官能小説セレクション 官能小説投稿サイト 官能小説セレクション スマートフォンページへ


掲載作品について

サイト内の文章等の無断転載は禁止しております。
作品の転載、掲載、取材等をご希望の場合は必ずご一報ください。

wom   家庭教師 洋子 38歳 その2

[PR] http://luv.kir.jp/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (0)
提供:nan-net

洋子は、貴弘のペニスから離れた。

「ぐぽぉっ!」

いやらしい音が洋子の狭い蜜壺から響いた。
彼女は彼のペニスから、シュルっと紐を解くとペロペロと亀頭を舐め始める。

「苦しかったでしょう、 ゴメンねっ、 チュッ!」

と亀頭に優しくキスをした。
そして、椅子に座った彼のペニスに、ファサっとハンカチを掛けて、自分のTバックショーツを履いて彼にチュッとキスをした。

「テスト、 期待しているわよ」

そう洋子は、彼に言い残して帰って行った。
彼は暫くそのままの格好でぐったりとしていた。

彼女の家庭教師の日程は毎週、月水金の3日であった。
貴弘も遊びたい盛りであろうが、いつも決まってその時間には居てくれる。

洋子は美人であった。
スタイルも良い。
程良い大きさのバストは形も良く、張りもあって美しい。
ウエストもくびれ、ヒップもバランスの良い大きさで、いわゆるナイスバディである。
顔は女優の長〇まさみにそっくりで、むしろ細面の分、彼女の方が上かもしれない。

そんな彼女がいまだ独身であった。
理想が高すぎたのかもしれない。
だが、彼女はやっと見つけたのだ。
自分と言うメスを種付けして孕ませてくれるオスを。
彼女は、このチャンスを絶対に逃したくはなかった。

だから彼女は今、エステに通っている。
自分の身体を常に磨いて置いて、愛しい彼に気に入って貰える様に。
彼女にしては稀な乙女心であった。

そして今日は、先日のテスト結果が出る日である。
洋子は意識的に短くしたスカートのグレースーツで、彼の家に行った。
すると、貴弘と彼の母の由貴が笑顔で迎えてくれた。
彼の成績が、グンと上がったと云う。
彼女も喜んだ。
しかし、彼女の喜びは別のところにある。

やっと、愛しい人の種を受け入れる事が出来るのであった。
彼女の心と子宮は震えた。
その大きな喜びにである。

「貴弘さん、 やったね! 先生も嬉しいわ」

と満面の笑みで彼女は彼に言った。
貴弘も嬉しかった。
なによりも洋子に褒められたことが。
彼女に褒められて貰えるなら、幾らでも頑張れると思った。

「先生、僕、次も頑張ります。一生懸命勉強します」

その言葉を聞いた洋子は、胸が少女のようにキュンっとなった。

「あぁ、私はこの子を本当に愛している」
「この子の遺伝子を心から欲している」

と実感した。
後はただ、自らの心に素直に反応して、オスとメスになって子作りの交尾をするだけでよい。
彼女の心は決まった。
何もかも自然に実行するのみである。

「貴弘さん、 私との約束、 覚えてる?」

貴弘「はっ、はい」

「成績が上がったら貴方にして欲しいこと、 あったわよね」

貴弘「はい、 覚えています」

「それって、 どんなこと?」

貴弘「先生と・・・」

「わたしと?」

貴弘「先生と・・・エッチ」

「エッチ、 してくれるの?」

貴弘「はい」

「それから?」

貴弘「それから?」

「そう、 それからどうしたいの?」

貴弘「それから、 それからどうしたい?」

「私にしたいこと、 あったわよね?」

貴弘「先生にしたい、・・・ しゃせい」

「射精? 私に射精したいの?」

貴弘「は、 い」

とうとう言ってくれた。
愛しい人が、私に種付けしたいと。
洋子は嬉しかった。
胸が張り裂けそうだった。
彼女は彼に、チュッと優しくキスをしてこう言った。

「貴弘さん、 ありがとう」
「私もそうして欲しかったの」

洋子の愛の告白である。
彼女はもう、引き返す事はなかった。

          つづく

特薦サイト
萌木ケイの官能小説 萌木ケイの官能小説

名前が変えられるからアナタが主人公に/投稿写真にエロティックな掌編を

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

コメントをどうぞ

官能小説セレクション©ナンネット All Rights Reserved.