官能小説セレクション 官能小説投稿サイト 官能小説セレクション スマートフォンページへ


掲載作品について

サイト内の文章等の無断転載は禁止しております。
作品の転載、掲載、取材等をご希望の場合は必ずご一報ください。

gir  初のブルートレインでの九州旅行で出会った年上の女子中学生と の初体験

[PR] http://haruonovels2.blog.fc2.com/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (2)
提供:nan-net

今は昔、自分が中学2年生の夏休みに経験した甘酸っぱい出来事をここに語らせて下さい。

北海道在住の自分は子供の頃、大の鉄道ファンで、鉄道見学をしたり、プラレールやスーパーレールなどの玩具で遊んだり、鉄道関連の書籍を読んだり、写真を撮影したりしていた。

その流れは以下の通りだ。

幼稚園時代…幼稚園の帰りによく、近くのセメント工場の引き込み線の踏切で貨物列車の入れ換えに狂喜していて、踏切警手のおじさんたちの名物にもなっていた。

小学校時代…鉄道大百科と時刻表がバイブルで、巷では「ブルートレインブーム」が巻き起こり、石立鉄男主演のテレビドラマ『鉄道公安官』にもハマって、ブルートレインの疾走するシーンに感動し、また、タカラのボードゲーム『日本特急旅行ゲーム』に夢中になり、参加しなかったが当時流行った鉄道旅行イベント『いい旅チャレンジ20000キロ』にも胸を踊らせてその最高峰とでも言うべき、牽引機関車の直流仕様EF65型・1000番台機がヘッドマークを輝かせる東京発九州行きのブルートレインに乗りたいと喚いていた。

小学校高学年~中学校時代…鉄道写真の撮影に熱中していた自分は引き続き必死で「ブルートレインに乗せてくれ!!」と懇願しまくって、両親もその熱意に折れたのか、ようやくO.Kしてくれた。

その頃はブルートレインブームも下火になって久しく、自分は既に中学2年生になっていたが、長年の憧れだったトップクラスの寝台特急に乗って反対側の西日本に行ける時がきたのだ!

やったぜ♪

北海道外の他都府県では初の特急列車、しかも生まれて初めての長距離の一人旅である。

そのブルートレインは当時、東京から西鹿児島までの日本最長距離を走破する24系25形客車の『はやぶさ』で、自分の行き先は遠戚のいる熊本。

1学期の終業式を終えた翌日、8年振りに飛行機に乗り、羽田に向かって夕方、生まれて初めて東京駅で自分の目でそのブルートレインにお目にかかった。

数年前のブルートレインブームの頃と全く変わらない姿が嬉かった。

自分の座席はB寝台車の2段ベッドだ。

そして、お話はここからになる。

早速ホームで待機するそれらのブルートレインたち(先発の『さくら』、自分の乗る『はやぶさ』、後発の『みずほ』)を写真に収めて自分の座席に戻ると、相方の乗客がいた。

大人びた感じの綺麗な女性だ。

馴れ馴れしい自分はすかさず彼女に挨拶をして簡単に自己紹介をした。

「はじめまして!〇〇(名前)と言います!北海道の函館から来ました。よろしく!」

彼女も微笑んでハキハキとした口調で「わぁ、遠くから来たんですねぇ…。あたしは東京の〇〇美奈子です!こちらこそよろしく!北海道かぁ~…。函館って夜景が綺麗よね~!行ってみたいなぁ~。」

聞いてみると、見かけによらず彼女は何と自分より1つ年上の中学3年生だと言う(ハッキリ言って、女子大生かOL さんかと思った)。

落ち着いた感じの仕草の、学校では水泳部で副キャプテンをやってるらしく、キリリと細く切れた眼で背の高い体育会系のガッチリした体型でボーイッシュなショートのヘアスタイルだ。

自分「どちらまで行かれるんですか?俺は熊本までです…。」

美奈子ちゃん「あら、これまた偶然ですねぇ。あたしも熊本までなんです。おひとりですか?」

自分「はい!美奈子さんもですの?」

美奈子ちゃん「ええ…。熊本からスタートして、鹿児島とか宮崎とか九州を半分くらい旅行する予定なんです。」

話しているうちに発車のベルがホームに鳴り響き、やがてドアが閉まって16時45分、「ピポーッ!」という警笛とともに『はやぶさ』は九州へ向けて出発進行!

自分はもうワクワク気分だ。

尚、彼女も非常に嬉しいことに自分と同じく旅行の好きな鉄道ファン(今でいう「鉄子」ってヤツか?=笑)で、彼女もブルートレインは今回が初めてだそうだ。

「鉄道・友の会」なるサークルに所属してるようで、自分が何気にふっかけた「鉄道クイズ」に全問正解した彼女が鉄道ファンになった理由は幼少期に、叔母さんに読んでもらった童話『きかんしゃやえもん』がお気に入りだったり、道路を走る不思議な蒸気機関車の冒険ドラマ『走れ!ケー100』などの影響からだという。

彼女はそのケー100の主題歌を何気なく口ずさみ、オレは喜んで拍手をした!

かくいう自分も幼少期はこのやえもんやケー100が好きであった。

彼女は北海道内のローカル線の名称とその起点と終点の駅名までをも全部知ってるほどだからこりゃ凄い!

また、彼女の部屋にはD52型蒸気機関車の写真のパネル時計が飾ってあるそうで、1976年3月の蒸気機関車廃止の際 には泣いたという。

誕生日のプレゼントには友人から高価なNゲージセットを頂いたほどだそうだ。

「北海道の函館ならわざわざここまでしなくても、ブルートレインは海渡ってすぐに『ゆうづる』とか『あけぼの』とかの方が近いっしょ?『日本海』もあるし…。」と不思議そうに美奈子ちゃんが尋ねると「ところがオレはこの一番話題性のある九州行きに乗りたくて乗りたくて…。九州に行きたいのもありましてね…。14系の『みずほ』よりはこの24系25形の『はやぶさ』の方が豪華ですし。」と今回この『はやぶさ』に乗車するに至った動機を話すと、「なるほどね~…。凄い!鉄道通(ツウ)なんだねぇ~。」と感心していた。

間もなく、車内放送が流れ、自分の聞いたことの無いメロディを耳にして不思議がると美奈子ちゃんは「このチャイム知ってる?『ハイケンスのセレナーデ』って言うのよ。」と説明してくれた。

自分「ハイケンスのセレナーデ…?へぇ~、そうなんですかぁ?詳しいんですね!」

美奈子ちゃん「あたしね、小さい頃ピアノ習ってて、発表会でこれ弾いたの…。」

彼女は一時期、ピアニストを目指したこともあったそうだ。

車窓から見える普段地元ではお目にかかれない青い直流電気機関車やカラフルな湘南電車などを見て感激する自分に「よっぽど嬉しいんだね…。そっか、北海道ってディーゼル(機関車)なんだよね?」と問いかけた。

「はい、田舎なもんで電気機関車は赤い交流のがせいぜい札幌の周りに走ってるくらいで、後はみんな気動車かディーゼル機関車なんですよ。」(この頃はまだ国鉄の分割民営化前で、青函トンネルも開通していなかった。)

「もう、敬語はいいよ(笑)ざっくばらんに話しなよ。あたしのこと


gir  異能エッチ【一藤八嶋の場合】

[PR] http://luv.kir.jp/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (2)
提供:nan-net

いつもと変わらない朝だと思ってた。目覚ましの音が響き、時計に手を伸ばす。…が、いつものところにない。ベルだけがうるさく響き渡る。
「あー、うるさいなぁ!」
布団から起き上がりあたりを見回す。
…は?
俺は目を疑った。目覚まし時計が浮いている…?
「いや、おかしいだろ…。」
目覚まし時計を捕まえてベルを止める。机に置くと浮かばなくなった。
「俺はまだ夢を見ているのか?」
幸い、今日は学校が休みだから午後から部活だ。もう一回寝ようか。
そう思い布団に目をやった。布団が浮いた。
「…は…はは…おかしいな…。」
寝起きだが頭の回転は速かった。どうやら俺は変な力を手に入れたらしい。
「見て念じた物を浮遊させる力か…。」
俺は布団から意識を離して机の上のペンに目をやる。
「浮け!」
ペンが浮く。
「回れ!」
思った通り右に回った。なるほど、そういうことも出来るのか。
その時、俺の頭をよぎったのはズルい考え。バレー部で活躍できるぞということだった。
キュ!キュキュ!!
体育館にバレーシューズの音が響く。
「どうした、一藤!今日はやけにスパイクが決まるじゃないか!」
「ぐ、偶然です!」
監督が上機嫌に言う。そりゃ浮かせて移動させてるからな。
「このまま行けば来年のエースは間違いねえぞ!」
「ありがとうございます!俺、もう少し自主練して帰ります!」

俺は自主練、という名の異能力でのバレーを練習していた。
「もうそろそろ帰るか…。」
「八嶋くん!今帰るとこ?」
俺は声のする方に目を向けた。安保有稀だった。
「安保か。ビックリした。」
「ビックリってヒドイな!ねえ、今日のスパイク凄くない!?ニュルン、って!」
安保は女子バレー部で隣のコートで練習している。身長は女子なのに175cmもある。美人だしスタイルがいいが、胸がないのを気にしているらしい。細身でスラっとして綺麗だと思うが。
「そりゃな、日々の練習の賜物よ!
「私にも今度教えてよ!」
着替えた安保が制服姿で近付いてくる。少し汗の匂いがする。
「ん、別にいいけど…」そう言って俺は思いついた。
「俺の言うことを聞いてくれたらね。」
安保が怪訝な顔をする。
「言うこと?」
「ちょっと黙ってて」
安保に視線を向ける。浮け!
「わ!わ、え!?ちょっと何これ!?」
安保の細身な身体が宙に浮く。
「八嶋君!?これどういうこと!?」
「いいから。」
安保の身体を回す。プリーツスカートがひっくり返り白いパンツが露わになる。
「いや、やめて!!どういうつもりなの!?」
安保が必死にスカートを抑える。前は隠れても後ろが丸見えなのが愛らしい。
安保の身体をそのまま俺に近づける。
「俺はこういうことが出来るんだ。凄いだろ!?」
「これでスパイクもやってたんだ。見損なったよ…」
安保の一言が俺を傷付けた。徹底的にやってやる。
「安保、お前の身体の支配権はお前にないんだ、分かってるだろ?」


gir  初めてのTバックの食い込みに濡れた私、[65]

[PR] http://luv.kir.jp/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (0)
提供:nan-net

[義理の親子に低周波のマッサージ器の振動で濡れた茜お姉さん、その3]

そして生チンポを見せ付けるだけでは物足りないのか、義理の父の彰久さんは私の頬にシースルーのパンツ越しに擦り浸けながら私を辱しめる様に言いました。

『ほらぁ……茜ぇ……お前が欲しくて堪らないモノって………此の硬く勃起した生チンポの事だろうがぁ……?! なぁ……茜ぇ……?! ほらぁ……欲しいなら欲しいと言って観ろよぉ………茜ぇ……?!』

『アア…ン……欲しい……欲しいですぅ……、彰久さんのぉ……生チンポがぁ……、欲しい……、彰久さん
……、貴方の生チンポを淹れてぇ……‼ お願いしますぅ……生チンポを淹れてぇ……‼』

『茜ぇ……中々正直に為って来たじゃないかぁ……
……?! でも、未だ生チンポは御預けだぁ……!
その替わり、茜が愛用して居るディルドで我慢するんだなぁ……‼ ほらぁ……茜ぇ……ディルドを淹れて遣るから、もっと両脚を開きなさい……、

と義理の父の彰久さんにそう言われた私は羞じらいも無く、両脚を左右に大きく開き、ディルドを挿入されるのを只管待っていました。すると義理の父の彰久さんはゆっくりと狭いクロッチの横からディルドを軽く宛がい、先端を挿入して行き、そしてゆっくりと律動を加えて私を辱しめていました。でも私は恥も外聞も無く、沸き上がる様な快感に何度も下半身をビクン、ビクンと痙攣させながら悩ましく喘いで居たのでした。毅君は毅君で私の勃起した乳首に硬く勃起した生チンポの先端を何度も擦り浸けて居る様でした。そしてその擦り浸けた生チンポの先端を私の唇の中に無理矢理押し込んでフェラを強要していました。私は上の唇で毅君の生チンポを舌と唇で濃厚なフェラをしながら、下の唇で愛用のディルドで何度も律!
されながら悦楽の波間に薙がされ続けているしか有りませんでした。すると私の下半身が無意識にベッドの上でビクン、ビクンと激しく痙攣して何度も潮を噴いてシーツの上を濡らしていました。

『アアアア……彰久さん……もう駄目ぇ……ディルドの先端がぁ……茜の秘園の奥に………能ってるのぉ…
……………、アア…ン……ハァ…ン……ハァ…凄い……凄い
……其処がぁ……凄い気持ちいいですぅ……! アア……彰久さん……もっとしてぇ……‼』

と言ってその沸き上がる様な快感に私は思わず濃厚なフェラを途中で罷めて感窮まった声で喘いでいました。すると毅君が又、私の唇の中に無理矢理に生チンポを淹れて濃厚なフェラを強要して居る様でした。私は眉間に皺を寄せながら夢中で毅君の生チンポをフェラで気持ち良くして挙げて居るのでした。そして彰久さんも相変わらず私の秘園の奥を愛用のディルドで何度も律動させたり、擦り浸けたりして私を辱しめていました。軈て、私の下半身が無意識にベッドの上でビクン、ビクンと痙攣した後、強烈な快感に思わずアクメに達してしまった様でした
。その後、彰久さんがディルドをゆっくりと引き抜くと私の秘園の奥から夥しい程の愛液が溢れ出し、私の股間の辺りをビチョビチョに濡らして居る様でした。すると義理の父の彰久さんがそのビチョビチョの股間に顔を埋めて濃厚なクンニをしながら愛液の味を堪能していました


gir  初めてのTバックの食い込みに濡れた私、[64]

[PR] http://www.hime-r.com/rank/ranklink.cgi?id=mzone
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (0)
提供:nan-net

[義理の親子に低周波のマッサージ器の振動で濡れた茜お姉さん、その2]

『アア……ン……厭だぁ……スマホのカメラで撮影しないでぇ……! アア……彰久さん……お願い……低周波のマッサージ器の振動を……今直ぐにでも……停めてってばぁ……、 お願い……停めてぇ…停めてってばぁ……‼』

『茜ぇ……良い眺めだねぇ……、茜の白いTバックのクロッチがビチョビチョでぇ……お前の秘園がヒクヒクしてるぞぉ……‼ この淫乱娘の茜めぇ
、ほらぁ……もっと気持ち良くして挙げるからねぇ……茜ぇ……‼』

と言って彰久さんは私の低周波のマッサージ器の振動で敏感に為ったクリトリスと乳首に媚薬クリームを少量塗り浸けて居る様でした。そうで無くても低周波のマッサージ器のパッドの振動で敏感に為ったクリトリスと乳首に媚薬クリームを塗り浸けられた私は暫くするとベッドの上で沸き上がる様な快感に何度も半泣きに為りながら悩ましく喘いで居るしか有りませんでした。

『アァァァァ………厭ぁぁぁぁ……厭ぁ……媚薬クリームは………罷めてぇ………、お願い……駄目ぇ…駄目ぇ……茜は……もう駄目ぇぇぇ………低周波のマッサージ器だけでもぉ……お願い……停めてぇぇぇ……、

と言って私は身体をビクン、ビクンと激しく痙攣させながらベッドの上で必死で二人の義理の親子に低周波のマッサージ器の振動を停める様に懇願し続けていました。でも二人の義理の親子は私を無視して相変わらず私の悶え喘ぐ淫らな姿をスマホのカメラで撮影し続けている様でした。そして彰久さんは私を嘲笑うかの様に私の敏感に為ったクリトリスと乳首に指先を這わせながら言いました。

『茜ぇ……お前のクリと乳首が媚薬クリームの効き目で………ほらぁ……こんなに硬く充血してるぞぉ………! ほらぁ……茜ぇ……クリと乳首が気持ちいいんだろぉ………?! どうなんだぁ……なぁ……茜ぇ………?!』

『アァァァァ……厭だぁぁぁ……本当にもう無理ぃ
………、アア…ン……駄目ぇ…駄目ぇ…本当にもう駄目だったらぁ……! お願い……彰久さん……低周波のマッサージ器の振動を停めてぇ……! もう凝れ以上されたらぁ……茜は欲しく為っちゃうからぁ……駄目ぇぇぇ………!』

『茜ぇ……欲しく為っちゃうって……一帯何が欲しく為っちゃうのか………御父さんに言って観なさい…………、ンン……茜ぇ……?!』

『……………………………、』

『ほらぁ……茜ぇ……正直に御父さんに言わないと
……低周波のマッサージ器の振動を停めて遣らないけど、逸れでもいいのかなぁ……なぁ……茜ぇ……
………?!』

『…………………、』

『そうかぁ……茜ぇ……飽くまでも御父さんに逆らうんだなぁ……?! 茜ぇ……?! じゃあ、仕方ないなぁ……茜ぇ……、逸れなら候して遣るからなぁ……茜ぇ………!』

と言って彰久さんは私の敏感に為ったクリトリスと乳首に貼られた黒いパッドの振動を更に強くして居る様でした。その沸き上がる様な快感に私の身体は無意識にベッドの上でビクン、ビクンと激しく痙攣させながら白いTバックパンティーのクロッチを夥しい愛液で濡らしていました。そして何故か二人の義理の親子は私の眼の前で着て居た洋服とズボンを脱ぎ始め、シースルーのパンツ一丁に為って私に業と硬く勃起した生チンポを見せ付けて居る様でした。


gir  初めてのTバックの食い込みに濡れた私、[63]

[PR] http://luv.kir.jp/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (0)
提供:nan-net

[義理の親子に低周波のマッサージ器で一日中
放置されて濡れる茜お姉さん…、その1]

『アア……罷めてぇ……彰久さんもぉ……毅君もぉ…
……お願い……Tバックパンティーをそんなに食い込ませないでぇ……、アア……ン……駄目……駄目ぇ…
……駄目だったらぁ……‼』

『ほらぁ……茜ぇ……Tバックが食い込む度に低周波のパッドがクリを挟み込み………沸き上がる様な快感で……Tバックパンティーのクロッチがビチョビチョに為ってるぞぉ……‼ 茜ぇ…?!』

『嫌ぁぁぁぁ……、そんな破廉恥な事を言わないでぇ…………! アア……恥ずかしい………、』

と言って私は羞じらいながらもベッドの上で大胆に両脚を開き、悩ましく下半身を捩らせながら嫌々と喘いでいました。でも二人の私に対する辱しめは未々、続く様で再び両手首にピンクのファー付きの手錠でベッドに拘束されて一日中、低周波のマッサージ器で何度もアクメに達する迄放置されていました。そして二人は私を部屋に置き去りにして部屋から何処かに出掛けて行ったみたいでした。独り部屋に置き去りにされた私は羞じらいも無く、悩ましい喘ぎ声で喘いで居るしか有りませんでした。

『アア…ン……彰久さん……?! 毅ィ…?! 二人供ぉ…居ないのぉ……?! お願い……低周波のマッサージ器を…………停めてぇ……! ねぇ……お願い……低周波のマッサージ器を停めてぇ……‼』

と言って私は虚しく喘ぎながら必死で低周波のマッサージ器を停めて欲しいと叫び続けましたが部屋の中には誰も居なくて私の虚しい喘ぎ声だけが部屋中に響き渡って居る様でした。
逸れでも低周波のマッサージ器のパッドに伝わる振動に私は虚しく喘ぎながら必死で沸き上がる様な快感に耐え続けていました。でも低周波のマッサージ器のパッドに伝わる振動が私の敏感なクリトリスを挟み込み、終る事の無い辱しめに私はベッドの上に夥しい程の潮を噴いてシーツを濡らしていました。私がベッドの上に潮を噴く度に白いTバックパンティーのクロッチがビチョビチョに濡れ、秘園に食い込み沸き上がる様な快感に何度もアクメに達していました。

『アア……もう駄目ぇ……誰かぁ……低周波のマッサージ器の振動を停めて……下さい……、アア……彰久さん……お願い……停めてよぉ……‼』

と言って私は身体をビクン、ビクンと痙攣させながらベッドの上で必死で彰久さんと毅君の名を呼び続けているしか有りませんでした。
すると2時間程、経った頃、彰久さんと毅君が私の部屋に帰宅して来たみたいでした。私は恥も外聞も無く、彰久さんと毅君に低周波のマッサージ器の振動を今直ぐにでも停める様に懇願していましたが、二人は私を無視して悶え喘ぐ私の淫らな姿をスマホのカメラで撮影して居るばかりでした。


gir  初めてのTバックの食い込みに濡れた私、[62]

[PR] http://haruonovels2.blog.fc2.com/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (2)
提供:nan-net

[茜お姉さん、ラブホから朝帰りしたら義理の父が………、その7]

毅君は私がベッドの上で義理の父の彰久さんに立ちバックの体勢でスパンキングされながら生チンポで嵌められて悩ましく喘いで居る惨めな姿を見詰めながら私に言いました。

『茜お姉さん、御父さんにスパンキングされながら悩ましく喘いでて、中々良い眺めだねぇ……
、白いTバックパンティーもこんなに食い込ませてぇ……茜お姉さんは本当に淫らな義理のお姉さんですよねぇ………?! 逸れにボクらだけでこの淫らな姿を堪能するのはとても勿体無いから、
スマホのカメラで動画を撮影してもいいですかぁ……茜お姉さん………?!』

『アア…ン……駄目ぇぇぇ……‼ 毅君……、駄目だからねぇ………、そんな事したらぁ……茜お姉ちゃんは絶対……赦さないからねぇ……‼』

『毅ィ……構わないから、茜お姉さんの淫らな姿をスマホのカメラで撮影して挙げなさい……!』

『じゃあ、御父さんのお言葉に甘えて……、茜お姉さんの淫らな姿をスマホのカメラで撮影させて頂きます。』

『アア……駄目ぇぇぇ……‼ 駄目だったらぁ……!
毅ィ……駄目って言ってるでしょう……?! ねぇ
……茜お姉ちゃんを凝れ以上苛めないでよぉ…!』

と言って私は半泣きに為りながら必死で抵抗していましたが、毅君は中々スマホのカメラで撮影を罷め様としませんでした。逸れ処か、私の秘園に挿入された彰久さんの生チンポが秘園の奥を出し淹れして居る様子を至近距離で撮影して居る様でした。そして毅君のスマホのカメラが私の悩ましい身体を嘗める様に這い廻り、私の悩ましく喘いで居る横顔を至近距離で撮影していました。私は恥ずかしさと惨めさで顔を横に俯きながら必死で抵抗していました。軈てその私の惨めな顔に毅君の硬く勃起した生チンポでパチン、パチンと軽く叩き浸けられて半開きの口許に挿入されていました。私は恥ずかしさと屈辱感に苛まれながら義理の弟の生チンポを舌と唇で濃厚なフェラをしながら義理の父の彰久さんに立ちバックの体勢で何!
も生チンポで貫かれていました。そして私は全身をビクン、ビクンと痙攣させながら上の唇と下の唇にも篤い白濁汁を凝れでもかと言う位にぶちまけられて立ちバックのまま、放心状態でアクメに達していました。すると義理の父の彰久さんが私の秘園から硬く勃起した生チンポを引き抜くと白濁汁が秘園の奥から夥しい程、ダラダラと溢れて薙がれ堕ちて行きました。私はベッドの上にそのまま、倒れ込み、二人にもう赦してと懇願していましたが、二人は未だ中々私を赦してくれませんでした。逸ればかりか、私の身体を散々辱しめる積りなのか、今度は私の両太腿とその付根とたわわな両乳房に低周波のマッサージ用の黒いパッドを貼り浸け、マッサージ器の本体の強弱のツマミを焦らす様に廻したり、停めたりしてスイッチ!
を押して居る様でした。そして毅君は二つの!
いパッドを私の白いTバックパンティーの中に入れて敏感なクリトリスを挟み込む様に貼り浸けていました。すると彰久さんが行きなり低周波のマッサージ器の本体のツマミを廻して居る様で私はその沸き上がる様な快感に何度も白いTバックパンティーのクロッチを濡らして居るしか有りませんでした。そして二人は私の白いTバックパンティーのクロッチを容赦無しに何度もグイグイと上に食い込ませて私を辱しめて居る様でした。

次のページ »

官能小説セレクション©ナンネット All Rights Reserved.