりの肉棒がすぐに西条さんの表情を見て疼き出していた。


per  超能力を使って女をエロく操った結果

[PR] http://www.syakouba.com/0721/?id=01357&sid=fg5AsYB2
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (4)
提供:nan-net

俺はある日を境に、好みの女全てに自分の性欲、性癖をぶつける事ができるようになった。

信じられないかもしれないが、人には無い不思議な能力が使えるようになったからだ。

一度会話をした人間を頭の中で思い浮かべる。

そうしたら、その人間が今何をしているのか、どこにいるのかが頭の中で見えてくるのだ。

そして、その人間の行動、発言の全てを自由に操作する事ができる。

さらに、その人間の心に話しかける事までできてしまう。

目の前にTVやパソコン等の画面があれば、そこにその映像を映す事までできる。

つまり、他人を自由に操り、離れていても頭の中で会話ができ、その映像までもが見えてしまう。

例えば、街中で道を尋ねた人間を後日頭の中で思い浮かべ、その人間が今何をしているのかが頭の中でもTV等の画面でも見えてきて、その人間を自由自在に操る事ができる。

服を脱がすも、その場でオナニーさせるも、全て自由自在。

目の前の相手に『抱いて』そう言わせたかったら、その発言までもを操れる。

さらに、頭の中に語り掛け会話もできる。

この不思議な超能力のおかげで、世の女性全てが性欲発散の対象になり、好みの女にやらせたい事を自由に強制できるのだ。

それでは、数々の女を自由自在にエロ操作した様をお話しよう。


per  超能力を使って女をエロく操った結果

[PR] http://ranks1.apserver.net/share/in.php?u=kokuhaku&id=mzone
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (0)
提供:nan-net

俺はある日を境に、好みの女全てに自分の性欲、性癖をぶつける事ができるようになった。

信じられないかもしれないが、人には無い不思議な能力が使えるようになったからだ。

一度会話をした人間を頭の中で思い浮かべる。

そうしたら、その人間が今何をしているのか、どこにいるのかが頭の中で見えてくるのだ。

そして、その人間の行動、発言の全てを自由に操作する事ができる。

さらに、その人間の心に話しかける事までできてしまう。

目の前にTVやパソコン等の画面があれば、そこにその映像を映す事までできる。

つまり、他人を自由に操り、離れていても頭の中で会話ができ、その映像までもが見えてしまう。

例えば、街中で道を尋ねた人間を後日頭の中で思い浮かべ、その人間が今何をしているのかが頭の中でもTV等の画面でも見えてきて、その人間を自由自在に操る事ができる。

服を脱がすも、その場でオナニーさせるも、全て自由自在。

目の前の相手に『抱いて』そう言わせたかったら、その発言までもを操れる。

さらに、頭の中に語り掛け会話もできる。

この不思議な超能力のおかげで、世の女性全てが性欲発散の対象になり、好みの女にやらせたい事を自由に強制できるのだ。

それでは、数々の女を自由自在にエロ操作した様をお話しよう。


per  5年前に…

[PR] http://haruonovels2.blog.fc2.com/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (21)
提供:nan-net

5年前、高校生の時のお話です。
私は、学校から家まで遠かったから、電車で通学していました。その日は、短縮授業で、早く帰れる日でした。電車は朝より空いていて、ほぼ、貸し切り状態。電車の心地よいリズムに揺られて私は、眠りにつきました。しかし、浅く、眠りについたところで、太ももに異変を感じました。私はパッと目を覚まし、横を見ると、40歳ぐらいのおじさんが、私の太ももを撫でているのです。
おじさん あ、起こしちゃったかな。
私 何するんですか⁉︎やめてください
私ははっきりと主張しましたが、それがおじさんには良かったみたいで、
おじさん 俺、そーゆー気の強い女好き。
私は、席を変えようと立ち上がると、おじさんに腕を掴まれました。
おじさん ね?ちょっとだけ。謝礼も出すから!
私は断れず、
私 はぁ、少しだけですよ?
と言ってしまいました。降りる駅まであと約40分間ほどだった気がします。誰も、乗ってくる気配のないまま、おじさんは私の太ももを撫でていました。最初は撫でるだけだった手の動きも、少しずつ、いやらしくなってきました。
私 んっ!ふっ…くっ…
感じてしまいます。
おじさん 気持ちいいの?
すると服の上から胸を揉んできました。夏服のブラウスは薄く、ブラジャーも汗で見えています。
おじさん 乳首勃ってる…
私 違う…からっ…あぁんっ。
おじさんは、首筋を舐めてきました。
私 それっ、ダメっ…もう…おしまいっ!
おじさん やめない。
すると足を開かせ、パンツの上からあそこを触ってきました。我慢の限界です。
私 あぁっ、あああぁぁっ!
絶頂に達してしまいました。
おじさん 俺の指で感じてくれたんだね…。
私 もう、ほんとに…おしまいっ!
おじさんは構わず続けます。クリストスを弄ってきます。
おじさん わ…。膨れてる…漏れてる…
私 や…触らないで…
おじさんは、私のパンツも脱がせました。
私 あっ。ダメっ
おじさん モレモレのくせにー
おじさんは、私の前にひざまずくと、あそこに顔を埋めてきました。そして舌をのばします。
私 あああぁぁっ!やっ、ダメっ。
グチュグチュと水音がなっているのが自分でもわかります。おじさんは、おまんこの中に指を入れて、掻き回してきます。
私 あああぁぁっ!ダメっ。いっくっ…!
そして2度目の絶頂。すると、駅が次になりました。
私 次で降ります…
おじさん 駅の近くのホテルは?
私は、快感をとるか、帰宅をとるか迷い、ついには快感をとってしまいました。おじさんは喜んでいます。ホテルにつきました。私の初体験。
私 あの…
おじさん 何?
するとおじさんは顔を近づけ、キスをしました。そのうち舌を絡ませてキスを続けました。
私 初めてで…優しくお願いします。
おじさん はいはい。
すると電車の中でしたのと同じく、おまんこの中を掻き回してきます。
私 はあぁんっ。
おじさんは、疲れたというような顔をして、
おじさん ちょっと交代
と言うと、カバンから電気マッサージ器を取り出しました。すると、私のパンツでそれを固定し、電源を入れられました。
私 あああぁぁっ!ダメっ、おかしくなるっ!
何分放置されたでしょうか。もう、私のあそこはトロトロのモレモレです。するとおじさんは、待っていましたと言うように、下半身を脱ぎ始めました。
私 セックス…ですか?
おじさん 君だけ気持ちよくなるのはずるい。
おじさんのペニスは私のおまんこの中にズブズブと入ってきます。
私 (なんか来るっ。あっ、気持ちいい…)
私は気持ちよすぎて、声も出ません。おじさんはピストン運動を始めました。おじさんが腰を前にするたびに、奥を突かれて気持ちよくなります。
私 はぁっ。イイっ!これ、イイっ!いくっ!
私は何度もいきました。おじさんのペニスが、私の中で脈打ったかと思った瞬間、どくどくと、精子が中に出されました。
私 あああぁぁっ!いっくっーーーー!
そして深い絶頂2度目の達しました。
初めてのセックス、初めてのキス、初めての潮吹き…たくさん経験しましたが、とても気持ちよかったです。


per  私は淫らなセクシーインストラクター。[21]

[PR] http://haruonovels2.blog.fc2.com/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (1)
提供:nan-net

サブタイトル
[夢うつつの中で義理の父に犯されて…、]

私はキングサイズのベッドの上で殆ど小さなTバックパンティー一枚だけの無防備な寝姿で眠ってしまったみたいでした。しかし私の淫らな指先は何度も硬く勃起したクリトリスを擦り浸けて居る様で、狭いクロッチには夥しい愛液の沁みでぐっしょりと濡れて居る様でした。
するとそんな時、私の部屋の玄関のチャイムがけたたましく鳴って誰かが私の部屋に訪ねて来た事を告げて居る様でした。でも私は相変わらずベッドの上で濃厚な独りエッチに耽っていました。するとその訪問者は何の躊躇も無く私の寝室に入って来たみたいでした。私が虚ろな眼差しで見詰めて居ると何と逸れは私の義理の父で、私の淫らな独りエッチのシーンをやらしい眼で見詰めて居た様でした。そして私の義理の
父と私は以前から折合いが悪く、小さなオンボロアパートで私と母と義理の父の3人で同居して居た頃も私がセーラー服から私服に着替えて居る時も襖の隙間から私の着替えて居る姿をやらしい眼でソッと覗き視して居た様でした。その義理の父が私にやらしく言い放ちました。

『カエラぁ……、お前の母親も結構淫らな女だが、お前も母親に似て、結構淫らな娘だなぁ…
………?! 逸れとも俺とセックスがしたいとかぁ……なぁ……カエラぁ……?!』

と言って私の寝ているキングサイズのベッドの上にズカズカと図々しく挙がって来たかと思うと私の両脚を左右に思いっ切り開き、顔を敏感なクリトリスに埋めて舌先でチロチロと嘗め様としているみたいでした。しかもその濃厚なクンニは凄く的確で私の敏感なクリトリスをやらしい舌先の動きに私は慌てて『罷めてぇ…、』と言って義理の父の顔を払い退けていました。ですが、直ぐに義理の父は又顔を敏感なクリトリスに埋めて濃厚なクンニをして居る様でした
。私は逸れでも抵抗する様に身体を虚しく捩らせて居るしか在りませんでした。しかしその的確なクンニに私は抵抗する事を罷めて義理の父の淫らな舌先の動きに恥ずかしい程、小さなTバックパンティーの狭いクロッチを濡らしていました。頭の中では未だ抵抗している筈なのに、身体は義理の父の淫らな愛撫を私自らが求めている様でした。そして私は遂に『お父さんのぉ
……オチンポが欲しいのぉ……!』と唇に出しては埋けない言葉を言ってしまった様でした。

すると私の淫らな言葉に私の義理の父はあっと言う間に着て居た洋服とズボンを素早く脱ぎ棄てると義理の父の年齢にはそぐわない様なやらしい白の小さなミニショーツを穿いて居た様でした。しかもその白い生地はスケスケで生チンポの形がクッキリと見えていました。ですが私はその白いミニショーツの上から夢中でむしゃぶり浸いて挙げていました。そして私は義理の父の足首の辺り迄ミニショーツを引摺り降ろして鋳きり建つ生チンポをベッドの上で膝まずき、夢中で唇の中に頬張り、時々激しく律動する様に扱き挙げていました。すると私の義理の父はあっと言う間に生チンポを硬く勃起させて居る様で私の唇の中でビクン、ビクンと痙攣させていました。そして私の濃厚なフェラに我慢が出来ないのか、私をベッドの上!
押し倒すと硬く勃起した生チンポをまるで焦らす様に私のクリトリスに擦り浸けて居る様でした。

『アア…嫌ぁ……お父さん……カエラの事を焦らさないでぇ……ねぇ……早く生チンポを淹れてぇ……!』

『カエラぁ……お父さんの生チンポがそんなに欲しいのかぁ……?! 良し、良し、じゃあ、
お前のお望み通りに生チンポを淹れて遣るよぉ
………‼ じゃあ、カエラぁ…お父さんの生チンポを淹れるよぉ…‼』

と言って私の義理の父は私の敏感な秘園の中に硬く勃起した生チンポをゆっくりと挿入していました。すると私の膣壁を捲り挙げる様に義理の父の生チンポが私の秘園の奥に迄到達して居る様でした。そして激しく律動を加えられると私はベッドの上で下半身を諤々と捩らせながら悩ましく喘いでいました。あんなに嫌って居た義理の父だった筈なのに、私は抵抗する事も無く、義理の父の生チンポをあっさりと受け入れていました。そう、凝れが私にとって義理の父との初めてのセックスでした。そしてその事が私を余計に興奮させて居るみたいで私は義理の父にされるがままでした。軈て身体の中で燻って居た私の淫らな火種が益々燃え上がり快楽の海で溺れていました。そして私の小さなTバックパンティーも呆気なく脱がされ!
私はパイパンの土手高の丘を晒されて居る様でした。その私のパイパンの丘をやらしい眼で見詰めながら義理の父は私にやらしく言い放ちました。

『おやおやぁ……カエラぁ…すっかり土手高の丘がパイパンに為ってるじゃないかぁ…?!
どうやら、お前にも御主人様が何処かに居るみたいだなぁ……なぁ…カエラぁ……?!』

と言って私の義理の父は私の小さなTバックパンティーの馨りを嗅ぎながら土手高のパイパンの丘を手の平で撫で廻して居る様でした。そして私の太股やお尻を手の平で数回スパンキングしながら私の秘園に律動を加え辱しめていました

私は義理の父にスパンキングと律動をされる度に喜悦の声で喘いでいました。そしてその辱しめは翌朝迄続いていました。


per  私は淫らなセクシーインストラクター。[20]

[PR] http://www.adultangel.com/search/in.php?id=mzone
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (0)
提供:nan-net

サブタイトル
[可愛い弘志君の前で淫らな特別レッスンをされて、]

弘志君も私の濃厚なフェラとリーダーさんに私を奪われたショックで戦意喪失をしてしまったのか、そそくさとパンツとズボンを再び穿いてスタジオから無言で出て行きました。そして独りスタジオに取り残された私はリーダーさんに何度もピンクのスケスケハイレグレオタードを着せられたまま、硬く勃起した生チンポでイカされていました。しかも、リーダーさんは私を鏡張りの壁に業と土手高の陰毛の丘が露に為る様な破廉恥なポーズで私をさせて辱しめていました。

私は半泣きに為っていました、リーダーさんに何度も恥辱的なポーズをさせられて何度もアクメにイカされて居るのもそうですが、そそくさと尻尾を巻いてスタジオから無言で出て行った弘志君にも失望してしまったからでした。そして私はリーダーさんからもっと恥辱的な行為をされていました。逸れは私の土手高な陰毛の丘が余りにも醜かったのか、何度もイカされた後
更衣室のシャワールームでピンクのスケスケハイレグレオタードを脱がされ、全裸にすると泡を土手高の陰毛の丘に塗り拡げてT字剃刀と鋏でパイパンにされていました。 そして私は又リーダーさんにピンクのスケスケハイレグレオタードを着せられてスタジオに戻って行ったのでした。逸れから私達は淫らな特別レッスンを約3時間程続けていました。

レッスンと言っても逸れは単なる濃厚なセックスを一方的にリーダーさんからされて居るだけの事でしたが、逸れからやっと解放されたのはその日の夕方頃の事でした。私は私服に着替えてスタジオを後にすると家路を急いで行きました。私は家路に着くと着て居た私服を急いで脱ぎ棄て、全裸に為るとバスルームで又シャワーを浴び直して穢れた身体を綺麗に洗い薙がしていました。そして脱衣所の大きな鏡の前で私はパイパンの丘を手の平で触って確認していました。

[アア…嫌だぁ…、
私の土手高の陰毛の丘がぁ…すっかり…ツルツルだわぁ……、]と言って私は小さな声で独り言を呟いていました。

逸れから私はパイパンの濡れた身体をバスタオルで拭き採り、真新しいTバックパンティーを穿いて無心でベッドの上で
スマートフォンの画面を指先で操作していました。しかし、私の指先は次第にスマートフォンの画面から真新しいTバックパンティーの中をまさぐって居た様でした。

しかし私の淫らな身体の中では未だ今日の甘味は快感の火種が燻って居たみたいで、ベッドの下の引き出しの中から電マを取り出して狭いクロッチにそっと充てがっていました。すると電マの振動が燻って居た快感の火種を又燃やし始めている様でした。私は下半身を諤々と痙攣させて、軈てパンティー一枚だけの姿で継ぎの朝迄眠っていました。

次のページ »

官能小説セレクション©ナンネット All Rights Reserved.