官能小説セレクション 官能小説投稿サイト 官能小説セレクション スマートフォンページへ


掲載作品について

サイト内の文章等の無断転載は禁止しております。
作品の転載、掲載、取材等をご希望の場合は必ずご一報ください。

bl  田舎の中学生 2

[PR] http://ranks1.apserver.net/share/in.php?u=kannoucom&id=mzone
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (3)
提供:nan-net

 (1からのつづき)
 中学校に入学した俺(真太郎)は関西とはいえかなり田舎の中学校に通うことに。小学校では男は自分しかおらず、中学校も同級生は15人でうち男子は5人しかいない。入学した後、この地区の慣わしである【郷土の会】でこの地区独特のなれあわし風習の一部を体験することになった。早速同級生の中での代表である副長(ふくちょう)に選ばれた真太郎は、男長で3年生の一(はじめ)と2年生で自分と同じ副長の康(やすし)に男の儀式を仕込まれた。

 副長の証である赤褌を締めて下の階に降りるとみんな真新しい白い褌を締めていた。そういえば、子供のころ祭があるたびに中学生以上の人たちは赤い褌と白い褌に分かれていたが、ようやくその意味がわかった。真太郎の父親の褌も赤だったので、父も同じだったんだなと思うと少しうれしく思えた。

 「今日は初めて会うものもいるだろうから自己紹介をしてゆく。2年生より上はみんな棹を出してイク前の長さまで見せてやってくれ、1年生も褌をはずして先輩たちの紹介の後自己紹介してもらう、いいな」
と康副長が言って、後から聞いたところでは「顔合わせの儀」という儀式が始まった。

 先輩たちの中で二人、2年生の高志先輩と雄介先輩がまだ毛は生えていなかったが、雄介先輩の棹はもう大人の形すなわち皮がめくれた状態だった。高志先輩は勃起しだしてから少し上のほうから頭が出てきているのがわかった。3年生の9人はもうみんな毛は生えていたが、3人ほどまだ子供の棹のままの人もいた。そしていよいよ1年生の順番だ。1年生は副長から順番に指名された順で先輩たちの言った内容に従って言うことになっていた。

「はじめまして、副長の真太郎です。毛は6年生の夏休みが終わったころから生えてきました。汁は今日初めて出ました。好きなアイドルは〇KBのゆいはんです、この中学校でかわいいと思っているのは同級生の真弓です、副長として・・・」と挨拶が終わると大きな拍手をいただいた。
 次は最も体の小さいチビタこと大介だ。
「はじめまして、大介です。毛も汁もまだです。好きなアイドルはモモクロのあーりんです。この中学校でかわいいと思っているのは・・・えっと、姉ちゃんの緑です!」というと、先輩たちの席から「おまえ、だんちょうのことお兄さんと言わなあかんぞ」という声が飛んだ。1年生がこの言葉の意味を知ることになるのは後のことになるのだが・・・。
 以降、体操が得意で筋肉ムキムキの啓介、背丈は歩けど病弱で色白の智也、そして少しだけ毛の生え始めていた優作の順に紹介していった。

 終わると先輩たちが15人の先輩たちが話し合いを始め、1年生一人につき上級生3人で取り囲み部屋の中のあちらこちらに分散を始めた。俺には男長と康副長そして3年生でもっとも小柄ながら快速ランナーとして知られている匡先輩に囲まれ【親近の儀】と名づけられたことを始めることになった。内容はいたって簡単。先輩たちの棹を優しく扱くものである。そして発射される汁を体で受け止め、一部を口に含みグループ内の兄弟としての儀式を済ませることなのである。

 まずは男長の一先輩からである。最初手でしていると頭を捕まれ「口でしてくれ、飴をなめる感じで良い」と教えられ、5分ほどで俺の口の中に男長の汁が何かの花のようなにおいとともに口いっぱいに広がり失礼にならないようにと一気に飲み込んだ。それがなぜか急に気持ち良いものと感じてしまった俺は、後の先輩たちにも同じようにした。

 儀式の後先輩たちからは「お前素質すごいなぁ」などといわれ、俺がやっているのを見て真似をしたが咽てしまった啓介や大介は「お前初めてじゃないんじゃないの?」と疑われたのだった。

 その日はそれで終わり帰宅し両親に副長に選ばれたことを報告すると顔を見合わせて微笑み喜んでくれた。

以降は内容によってジャンルを変えて登場します。

つづく


bl  田舎の中学生 1

[PR] http://www.adultangel.com/search/in.php?id=mzone
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (3)
提供:nan-net

 新しい学年が始まった。おれたちの住んでいるところは関西だけどけっこう田舎で、小学校も1学年に5人しかいなかったし中学校もそんな田舎のせいか4つ集めても1学年に15人くらいしか集まらない。おれの出た小学校では男は俺だけ。15人のクラスメイトも男子は5人しかいなかった。

 入学式も終え、オリエンテーションの最終日、全学年で「郷土の会」という男女別々の催しが開かれた。これは生徒会主催のこの学校の伝統行事で先生たちは誰も来ない。全員で学校を出て地区に唯一ある温泉の横にある地区会館が男子の会場になっている。5歳上なのでこの場にはいないが従兄弟にはそれとなく事前に内容は聞いていた。ただ、1年生だけで少しこの会の話題になったときにみんなが口に出したのは・・・
「俺、都市の近い世代のチンポを見たことがない」ということだった。
 おれもその従兄弟が中学に入る直前に一緒にここに来たのが最後だったし。

 いよいよ会の始まりだ。会場には3年生が8人、2年生が10人そして俺たち1年生5人だ。
 まず代表のひさお先輩からの挨拶と会の説明からだ。
「1年生のみんな入学おめでとう。この会はこの町のしきたりであることをまず理解してほしい。おれたち中学生は少ない人の中で偶然にも同じときにこの学校で暮らすことになった。3年生も2年生も先輩たちにこうしていただいた。だからこの伝統はずっと続けていきたいと思う。今日から学校を通してみんなで兄弟のように暮らしたいと思う。帰る家は違えどみんな兄弟だ。だからいろんなことで悩んだり困ったことがあれば隠し事をせずにお互いに相談していこうじゃないか。立場的にはみんな平等なんだけど、何か決めたり大人たちと話し合わなきゃならんときや連絡を伝えるときにリーダーがいる。全体を取り仕切る俺のことを【男長=だんちょう】と呼んでくれ。そして各学年ごとにリーダーを決める、それを【副長!
ふくちょう】と呼ぶ。」
 ここまで話し終わると上級生たちはいっせいに着ているものをすべて脱ぎだした。もちろん下も。目の前には大きさ長さ陰毛の量さまざまの先輩たちの「男」が並んだ。すると
「1年生、お前たちも脱げ」といきなり言われた。
 みんなえっという感じでまごついているとそれまで優しく言っていた男長が・・・
「さっさと脱がんかい!」といきなり大声で怒鳴られた。
 全員脱ぎ終わると
「全員一列に並べ、姿勢は気をつけだぞ」と。
 いっせいに先輩たちの目線が俺たちのほうに注がれる。俺たち1年生は恥ずかしく手前を見られないが、それと同時にみんなのチンポが目に入ってきた。1分ほど経っただろうか、男長が・・・
「発表します。新1年の副長は真太郎(俺のこと)おまえに決まった」と。そして・・・
「真太郎と康(2年の副長)は2階に来てくれ、他の者はあれのつけ方の講習でもしておいてくれ」といって、俺は康先輩に連れられて2階に上がった。

 2階に上がると男長の一(はじめ)先輩と康先輩お互いが向かい合う形で立たされた。男長が
「おまえを副長に選んだのはここだ」といきなりチンポをしごかれた。
「真太郎、おまえが5人の中で一番成長していたから選んだんだ。毛もそうだけどチンポの形がほかのやつらと違って大人に近いしな。だからなんだ。おまえには俺や康の後に男長になってもらう、いろいろ責任は課せられるが、男長ならではの特権も与えられる。それをこれから徐々に教えていくからな。ところで真太郎、おまえもうチンポから汁出したことあるのか?」と。
「実は今朝起きたらなんか白いものがべっとりとついていたんですが、あれなんだったのかなと」
「そりゃめでたいな」と先輩たちは声をそろえた。すると男長が
「真太郎脚踏ん張ってじっとしてろ」
と言うなりいきなりチンポをしゃぶられ始め、1分も経たないうちに二人の見ている前で俺は「ふあぁぁぁ」と絶叫しながら白い液体を噴出させてしまった。

 そしてその後「男長・副長の証」である赤い褌の締め方を教えてもらい下に戻った。

(つづく)


bl  元クラスメイトと

[PR] http://www.hime-r.com/rank/ranklink.cgi?id=mzone
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (6)
提供:nan-net

ある日の夜中学までクラスメイトだったAくんが泊まりに来た。
久しぶりの再会。
ご飯を食べた後お風呂に入りジュースを飲みながら話していた。
あっという間に時間が過ぎていき、そろそろ寝ることにした。
布団は1枚しかないので、2人で一緒に寝ることにした。
寝るとは言っても2人ともなかなか寝つけず、ずっと話していた。
いつの間にか静かになった。
お互い顔を向き合わせている。
Aくんは目を瞑っていたので、僕もそろそろ寝ようと思い目を瞑った。
すると、手に当たるものがあった。
Aくんのチンコだった。
勃起していた。
少しエッチな気分になったので、当てたままにしていると、Aくんが僕の手を取りパンツの中に入れた。
僕はAくんの硬いチンコをさすったり、ズボンとパンツを下ろし手コキをした。
完全にエッチな気分になった僕はAくんの上に乗っかり、フェラした。
イキそうになったのか、Aくんのチンコがビクッとなった。
するとAくんが僕を押し倒しパンツを下ろした。
いきなりフェラをされてビクッとなってしまった。
足を持ち上げられアナルまで舐められる。
Aくんの上手さに「はぁはぁ」と声が出てしまう。
我慢できなくなった僕は「ちょっと待って」と言い、部屋に隠していたローションとゴムを取った。
Aくんはローションを僕のアナルに塗り指を挿れてきた。
「あっ」と声が出てしまい、Aくんが指を速く動かし始めた。
「はぁ…あっ」気持ち良くて声が出てしまう。
我慢できなくなり、「挿れて」と言うと、Aくんはゴムをしローションを塗り、僕のアナルにチンコをゆっくり挿れてきた。
「あっ…あん」硬くて太いチンコに声が出た。
段々速く動かしてきて、気持ち良くなった。
Aくんはキスをしてきて、口の中が唾液でいっぱいになり口から出るほど舌を絡ませた。
頭がぼーっとなりならがAくんを抱きしめた。
Aくんが「嫌だ」と言った。
なんの事だろうと思っていたら、チンコを抜きゴムを取った。
それを座って見ていたら、また押し倒してきて、チンコを挿れてきた。
Aくんの生のチンコは温かかった。
「あっ、あっあん」声が出てしまう。
Aくんが「気持ちいい」と言ってくれた。
Aくんの動かすスピードが速くなり僕のチンコに手をやり手コキをしてきた。
さらに感じてしまい「あっあっあん、ダメ」と言ってしまった。
あまりの気持ち良さにイキそうになり「Aくんイキそう。」と言うと、「僕もイキそう」と言ってきた。
手の動きも腰の動きも今までより速くなり、
「あっあっあっイクイクイクっ」
「イクイク」
僕とAくんはビクビクッとなり、僕のアナルの中でAくんのチンコがビクビクッとしていた。
ドピュッドピュッとAくんの熱い精液が入っているのがわかる。
Aくんは僕にぐったりと倒れてきて、
「はぁはぁ気持ち良かった」と言ってくれた。
僕も「Aくん気持ち良かったよ」と言うと軽くキスをした。
挿ったまま少し話しをしていると、Aくんのチンコがまた硬くなってきた。
「Aくん、また硬くなっ…んっ」言おうとした瞬間にキスをしてきた。
静かな部屋の中で、「ちゅぱ、ぴちゃぴちゃ」と舌を絡ませる音が響いた。
Aくんがまた腰を動かしてきた。
その夜はその後3回ほどした。


bl  柿小屋

[PR] http://ranks1.apserver.net/share/in.php?u=kannoucom&id=mzone
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (16)
提供:nan-net

 生まれてから父親の仕事の関係でずっと都会暮らしだった輝(ひかる)が両親のふるさとである都会には近いが街外れの山村に移り住んだのは小学校6年生に上がる年の春だった。幼いころから長期の休みになると来ていたので集落の人たちとも顔見知りで、転居後も地域の子供たちとはすぐに打ち解けた。

 小学校6年生の夏休み前、輝は大人への成長が始まった。前の日の学校のプール学習で偶然見てしまった同級生の女子のおっぱいポロリのシーンがなぜか何度も夢の中に出てきた。するとその日の朝起きると輝のブリーフはこれまでにかいだことのない栗の花によく似た異臭とともにっ少し白っぽい液体がおねしょの如くあふれていた。なんとなく性教育の授業で聴いたあれのことかと思い、父親を洗面所に呼んで聞くとやはりそうだった。すると父親が・・・
「今夜氏神様の<柿小屋>に行くから予定を空けておけ」と。

 夕方、祭りのときにはいている褌に履き替えた。氏神様の<柿小屋>とは柿の木何本に覆われるように建っているからというのは子供に対する教えだったというのはこの日知ることになった。 
小屋に入ると神主さんと親戚の男たちが並んで座っていて、神主さんからこう切り出された。

 「輝、今から男モン(ペニスのこと)話す。お前今朝出たのは<男たね>と言って神様から授かった大事なもんだ。女の<おめんこ>にぶち込むと子供のできることもある大事なもんだ。ただな、人間っていうのは人それぞれで<男たね>を金玉で作ることは調整できないんだな。どうしてもすぐに出したくなる。だけどな、せっかく神様からいただいたありがたいものはできるだけ神様にお返しするのが筋だとこの集落では先祖代々伝わっていてそれを出す場所としてこの<柿小屋>があるんだ。いいか、これからこの集落の中にいるときにたねを出したくなったらここへ来るんだぞ。ここの使い方の詳しいことは歳の近いおまえのいとこの健(たけし)が教えてくれる。それでな、今からお前のたねを神様に奉納せにゃならん!
さぁ、男根(おとこ)出せ。今から神事をするぞ。周りのモンは儀式に従ってしっかり見届けてやれ。輝もこれから他のモンの儀式にも出なきゃならんから今日のことはしっかりと覚えておけよ。」という言葉と同時に、2つ上の健兄ちゃんが輝の褌を取り、自らも褌を取り
「輝、俺の真似してみろ」と言われて、見よう見真似でやっているうち1分もしないうちに献上に使う紙の中に大量に発射してしまった。

 それからという日々、だいたい感覚が空いても2~3日間隔で輝は柿小屋に通うことになった。

 柿小屋には神事を行う部屋と鎮め部屋というのがあった。ふだん「出しに」行く時は神事の部屋の隅に場所があって、いろんな世代の人と話しながら男だねを奉納していた。鎮め部屋はいずれ連れて行ってくれると健兄ちゃんに言われていたが、その日がついにやってきた。輝が神事の先導を務めた同級生の稔(みのる)も連れられて部屋の中に入るとそこには異様な光景が広がっていた。
 自分たちが入る前にそういえば父親と今年20歳になったいとこの勝(まさる)兄ちゃんが連れ立って入っていったのを見たが、その父と勝る兄ちゃんが男同士ペニス全開フル勃起で舐めあい快楽にふけっていた。それを見ているうちに俺も健兄ちゃんも稔も褌が取れる寸前。健兄ちゃんのリードで実るや兄ちゃんとお互いの男根を舐めては発射しの連続。最後は父や勝兄ちゃんたちとも交わった。びっくりしたのは父のペニスのでかさ。いとこたちによると、うちの家計は代々モノがでかいらしく、その中でも父のものは特別らしい。

 後で教えてもらったことだが、ここの集落では性交に関してはおおらかにすることにしているそうな。だから、相手との合意があれば同性はもちろん近親も認められており、自分もこの後弟妹やおじおばとも交わることになったが、このことはいずれまた。


bl  出張のついでに会う事になった人妻さん

[PR] http://ranks1.apserver.net/share/in.php?u=kokuhaku&id=mzone
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (4)
提供:nan-net

以前から、「人妻ニューライフ」で連絡を取り合っていたのがきっかけで
長野県南部に住んでいる23歳の看護師さんと、出張のついでに会う事になりました。
仕事のストレスが多いみたいで

『誰かに凄く甘えたい』

とよくメールで言っていました。
嫌がってましたが、白衣と白いパンストも持ってきてもらう約束でした。
だいぶメールで話をしてたので、15分ほどドライブで緊張を解してから当然のような顔をしてスッとホテルに入りました。
少し緊張がほぐれた状態でお互いシャワーに入り、渋るのを宥めて白衣に着替えて貰ってベッドイン!
嬉しかったのは、ベッドでは外されちゃったけど、普段はあまりしないというナースキャップも持ってきてて、着けて見せてくれた事でした。

「ギュってして」

という約束でしたので、彼女を強く抱き締めて丁寧にキス。
両方の耳を丁寧にツツッーと舐め、息をかけてあげたら彼女は色っぽい吐息を吐き始めました。
僕は頑張って病院でドクターがナースを誘惑してる気分になるよう一所懸命にイメージしましたw
耳の穴の中まで舌を入れて舐めてあげます。


bl  オールナイトの映画館で

[PR] http://haruonovels2.blog.fc2.com/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (4)
提供:nan-net

すっかりおじさまの虜になってしまった私。映画館を出たあとで公園に向かい「ここは覗き屋が多いんだよ。」そう教えられドキドキしながら歩いて今した。時々おじさまにキスされながらお尻を撫でられたり…ベンチで膝枕で寝かされていたら人の気配がして、起き上がろうとしたら「覗き屋が来てるから挑発しちゃおうか」そんなことを言いながら、お尻を愛撫してきたからチンポがまた勃起しちゃったんです。やがて体を起こされショートパンツを脱がされ、下半身丸出しで茂みの中へ連れて行かれたんです。ますます近寄って来た覗き屋が「あのー、この人のお尻を触ってもいいですか?」私が何か言うまえにおじさまが「いいよ。オサワリだけじゃなく叩いたり舐めたりしても大丈夫。映画館では素っ裸でアナルもかき回!
れながら二回も射精したんだから」近くに段ボールが敷いてあったから其処で四つん這いになるように言われて、脚を開いてお尻をつき出す姿勢で待ちました。最初はアナルを舐められチンポを濡らして居たらお尻を軽く叩かれ、その音を聞いたんでしょうか?人の気配が…そこで目隠しをされて仰向けに寝かされました。多分五~六人はいたと思うんですが、見えないからわからなくて

次のページ »

官能小説セレクション©ナンネット All Rights Reserved.