官能小説セレクション 官能小説投稿サイト 官能小説セレクション スマートフォンページへ


掲載作品について

サイト内の文章等の無断転載は禁止しております。
作品の転載、掲載、取材等をご希望の場合は必ずご一報ください。

les  美少女同性愛欲、6

[PR] http://luv.kir.jp/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (4)
提供:nan-net

家に帰って佳穂は有花が話したことを思い返した。
「うちの大学にも、メンバーは何人もいるよ」
本当だろうか。上品な女子大で通っている母校に、Hなパーティーなども催すレズビアンサークルのメンバーがいるというのだ。
有花はサークルの、大学生担当の窓口なのだと語った。大学生の入会には有花が対応するのだと。また、大学生限定のイベントを企画、運営することもしばしばだと。
「イベントでカップルになる子も多いのよ。過激なイベントでは、催しの最中にいろいろ始まっちゃったりね」
有花が悪戯っぽく笑う。
「ごめん、さっきの質問に答えるわ。私が好きなのは、若い女の子。大学生なのに幼さが残る女の子なんて大好きなの」
あなたみたいにね、とでも言うように有花は佳穂の身体を視線で撫でた。
別れ際に有花は自分のスマホを佳穂に示した。体の線を浮き出させるワンピースを着けた、少女の写真が写っている。
「この子知ってる?」
佳穂は知っている。キャンパスで見かけることがある。長い黒髪が印象的な、小柄だがメリハリのある体の学生。
「知ってるのね。この子がオナニーするところ、見たい?」
えっ。
佳穂は沈黙で答えるしかなかった。
「こんな綺麗な子が、女性アイドルのグラビア見ながらオナニーするところ見たい? 私は見たことあるわよ」
「アイドルって、誰‥」
「本谷志帆」
本谷志帆はもちろん知っている。人気アイドルグループの一員。まだ高校生ではなかったか。
「この綺麗な子が、しまいに本谷志帆のショーツを穿いてオナニーし始めるの。この子変態だからいつもそう」
佳穂はふと思う。目の前の有花が穿いている下着も本谷志帆のものなのではないのか。
「この綺麗な子が脱いだショーツをありがたがる女の子もいるわ。だいたいアラサーの子ね。わかるわ、若い変態レズ女子大生が脱ぎ捨てた下着だもの、争ってでもものにして自分で穿きたいわよね」


les  美少女同性愛欲、5

[PR] http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm?820
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (2)
提供:nan-net

頭がじんと痺れる感覚がした。可愛い女の子同士が愛し合ったりオナニーしたりするのを目の当たりにしながらオナニーする、それは佳穂がしばしば願う状況だった。
夕方の授業が休講になり、早めの時間に大学から帰宅することがある。帰りの電車はまだ空いている。そんなとき、可愛い女の子を車内で探してしまう。見つけると正面に座った。そしてその美少女にだけ見えるように恥ずかしいことをするのだ。最初はスカートの奥が相手に見えるような姿勢をとる。半分くらいの相手は、意識してちらちら佳穂のスカートの奥を見てくる。
反応を確信すると、スカートの裾から指先を滑り込ませる。短いスカートのときには爪先でショーツ越しに刺激する。長めのスカートのときには太ももに指先を挟んで内ももをねとねととこすり合わせている。
正面の美少女はたいてい顔を紅潮させながら、佳穂から目をそらせなくなってしまう。自分でもミニスカートの中に指先を差し入れていじり始める子もいた。
佳穂自身も被害に遭うことをあった。がらがらに空いている電車なのに、同年代の女性がぴったり隣に座ってきたこともあった。耳元で「可愛い」と囁かれる。そこそこ綺麗な女性なのでまんざらでもなく、そのままでいると、太ももをさわっ、とひと触りされた。それがあまりに気持ち良くて、佳穂は甘い吐息を漏らした。
「地味で真面目そうなのに、エッチなのね」
女性は言った。
実際、佳穂は地味だ。まだ東京の華やかさに追いつけないところがある。髪も地毛の黒い色で、おとなしいセミロングのまま。服も紺や茶色といったトラッドな色、スタンダードなスタイルのものしか着る勇気がない。下着も木綿のプレーンなものしか持っていない。
佳穂自身も、地味めの少女に惹かれる。メガネをかけた真面目そうな女子高生が駅のホームで友人と別れ、一人になった姿を最近見かけた。女子高生はスカートのウエストを折り始めた。ひざを隠していた制服のスカートが、膝上丈になった。
(ミニスカ制服で、歳上女性の気を引くつもり?)
そう考えると佳穂は突き上げられるように欲情したのだった。


les  美少女同性愛欲、4

[PR] http://ranks1.apserver.net/share/in.php?u=kokuhaku&id=mzone
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (4)
提供:nan-net

有花が短い髪をかきあげる。有花の歳は三十前後だろう。彫りが深く色白で、学生の間ではハーフだろうかと噂されていた。
「パンチラなんて、見ません」
図星の問いを佳穂は向きになって否定した。
「へーえ、そうなの」
有花はからかう口調で続ける。
「私は女の子のパンチラ大好きよ。大学でも、階段でミニスカの子がいると屈んじゃう」
楽しそうにそう言う。
「今穿いてるのはね、昨日デートした大学生と交換したショーツなの」
大学の教師でありながら、この人は何を言っているのだろう。思いながらも、佳穂はまた有花のスカートの奥に視線を送ってしまう。
「男とも女の人ともエッチしたことない、可愛い女の子とデートしたの。お願いして下着交換してもらっちゃった」
有花は大げさに脚を組み替えた。。スカートの奥でショーツが捩れるのが佳穂にも見えた。
「佳穂ちゃんは可愛い女の子のショーツを穿いたことある?」
ストレートに訊かれて佳穂は答えられなかった。顔が火照るのだけがわかる。
高校生のとき合唱部の合宿で盗んだ下級生のショーツをたまに穿いて自慰をしてしまう、などとは、さすがに言えなかった。
ふふ、と有花が笑った。
「いいわ。その顔つきで大体わかったから」
有花のショーツに沁みができているのを佳穂は認めた。
「佳穂ちゃんが好きそうな女の子、うちのサークルにはいっぱいいるわよ。可愛い女の子と佳穂ちゃんと、ショーツを交換する機会もセッティングしてあげる。それから、可愛い女の子たちが愛し合ったりオナニーしたりするのを見ながら、佳穂ちゃんがオナニーできるようなシチュエーションも用意してあげる」


les  美少女同性愛欲、3

[PR] http://www.adultangel.com/search/in.php?id=mzone
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (2)
提供:nan-net

大学生になった今、佳穂がしているのも似たようなことだ。電車の中で触ったりはしないが、駅の階段で盗撮している。
キャンパスでも。佳穂が通っているのは女子大だ。ミッション系の名門で、綺麗な女の子が多い。同じ一年生で何人か、お気に入りの子がいる。お気に入りの子をキャンパスで見つけて、目で追っているうち欲情してしまい、トイレで自慰をすることもあった。
9月になって街で中高生の制服姿を再び見るようになり、愛らしさに我慢できずに、たとえば新宿のビル内のトイレでも自慰をしたりした。
快楽に耽りながら不安になることもある。同性への欲望を誰にも話せない孤独を感じる。LGBTサークルというものがあると知って、検索してみたら、たくさんあることがわかった。佳穂が興味を持ったのは、「高校生から社会人まで、広い年齢層で交流しています」と謳っているサークルのホームページだった。コンタクトページから連絡したところ、返信がすぐに来た。
吉祥寺のカフェで待ち合わせた。顔を見た瞬間、佳穂は、あっ、と声を上げそうになった。待ち合わせの目印のバッグを持って現れたのは、佳穂が大学でフランス語の授業を受けている女性講師だったのだ。ショートヘアに銀色っぽいグレーのワンピースを着けている。
「こうやって会えて嬉しい」
フランス語講師の有花が言う。カフェの深いソファに深々と座った有花のスカートの奥が見えてしまう。純白の小さな三角形。有花は続けた。
「佳穂ちゃんのこと、ずっと可愛いと思ってたの。何回も、佳穂ちゃんのこと思ってオナニーしたんだよ。佳穂ちゃんみたいな可愛い女の子が同性が好きだなんて奇跡みたいに嬉しい。どんな女の子が好き?」
有花は佳穂に問いかけながら太ももをもぞもぞこすり合わせている。
「年下の、アイドル系の女の子が好きなんです。‥先生はどういう子が好きですか?」
答えながら佳穂は気づいた。佳穂が腰を下ろしているソファも深々としていて、有花からスカートの奥が見えている。佳穂は慌ててスカートの裾を引き下ろした。それを見て有花が笑い混じりに言う。
「可愛いのね。年下のアイドル系の女の子のパンチラ見て、興奮しているのね」


les  美少女同性愛欲、2

[PR] http://www.syakouba.com/0721/?id=01357&sid=fg5AsYB2
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (1)
提供:nan-net

佳穂が三月まで通っていたのは、地方では名の通った女子校だ。一貫校で、中学から六年間通った。指導が厳しかったので、他校の男子との恋愛など考えられなかった。その分女子生徒同士の恋愛には教師たちも寛容だった。今思えば、異性交遊からの問題を起こされるより、女生徒同士で済ませてほしいという学校の思惑もあったのだろう。教師の中にさえ、レズビアンで生徒をそのような目で見ていると噂される者もいた。
佳穂は上級生に人気があった。校内でも明らかに性的な好奇の目で見てくる上級生がいた。自宅に美少女タレントの際どいグラビアが匿名の誰かから郵送されてきたことさえあった。
しかし佳穂自身は、愛らしい下級生に関心があった。
合唱部に所属していたのだが、一学年下のある生徒に特に興味を持っていた。ポニーテールが似合う丸顔の生徒だった。その下級生が高校一年、佳穂が高校二年の夏合宿。隙を見て佳穂は下級生のバッグからショーツを盗み出した。我慢できなかったのだ。水色の小さなショーツ。それを今も大切に持っている。
佳穂は身長も平均で、顔立ちがアイドルっぽかったので、街を歩いていても大人の女性にしばしば声をかけられた。メールアドレスを書いた紙片を渡されたりもした。
通学には女性専用車両を使っていたが、触ってくる大人の女性がいるのだ。不思議と、男性にもてそうな女性が多かった。最初はそっと手を握ってくる。そのうち大胆になって、制服のスカートの上からショーツをなぞってきたりするのだ。


les  美少女同性愛欲、1

[PR] http://luv.kir.jp/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (1)
提供:nan-net

佳穂はアパートに帰るとデスクの上のパソコンを立ち上げる。バッグからビデオカメラを取り出し、カードを抜き出した。パソコンがスタンバイされるまでの時間がもどかしい。
チュニック替わりのロングシャツにスキニーを重ねていた。スキニーを脱ぐ。脱ぐ際に足に擦れる感触が心地よかった。
パソコンがカードを読み込む。やがてディスプレイに再生され始めた動画。紺のプリーツスカートが揺れている。その奥にちらちらのぞく白いショーツ。
大学からの帰途、乗り換え駅の階段で佳穂が盗撮した画像だった。セーラー服のあどけない少女、ハイソックスにローファー。ショーツが柔らかくお尻を包んでいる。
佳穂はベッドに腰掛け、ディスプレイを見つめながらロングシャツのフロントボタンの間から、自身のショーツ越しにいじり始める。
あんっ。
声が出てしまう。女性なのに愛らしい女子高生のパンチラ画像を見て、自慰をしている。堪らず声まで漏らしている。なんて恥ずかしいことなんだろう。そう思うとよけいに欲情するのだった。一人暮らしを始めたのをいいことに、毎日可愛い女の子を「オカズ」に自慰をしている。こうして盗撮までしている。
クッションを脚の間に挟み込み擦り付けた。頭の芯が気持ち良さに痺れる。この女子高生も自慰をしているのだろう。きっと同じ学園の生徒を思ってこうして何かに擦り付けている。愛らしい女子生徒の制服姿に欲情している。そして自身を弄っているのだ。真面目そうな白いショーツ越しに。
上品なセーラー服の美少女にだって性欲はある。欲望は同じ学園に通う同性に向けられている。
去年まで高校生だった佳穂自身がそうだった。

次のページ »

官能小説セレクション©ナンネット All Rights Reserved.