官能小説セレクション 官能小説投稿サイト 官能小説セレクション スマートフォンページへ


掲載作品について

サイト内の文章等の無断転載は禁止しております。
作品の転載、掲載、取材等をご希望の場合は必ずご一報ください。

les  美少女同性愛欲、1

[PR] http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm?820
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (0)
提供:nan-net

佳穂はアパートに帰るとデスクの上のパソコンを立ち上げる。バッグからビデオカメラを取り出し、カードを抜き出した。パソコンがスタンバイされるまでの時間がもどかしい。
チュニック替わりのロングシャツにスキニーを重ねていた。スキニーを脱ぐ。脱ぐ際に足に擦れる感触が心地よかった。
パソコンがカードを読み込む。やがてディスプレイに再生され始めた動画。紺のプリーツスカートが揺れている。その奥にちらちらのぞく白いショーツ。
大学からの帰途、乗り換え駅の階段で佳穂が盗撮した画像だった。セーラー服のあどけない少女、ハイソックスにローファー。ショーツが柔らかくお尻を包んでいる。
佳穂はベッドに腰掛け、ディスプレイを見つめながらロングシャツのフロントボタンの間から、自身のショーツ越しにいじり始める。
あんっ。
声が出てしまう。女性なのに愛らしい女子高生のパンチラ画像を見て、自慰をしている。堪らず声まで漏らしている。なんて恥ずかしいことなんだろう。そう思うとよけいに欲情するのだった。一人暮らしを始めたのをいいことに、毎日可愛い女の子を「オカズ」に自慰をしている。こうして盗撮までしている。
クッションを脚の間に挟み込み擦り付けた。頭の芯が気持ち良さに痺れる。この女子高生も自慰をしているのだろう。きっと同じ学園の生徒を思ってこうして何かに擦り付けている。愛らしい女子生徒の制服姿に欲情している。そして自身を弄っているのだ。真面目そうな白いショーツ越しに。
上品なセーラー服の美少女にだって性欲はある。欲望は同じ学園に通う同性に向けられている。
去年まで高校生だった佳穂自身がそうだった。


les  美少女同性愛欲、1

[PR] http://www.syakouba.com/0721/?id=01357&sid=fg5AsYB2
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (0)
提供:nan-net

佳穂はアパートに帰るとデスクの上のパソコンを立ち上げる。バッグからビデオカメラを取り出し、カードを抜き出した。パソコンがスタンバイされるまでの時間がもどかしい。
チュニック替わりのロングシャツにスキニーを重ねていた。スキニーを脱ぐ。脱ぐ際に足に擦れる感触が心地よかった。
パソコンがカードを読み込む。やがてディスプレイに再生され始めた動画。紺のプリーツスカートが揺れている。その奥にちらちらのぞく白いショーツ。
大学からの帰途、乗り換え駅の階段で佳穂が盗撮した画像だった。セーラー服のあどけない少女、ハイソックスにローファー。ショーツが柔らかくお尻を包んでいる。
佳穂はベッドに腰掛け、ディスプレイを見つめながらロングシャツのフロントボタンの間から、自身のショーツ越しにいじり始める。
あんっ。
声が出てしまう。女性なのに愛らしい女子高生のパンチラ画像を見て、自慰をしている。堪らず声まで漏らしている。なんて恥ずかしいことなんだろう。そう思うとよけいに欲情するのだった。一人暮らしを始めたのをいいことに、毎日可愛い女の子を「オカズ」に自慰をしている。こうして盗撮までしている。
クッションを脚の間に挟み込み擦り付けた。頭の芯が気持ち良さに痺れる。この女子高生も自慰をしているのだろう。きっと同じ学園の生徒を思ってこうして何かに擦り付けている。愛らしい女子生徒の制服姿に欲情している。そして自身を弄っているのだ。真面目そうな白いショーツ越しに。
上品なセーラー服の美少女にだって性欲はある。欲望は同じ学園に通う同性に向けられている。
去年まで高校生だった佳穂自身がそうだった。


les  美少女同性愛欲、1

[PR] http://luv.kir.jp/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (0)
提供:nan-net

佳穂はアパートに帰るとデスクの上のパソコンを立ち上げる。バッグからビデオカメラを取り出し、カードを抜き出した。パソコンがスタンバイされるまでの時間がもどかしい。
チュニック替わりのロングシャツにスキニーを重ねていた。スキニーを脱ぐ。脱ぐ際に足に擦れる感触が心地よかった。
パソコンがカードを読み込む。やがてディスプレイに再生され始めた動画。紺のプリーツスカートが揺れている。その奥にちらちらのぞく白いショーツ。
大学からの帰途、乗り換え駅の階段で佳穂が盗撮した画像だった。セーラー服のあどけない少女、ハイソックスにローファー。ショーツが柔らかくお尻を包んでいる。
佳穂はベッドに腰掛け、ディスプレイを見つめながらロングシャツのフロントボタンの間から、自身のショーツ越しにいじり始める。
あんっ。
声が出てしまう。女性なのに愛らしい女子高生のパンチラ画像を見て、自慰をしている。堪らず声まで漏らしている。なんて恥ずかしいことなんだろう。そう思うとよけいに欲情するのだった。一人暮らしを始めたのをいいことに、毎日可愛い女の子を「オカズ」に自慰をしている。こうして盗撮までしている。
クッションを脚の間に挟み込み擦り付けた。頭の芯が気持ち良さに痺れる。この女子高生も自慰をしているのだろう。きっと同じ学園の生徒を思ってこうして何かに擦り付けている。愛らしい女子生徒の制服姿に欲情している。そして自身を弄っているのだ。真面目そうな白いショーツ越しに。
上品なセーラー服の美少女にだって性欲はある。欲望は同じ学園に通う同性に向けられている。
去年まで高校生だった佳穂自身がそうだった。


les  美少女同性愛欲、1

[PR] http://haruonovels2.blog.fc2.com/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (0)
提供:nan-net

佳穂はアパートに帰るとデスクの上のパソコンを立ち上げる。バッグからビデオカメラを取り出し、カードを抜き出した。パソコンがスタンバイされるまでの時間がもどかしい。
チュニック替わりのロングシャツにスキニーを重ねていた。スキニーを脱ぐ。脱ぐ際に足に擦れる感触が心地よかった。
パソコンがカードを読み込む。やがてディスプレイに再生され始めた動画。紺のプリーツスカートが揺れている。その奥にちらちらのぞく白いショーツ。
大学からの帰途、乗り換え駅の階段で佳穂が盗撮した画像だった。セーラー服のあどけない少女、ハイソックスにローファー。ショーツが柔らかくお尻を包んでいる。
佳穂はベッドに腰掛け、ディスプレイを見つめながらロングシャツのフロントボタンの間から、自身のショーツ越しにいじり始める。
あんっ。
声が出てしまう。女性なのに愛らしい女子高生のパンチラ画像を見て、自慰をしている。堪らず声まで漏らしている。なんて恥ずかしいことなんだろう。そう思うとよけいに欲情するのだった。一人暮らしを始めたのをいいことに、毎日可愛い女の子を「オカズ」に自慰をしている。こうして盗撮までしている。
クッションを脚の間に挟み込み擦り付けた。頭の芯が気持ち良さに痺れる。この女子高生も自慰をしているのだろう。きっと同じ学園の生徒を思ってこうして何かに擦り付けている。愛らしい女子生徒の制服姿に欲情している。そして自身を弄っているのだ。真面目そうな白いショーツ越しに。
上品なセーラー服の美少女にだって性欲はある。欲望は同じ学園に通う同性に向けられている。
去年まで高校生だった佳穂自身がそうだった。


les  美少女同性愛欲、1

[PR] http://www.hime-r.com/rank/ranklink.cgi?id=mzone
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (0)
提供:nan-net

佳穂はアパートに帰るとデスクの上のパソコンを立ち上げる。バッグからビデオカメラを取り出し、カードを抜き出した。パソコンがスタンバイされるまでの時間がもどかしい。
チュニック替わりのロングシャツにスキニーを重ねていた。スキニーを脱ぐ。脱ぐ際に足に擦れる感触が心地よかった。
パソコンがカードを読み込む。やがてディスプレイに再生され始めた動画。紺のプリーツスカートが揺れている。その奥にちらちらのぞく白いショーツ。
大学からの帰途、乗り換え駅の階段で佳穂が盗撮した画像だった。セーラー服のあどけない少女、ハイソックスにローファー。ショーツが柔らかくお尻を包んでいる。
佳穂はベッドに腰掛け、ディスプレイを見つめながらロングシャツのフロントボタンの間から、自身のショーツ越しにいじり始める。
あんっ。
声が出てしまう。女性なのに愛らしい女子高生のパンチラ画像を見て、自慰をしている。堪らず声まで漏らしている。なんて恥ずかしいことなんだろう。そう思うとよけいに欲情するのだった。一人暮らしを始めたのをいいことに、毎日可愛い女の子を「オカズ」に自慰をしている。こうして盗撮までしている。
クッションを脚の間に挟み込み擦り付けた。頭の芯が気持ち良さに痺れる。この女子高生も自慰をしているのだろう。きっと同じ学園の生徒を思ってこうして何かに擦り付けている。愛らしい女子生徒の制服姿に欲情している。そして自身を弄っているのだ。真面目そうな白いショーツ越しに。
上品なセーラー服の美少女にだって性欲はある。欲望は同じ学園に通う同性に向けられている。
去年まで高校生だった佳穂自身がそうだった。


les  美少女同性愛欲、1

[PR] http://haruonovels2.blog.fc2.com/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (0)
提供:nan-net

佳穂はアパートに帰るとデスクの上のパソコンを立ち上げる。バッグからビデオカメラを取り出し、カードを抜き出した。パソコンがスタンバイされるまでの時間がもどかしい。
チュニック替わりのロングシャツにスキニーを重ねていた。スキニーを脱ぐ。脱ぐ際に足に擦れる感触が心地よかった。
パソコンがカードを読み込む。やがてディスプレイに再生され始めた動画。紺のプリーツスカートが揺れている。その奥にちらちらのぞく白いショーツ。
大学からの帰途、乗り換え駅の階段で佳穂が盗撮した画像だった。セーラー服のあどけない少女、ハイソックスにローファー。ショーツが柔らかくお尻を包んでいる。
佳穂はベッドに腰掛け、ディスプレイを見つめながらロングシャツのフロントボタンの間から、自身のショーツ越しにいじり始める。
あんっ。
声が出てしまう。女性なのに愛らしい女子高生のパンチラ画像を見て、自慰をしている。堪らず声まで漏らしている。なんて恥ずかしいことなんだろう。そう思うとよけいに欲情するのだった。一人暮らしを始めたのをいいことに、毎日可愛い女の子を「オカズ」に自慰をしている。こうして盗撮までしている。
クッションを脚の間に挟み込み擦り付けた。頭の芯が気持ち良さに痺れる。この女子高生も自慰をしているのだろう。きっと同じ学園の生徒を思ってこうして何かに擦り付けている。愛らしい女子生徒の制服姿に欲情している。そして自身を弄っているのだ。真面目そうな白いショーツ越しに。
上品なセーラー服の美少女にだって性欲はある。欲望は同じ学園に通う同性に向けられている。
去年まで高校生だった佳穂自身がそうだった。

« 前のページ次のページ »

官能小説セレクション©ナンネット All Rights Reserved.