官能小説セレクション 官能小説投稿サイト 官能小説セレクション スマートフォンページへ


掲載作品について

サイト内の文章等の無断転載は禁止しております。
作品の転載、掲載、取材等をご希望の場合は必ずご一報ください。

inc  息子の嫁⑤

[PR] http://www.syakouba.com/0721/?id=01357&sid=fg5AsYB2
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (13)
提供:nan-net

原木インターで降り、松戸のファミレスで食事をし、4号線を北上し我家に着いたのは23時を過ぎていた。
家内が、お風呂早く準備しないと〜
息子は、俺、朝シャワーでいいや。
(私は、どんな時でもお風呂無しの寝床など考えられない。結局風呂に入らずに寝たのは、既に夢の中の孫娘と息子だった)
お父さん、お風呂沸きましたよ〜
(1人でゆっくり湯槽で脚を伸ばす。身体の筋肉が解れて行くのがわかる。自分の中心で湯で温まり血色が良くなり赤黒くなった魔羅がプカプカ揺れている。あ〜、このチンポを香奈子さんが咥えてくれたんだ。香奈子、美味しかったかい?
お前はおしゃぶり上手だな! おっお〜、そんなにしてくれなくても…
湯に浸かりながらまたしても香奈子さんのことを考えしまう。いかん、後がつかえてる。早く風呂から出ねば。)
風呂から上がると皆に、先に寝ることを告げた。

翌朝、9時に起床した。
遅い朝食と早い昼食を纏めた食事を取った。
今日は子供達が其々、帰る日だ。
娘達は東京駅発の新幹線は昼過ぎの便だった。
それに間に合うように、近くの駅まで車で送った。
家内が貴方達は夕飯食べて行きなさいよと、息子と香奈子さんに言っていた。
G.Wの最終日、初夏を、思わせる気候に喉がビールを欲しがる。夕方5時から晩酌をした。
夕飯を終えると香奈子さんが家内と息子に気づかれないように私の所へきた。
お義父さん、スマホお持ちでしたよね〜。
ラインやられてますか?
あ〜入ってるよ!
携帯貸して下さいと言って、私と香奈子さんのスマホをカシャカシャ振っていた。
お義父さん、此れからはラインでお互い連絡しましょう!
会って下さる日の連絡待ってます。
そう言って息子と帰って言った。

私が行動に出たのは其れから一週間後だった。
ラインで香奈子さんに初めてメッセージを送った。
(こんにちは、香奈子さん、最終週の火曜日に会えないか?と、すると、嬉しい、お義父さん早く会いたいです。と返信がきた。)
家内には、申し訳ないが嘘を吐いて外出をした。
会社勤めしてたOB達と久々に食事だと言って。
待ち合わせは、其々の中間地で埼玉県内の大きな駅にした。此処ならお互いに知り合いに会うことも無いかと、其れより雑踏に紛れわからないかと。もっと単純な理由は駅裏に如何わしいホテルが数軒あるのを知っていたからだ。
12時に改札口を出て待ち合わせ。
平日でも人が多く、辺りを見渡してると香奈子さんがお義父さんと私を見つけてやってきた。
何て言う服なんだか?私には表現しにくいがとても清楚かつ色っぽい。
お義父さん、お昼食べに?
あ〜、私が何回か行ったことのあるイタリアンに!
えっ、お義父さん、お洒落です。
早く行きましょう〜。
駅から数分のビルの中にあるイタリアンで久しぶりの食事に私は注文しすぎ食べすぎた。
香奈子さんがクスクス笑ってる。
どうしたんだ?
お義父さん、子供みたいに夢中で頬張って可愛いなと思って。
辺りを見ると満席だったシートは空きがちらほらと、時計に目をやると1時半を過ぎていた。
香奈子さん、そろそろ出るかい?
あっ、ハイ…
私の言葉が何を意味してるのか解った香奈子さんは、一瞬にしてスイッチが入り温順しくなった。
会計を済ませ、店を出る。路地を曲がり奥へ進むとホテルが点在している。駅に近いだけあり、如何わしいホテルが点在しているのに関わらず老若男女が歩いてる。香奈子さんは黙り私の後をついてくる。
正直、どの、ホテルでも良かった。だが、年寄りの私には、英語表記のド派手なネオンのホテルは入るのを躊躇った。その中に漢字表記のホテルがあり、私は迷わず足を止めずに入った。
空き室の案内板に、ランプが点灯しており、103 201 305が、空き室だった。私は305を選んだ。部屋のドアを開けると純和室で畳ベッドだった。
部屋に入るなり直ぐさま抱き締めた。
香奈子さん、会いたかったよ。
いけないことと解っていても、もう会いたくて仕方なかった。
お義父さん、私もです。
そう言いながら服の上から抱きしめる。
お義父さん、香奈子って呼び捨てにして下さい。
さんは他人行儀で嫌なんです。
あぁ、解った。
私は抱きしめ合いながらも、ベルトを緩めてボタンを外すとストンとズボンが床に落ちる。
香奈子さんの服を脱がせに掛かるも容易にはいかずスカートを捲し立てパンティの上からお尻を揉みしだいた。
そして私の指は1番触れたかった…中心部に指を這わせた。
驚いたことにパンティが既に酷く湿りを帯びていた。
香奈子?
パンティが凄く濡れてるぞ〜
…だって。
だってなんだい?
お義父さんに会えると思ったら…
儂に会えて嬉し泣きしたのか?
お義父さん、意地悪な質問しないで〜
意地悪なんかしとらんよ。
教えてくれ、儂にちゃんと。
もお〜、お義父さんのこと好きだからです。
好きな人となら誰だってこうなると思います。
香奈子は本当に儂が好きなのか?
好きでなければ、お義父さんの家であんなことしません…
あっつ。
(私は色々投げ掛けながらもパンティの上からグリグリ指を摩っていたのを生地の脇から指を直接潜らせた)
イヤ〜 駄目、お義父さん…
おっ、凄い濡れてるじゃないか!
ほれ、指が入っていくぞー。
ずにゅ…にゅっぽっ、にゅちゅ。
あっ、あ〜ん、お義父さん、駄目〜
香奈子は、脚をがくがくさせながら、腰を落としてしまった。
気持ち良くて立ってられんかったか?
私の問い掛けに応えず肩で息をしている香奈子。
すると香奈子は私の股間に手を添えてきた。
香奈子の柔らかい手がまだ、目覚めていない海鼠をパンツの上から揉み始めた。
私は恥ずかしかった。昨夜風呂に入ってから小便を3回している。なるだけ滲みをつけないようにしても汚れるものだ。膝まづいて私の股間を見て優しく愛撫してくる香奈子。黄ばみや匂いを知られたら、2度目はないだろうと。
香奈子、お前に嫌われるの嫌だから、風呂入ろうか…
嫌われるってどう言うことですか?
ホレ、加齢臭とか…
お義父さん、全然、臭くありませんよ!
逆に私には心地よいです。
本当か?
次の瞬間、パンツの上からパクリと萎びている海鼠を咥えてきた。
残尿を含んだ白いブリーフの上から咥えた香奈子。私が妄想した行為が今、現実となった瞬間だった。


inc  狂女

[PR] http://www.syakouba.com/0721/?id=01357&sid=fg5AsYB2
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (9)
提供:nan-net

夜も更け、いよいよ四人で風呂に入った。入浴では女たちが同性それぞれを意識しているのが面白い。すでにお互いの裸身を充分に見ている筈なのに、風呂場という、親密さを増す狭い空間に居るので改めて気恥ずかしさを感じるのだろう。道子は乳合わせをさせられた記憶が生々しく甦って、ほぼ同年代の母さんを警戒しているし、美奈はこの歳になって母親と風呂に入るのが少々照れくさい上に、息子と男女関係になっている中年女を馴染めずにいる。母さんは、世代が同じ道子にやはり親近感を抱いている一方、娘の若々しい体や肌に羨望と嫉妬の目を時々向けるのだった。                                  最初は三人とどうしようか迷った末、先ず僕と美奈が一緒に湯に浸かり、そ!
間母さんと道子がスポンジでお互いに相手の体を洗う事にさせた。それを聞いて道子は戸惑ったものの、母さんは、「命令ですよ」と朗らかに言ってボディソープの泡をスポンジに三、四回吹き掛けた。道子は尚もためらっていてから渋々ボディソープを母さんから受け取り、もう一つのスポンジに吹き掛けた。


inc  狂女

[PR] http://haruonovels2.blog.fc2.com/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (10)
提供:nan-net

セーターにズボンという格好になってから女たちを並べて立たせ、先ず母さんの性器をティッシュで拭ってやった。「ありがとうございます」次の道子も性器を綺麗にされると先輩に倣って、「ありがとうございます」と礼を言い、美奈は「ありがとうございます、ご主人様」と照れて感謝する。「パンティは交換してやるな」道子が着用していた黒のパンティを母さんに履かせ、白い方を道子に履かせた。母さんは苦笑していても、道子は嫌な顔を隠さない。「仲間だからいいだろう?」「・・・・・」「女同士よ」母さんは笑顔で道子に言った。美奈には元の金色パンティを履かせた。「すみません」少しずつ謙虚さが身に付いて来たようだ。「手錠を外してやる」ようやく母娘は手が自由になって安堵した。ただ、ブラジャー!
着けさせずに元のシャツを着せて行った。まるで着せ替え人形のようだ。スカートも履かせてやった。「トイレはいいか?」「行きたいです」母さんの返事に対して道子は、「行きます・・・」と小声で答えた。美奈は笑みを浮かべて黙っている。あの辱めが今でも尾を引いているのだろう。母さんから行かせた。                                                    すっかり夜になり、女たちに夕飯の支度をさせた。美奈は料理が苦手らしく、二人にあれこれ指図されており、母さんから、「雄一様に喜んでもらえなくては駄目」とたしなめられた。「この子ったら、家じゃほとんど手伝わなかったので・・・」道子が苦笑しても母さんは、「今日からはご主人様の事!
を第一に考えるのよ。あの方の幸せが私たち!
幸せなんだから」と心得を肝に銘じさせる。今すぐには納得出来なくてもその内に心底思えるだろう。                                     僕が居間で座卓に向かって食べている間、三奴隷はその横で正座をして控えている。仮に気まぐれを起こしてフェラチオを命令したら素直に従わなくてはならないし、四つん這いで尻をこちらに突き出させる命令も下せる。言わば僕の意のままに動くのが性奴隷というものだ。今回は母さんがお局様となって道子・美奈母娘を躾けていると言ったところだ。                                                         女たちの夕飯は僕が終えてからにさせた。母娘は、昼食では後ろ!
手に手錠を掛けられたまま食べ物を口に直接入れられていたのに今はまともな格好で食べられるので良しとは言え、僕と母さんが傍に居るので寛げない様子だ。しかし、性奴隷としてハーレムの中で自然に振る舞える日は近いに違いない。たった半日でマゾ化され、従順になっているからだ。                                                                          


inc  狂女

[PR] http://haruonovels2.blog.fc2.com/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (7)
提供:nan-net

気持ち悪くも甘いレズ行為に続くおぞましい光景に道子は顔を歪めている。離婚するまで普通の性生活を送って来ただろうのに、たった一日で、マゾ奴隷化されたばかりか元夫による娘への凌辱、レズ、母子相姦と相次いで異常な経験をして頭が混乱しているに違いなく、その女と美奈を左右に立たせ、指で同時にまんこ攻めをしてやった。二人は背を反らせてよがった。「あああ・・・あっ、あっ、あっ、あっ、あっ・・・・・」「あん・・あん・・あん・・あん・・あん・・・・」「はああん、はああん、はああん、はああん・・・・・」三匹のメスは並んで背を向けて快感に溺れ続けた。                                                         やがて、そ!
ぞれまんこから夥しい淫汁を迸らせてメスどもは相次いで昇天して行った。僕も芳江の膣に熱い精液をぶちまけて満ち足り、へなへなと絨毯の上に崩れる三人を見下ろした後、ソファに掛けた。何気無く窓から外を見たら、すでに薄暗くなっている。雪は降っていない。今夜はこの三人と風呂にも入って過ごす事になるのだ・・・。                                                                            


inc  狂女

[PR] http://haruka.saiin.net/~adultnovelsearch/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (10)
提供:nan-net

溜まっていたせいであっという間に昇天し、「はあああ・・・・・・」と深い溜め息を吐いた。犯された格好の美奈は巨棒に串刺しにされたまま目を閉じて僕の腕の中でじっとしていた。射精しても肉棒の勢いはほとんど衰えず、しばらくして又律動を始めた。「ああ・・・」獲物の顔を陰湿に笑って眺めながらゆっくり犯す。それに煽られて母さんも道子も一人で悶えていたが、やがて母さんは耐えられなくなって道子に向かい、「私たちも・・・」と乳房を合わせようとした。「ちょっと・・・」道子が顔を顰めて後ずさりしても、「いいじゃないの」と言って強引に乳房を合わせた。「・・・・・」「した事無いの?」同性を妖しい目で見ながら上半身を擦り合わせている。「ありません・・・」「いいわよお」「・・・・・!
嫌がっていても火の点いた体は無反応ではいられず、やがて、「ああ・・・・ああ・・・・」と道子の口から甘く悩ましい声が洩れ出した。二人は共に手錠を掛けられているので抱き合う事は出来ず、母さんの巧みなリードで色っぽく女同士の世界に浸った。それは若い女同士からは得られない、爛熟から腐敗に差し掛かった女体の放つ色気、いや毒気だ。二人は興奮が高まって行くに連れ秘丘も擦っており、僕の時々の視線を感じていない様子だ。                                   美奈と繫がったまま面白半分に母さんのまんこに指を数本突っ込んだら、「ああああ・・・・・」と顔を天井に向けて快感の声を高らかに上げ、そのよがりに道子がとろんとしたあだっぽい目を同性に向け!
た。「お前は誰の物だ?」「雄一様の物です!
う・・・・・あああ・・・」恍惚となっている母親をにやにや笑って見ていた後、灼熱の巨棒を抜いて後ろから母親のまんこに容赦無くぶち込んだ。「おおおおお!」メスは同性の存在も忘れて叫びを放った。もう一匹のメスはすぐ前でいきなり母子相姦を見せられて目を大きく見開き、顔を硬直させたまま視線を逸らせずにいた。「大きい!大きい!死ぬうううっ!」芳江の片脚を持ち上げてピストン運動を続けている間、セックスを中断された美奈が悶えている。道子の方は背を向けたところを、「こっちを見ろ」と言われて再び顔を向け、そいつを見ながら悠然とピストンし続けた。「あああ、あなたあああ!」


inc  息子の嫁④

[PR] http://www.hime-r.com/rank/ranklink.cgi?id=mzone
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (9)
提供:nan-net

簡単に朝食を済ませた。私が食卓についた時は皆は食べ終える頃だった。4年落ちのアルファードが満員御礼で快調に高速を飛ばす。流石に排気量が大きいだけあるが、いつもは家内と2人なので車体も重ければハンドリングやブレーキングも異なっている。私が若干寝坊したが、昼前になんとか、鴨川シーワールドに入れた。孫娘は大ハシャギ。私の手をグイグイ引っ張り先を急ごうとする。イルカのショーはやはり見応えがあった。
2時間余り遊び後にし、ランチは海と言えば魚、で地魚を味わえる回転寿司にした。鴨川市にはカッパ寿司と回転寿司にしては値がはる、地場の回転寿司やがあり、こちらが鴨川シーワールドに近く、お昼を過ぎた事もあって待ち時間も少しで入れた。(美味い、どれもこれも美味い。回転寿司にしては値がはるが納得させられた)
鴨川有料道路を北上しマザー牧場に到着。夕方まで僅かだったが沢山の動物を目にして孫娘は奇声をあげて喜んでいる。外してはいけないのが牧場と言えばアイスクリームだ!家族7人全員、ソフトクリームを頬張る。私はバニラだが、孫娘は中々決められずにいて、結局はシンプルなのが1番美味しいと言い、皆でバニラ。
美味い、美味いな、あーちゃん。
うん、ジィジ美味しいね!
車に戻ると、娘の旦那が、お義父さん、運転代わりますよと言ってきたが次の瞬間、息子が俺がするよと言い出した。
お前、車持ってなくて運転大丈夫か?
はぁ〜毎日、営業車乗ってますけど!
ん〜なら十分安全運転で頼むぞ、大勢乗っていて車も違い1人の運転とは違うからな!
わかってるよ!
じゃ母さん、我々は後ろ席に移ろうか…
その時だった。孫娘が、バァバと一緒に座ると言い出した。
う〜と、したら…2列目か3列目に孫娘を挟みながらの選択だった。
すると、娘の旦那がお義父さんには、ゆっくり座って貰った方が良い。朝から運転して下さったのだからと!
(流石に商社に勤める男は気の使い方が違う!
息子とは比べ物にならないと思ってしまった。)
じゃ、父さん、1番後ろでいいよ、後は好きに座ってくれるか?(だが、これが家族を悩ませた。
空いてるシートは助手席と2列目と3列目の儂の隣。孫娘が家内と座るには2列目になると…?)
娘が運転席に座った弟に本当に大丈夫?
シツコイな姉貴まで、親父に似て!!
(娘の家ではランドクルーザーを所有していた。娘の旦那もサンデードライバーだったが、娘は常日頃から孫娘の送り迎えや買い物に運転していたからだ)
だったら姉貴がしろよ!
あたし、大きい車は慣れてるけど、正直好きでないし、こんなに大勢は無理…
(息子も娘の旦那には運転をさせたくないプライドは誰もがわかっていた)
あたし、隣に乗るわ!
姉貴?
そう、心配だからエスコートしてあげる。
なんか、文句でもあるの!!
お、お願いします。
(結局、余計疲れた気がしたが、2列目に家内と孫娘とパパが座り、3列目に儂と香奈子さんが座った。)
車が走り出すと、息子が沈黙の運転をしている。
あんた大丈夫?と娘(姉)の問いかけに、やっぱり重い。緊張するわ〜と言った。流石、V6だけどハンドルとスピードが追いつかない感じがすると言った。
おい、カーブや交差点進入はオーバーステアになるから注意しろと、3列目から声を飛ばす。途中ノロノロ運転もあったが、いざ館山道に入る。V6のエンジンが一生懸命回転しているのが本線に合流するのに加速してるのがわかる。順調に北上し、市原SAまであと少し、マザー牧場を出発してから約1時間が経とうとしていた。娘がトイレどうする?と助手席から振り返り問いかける。皆はまだ大丈夫だった。心配なのは孫娘。たがいつの間にか寝ていた。
起こすのも可哀想だ。
皆んなで幕張でいいじゃないか?と…
市原SAをスルーすると途端に混んでくる、高速から見える夜の闇が明るくなってきた。京葉工業地帯や住宅地の明かりが一気に拡がった途端、貝塚まで渋滞との情報。
貝塚まで10キロはあろうか?
息子と娘がフロントシートからため息をはいた。
私は渋滞のノロノロ運転に眠気が襲い、つい耐えられず、おい、父さん少し寝さして貰うから十分頼んだぞと2人に頼み眠りに入った。
40分ばかり寝ただろうか?
股間に痛みを感じ目を覚ました。
疲れ魔羅か…移動中の車内で寝ても体には疲労は蓄積されるだけ。
目がドライアイなのか、中々開けられない。
やっと開き、前方を見ると赤いテールランプが連なっていた。
そして疲れ魔羅かと思い、股間に目を落とすと、香奈子さんが触っていた。
私はびっくりして、香奈子さんを見ると、香奈子さんはにこっと微笑んだ。
(声は出せない。出せば起きたことになる。声を出せば、皆が振り向くだろう。だが、股間は見えないか?など色々な事が起きたばかりの脳を悩ませる。)
声に出せない分、体の反応が大きく感じた。
ユニクロのベージュのチノパンの上から揉んでくるしなやかな香奈子さんの手により、ビクンと跳ねる暴れ棒。その反応に更に強く揉む香奈子。
私は思わず腰をずらし頭を深くシートに預けた。
すると香奈子さんは、私のチャックに手をやり、下ろしていく。私の手が香奈子の手を止めるも香奈子さんの左手が其れを跳ね除ける。
(本気か?この女。可愛い顔して魔性の女だと思った。深夜の出来事を思い出していた。そのことも踏まえても魔性だと…そう考えてると、いつの間にか、完全に剛直した魔羅がそびえ立っていた。)
香奈子さんの柔らかい手が私の魔羅を扱く。
白魚の様な手のひらに高炉から出た鉄の様な褐色の魔羅を擦り上げる。
(うっづ…声がでそうだ。あー、気持ちが良い。
あっ、何でこんなに… いきそうなくらい気持ち良い。だがいくわけにいかない。ココは車内で匂いで暴露る。そう思った瞬間、娘の声に我にかえる)
もう少しで幕張よ〜。
その声に、香奈子さんは扱くのをヤメた。
私は剛直してる魔羅をズボンにしまった。
トイレ休憩の為に車を降りる。
(この時ばかりにブリーフで安心した。
トランクスだと勃起が暴露ると思った。)
直ぐに治ると思った勃起が中々止まずトイレにきた。小便すれば治るだろうと思ったが便器に向かい、この魔羅を出す訳にいかない!20時のトイレに人はいなかったが、息子や娘の旦那をすり抜け奥の便器に陣取り、ちんぽを引っ張りだした。
勢い良く、小便が放物線を描く、2人は用を足し終えトイレを離れて行く。尿を出し始めた剛直は次第に芯がなくなり、半勃ちになってきた。ふっ〜と息を吐くと2人と私の中間に入ってきた、息子より若干若そうな青年が用を足しながら此方を見ている様だった。
(不味い、気づかれたか? 変態ジイさんと思われたか?)
私は萎えかけてるチンポの雫を切りながら、彼を見た。これ以上見るなとの警告の意味でだった。
驚いた、彼は小便しているのでは無く、便器から少し離れ、私のを見ながら自分のを扱いていた。
綺麗な色をしたチンポがギンギンに硬直しているのがわかった。それを私に見せている。
私の心臓が早くなり恐怖を感じた。
(サラリーマン時代にもホモだかゲイだかにチンポをトイレで覗き見された事がある。新宿駅と上野駅のトイレでだ。私が50歳になる前だった。
新宿駅のトイレで若かりし頃の藤井フミヤの独特な簾の様な前髪をした男の子が先にトイレに居てギンギンのチンポを皆に披露していた。私は度肝を抜かれたが、用を足しにくる人は慣れているのか全く相手にせず用を足し出て行く。私も勇気を出して小便してると彼は近づいてきて、おじさんのチンポデカイねと声をかけてきた。もう小便所で無く、雫も切れず慌てトイレを出た。おかげでパンツは残尿で濡れた。上野駅ではサラリーマンの男に覗かれた。)
こんな経験はあるものの、夜の他に誰もいないトイレでは免疫が多少あるだろうが怖かった。
急いで雫を切ってると、お父さん、チンポ立派ですね!と言ってきた。
(立派と言われることに、女性に言われるよりも同性に言われるほうが嬉しい。自慢だからだ!
だが彼は自分のを扱き完全に硬直させながら、私に言っている。彼は私を獲物として言っているのだ!)
私は無言を貫いた。
雫を切るのに、5回扱きを、素早く2度繰り返す。歳を取ると切れが悪くなる。別に見せびらかしてる訳でも誘ってる訳でもない。本来ならもっと時間をかけて雫を切るのが私のスタイルだ。
急いでチンポを終おうとした時、彼がお父さん、しゃぶらせてと言ってきた。
ビックリしすぎて何も言えなかった。
すると外から痰を吐く音をしながらトラックドライバーが入ってきた。
(助かった。ありがとうトラックドライバー!)
私は小走りでトイレを出た。トラックドライバーのチンポでもしゃぶってろと思いながら。)
車に行くと皆いた。
親父、遅いよ〜
あ〜スマンスマン。
シートに座ると香奈子さんがニヒルな笑みをこぼした。
(香奈子さんはきっと個室で私が処理していて遅くなったと思ってるのだろう!違うぞ、と目で訴えたが目の奥が、お義父さん可愛いと言っている。)まあ、別にそう思われても良い。私の魔羅はあの男の物でもなく、香奈子の物だからと自分に言い聞かせながら、いつ香奈子さんを抱けるだろうと考えながら高速から幕張新都心の夜景を眺めていた。

« 前のページ次のページ »

官能小説セレクション©ナンネット All Rights Reserved.