官能小説セレクション 官能小説投稿サイト 官能小説セレクション スマートフォンページへ


掲載作品について

サイト内の文章等の無断転載は禁止しております。
作品の転載、掲載、取材等をご希望の場合は必ずご一報ください。

sm  狂女

[PR] http://luv.kir.jp/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (9)
提供:nan-net

女同士ではどんなに熱く関係しようと子供は実らず、その実を宿すには男の僕にすがるより方法は無いのだ。二人の従順さに僕は、『こいつらは俺に歯向かう気なんか無い』と安心するようになっていた。                                       同性二人の熱烈なまでの声は部屋から洩れ、そっと開けたドアの隙間から何人かの奴隷たちが固唾を飲んでこっちを覗き込んでいた。初めはそれに気付かなかった僕もふと彼女らの方に顔を向けた。「あ、すみません」一人が慌ててドアを閉めたが、「いいぞお、入って来い」という僕の屈託無い声で再び開けられ、麻理を始めとする数人が遠慮がちに寝室に入って来た。皆パンティだけの裸で、中には股間から下ろしたままの者もいる。「!
になったのか?」「はい・・・・」麻理が照れ笑いをして答えた。ライバルたちの出現に由香は恥ずかしくなって尻を下ろしたが、「こら」と僕に尻を平手打ちされて再び高々と突き出した。昭代の方は腕に抱かれてとろんとした目で仲間たちを眺めていた後、「ねえ・・・・」ともどかしそうに呟いた。肉棒を埋め込まれたまま律動してもらえないから当然だろう。「こいつらもやっぱり子供が欲しいんだとよ」「だってえ・・・」由香が甘い声で言う。「私もです」麻理がベッドに上がりたそうにはっきり打ち明けた「そうだったな。上がって来い」「はい。ありがとうございます」麻理は喜んでパンティを脱いで全裸になった。「いいなあ・・・」瑠璃子が羨ましそうに呟き、文枝や友恵も頷いた。友恵と文枝にはそれぞれ高!
校生の娘がいても、僕との間に子が欲しいの!
?                                           ベッドの上に女が三人・・・僕と昭代は繋がったままベッドのやや端に移り、空いた所に麻理が由香に対抗しようとばかりに肘を折った四つん這い姿で尻をこちらに突き出した。「お前、恥ずかしくないのか?」からかう様に訊くと、「負けていられませんもの」と答える。しかし、その顔は赤らんでいる。右に麻理、左に由香という美女がお互いに一歩も譲らず僕の寵愛を求め、真ん中では昭代が悶えている。「皆一緒に孕め」僕は両手で麻理と由香の尻を撫でながら昭代のまんこに快感を再び送り始めた。「あん、あん、あん、あん、あん・・・」昭代のよがり声が一際高く響き、麻理と由香もまんこに指ピストンされるやメスの!
声を派手に放ち、室内は騒がしい程になった。                                

特薦サイト!!
裏本大全集 裏本はもうないのでは?
いえいえこれからは裏ビデオでやってきます!! 裏本大全集
裏本大全集

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

コメントをどうぞ

官能小説セレクション©ナンネット All Rights Reserved.