官能小説セレクション 官能小説投稿サイト 官能小説セレクション スマートフォンページへ


掲載作品について

サイト内の文章等の無断転載は禁止しております。
作品の転載、掲載、取材等をご希望の場合は必ずご一報ください。

rap  JK美少女_子宮ハンター

[PR] http://haruonovels2.blog.fc2.com/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (2)
提供:nan-net

彼の名は田中宏といった。
無職ではあるが、親から引き継いだ不動産収入はあった。
よって、経済的な余裕はあった。
だが、女にもてなかった。
青春時代に告白した女性からは全て断られ、しかも罵られたりもした。
そんな経緯から、彼のこころには歪んだ性癖が生まれた。
道行く名も知らない美少女の、穢れなき子宮を蹂躙するという。

彼は過去、数々の見合いにも断られた経験がある。
48歳にして、いまだ独身だ。
だが、彼も男である。
オスの本能である種付けをしたかった。
それは風俗であるソープランドに行っても満足は得られない。
そして、彼の脳の一部が壊れた。
彼は無謀な、しかし計画性を持った行動へと暴走して行く。

彼は朝、最寄りの駅へ行くのが日課となった。
そこでお茶を飲んだりしながら暇を潰して、道行く人の中から獲物を探している。

「あの娘だ!」

そこへ数週間前から目をつけているJKが現れたのである。

彼は素知らぬふりで、彼女について行く。
彼女は身長160センチ、B85W58H84といったところか。
アイドルの様な可愛い顔と薄い茶髪のセミロング、制服の上からでも判る見事なプロポーションであった。
制服はセーラー服の超ミニに生足である。
後ろから彼女を追っているだけでも、ペニスの先端からカウパー液が漏れ出してくる。
彼は、この美少女を獲物とする事に決めた。

彼女に付いてゆくと駅の改札を抜けてゆく。
彼も追って駅のホームへと向かった。
時刻は通勤時間帯である。
当然、電車の中は人で、すし詰め状態だ。
彼は不自然に見られぬよう、用心して彼女の後ろをキープする。

今は冬であった。
彼はゆったりとしたコートを着ている。
その左手のポケットには穴が開いていて、彼は早速オナニーを始めた。
おかずは、目の前の彼女とその匂いであった。

彼は顔を平静に保ったまま、周囲に悟られぬよう必死でペニスをしごいている。
ペニスには予めローションを塗って置いたので既にぬるぬるであった。
そして、数分後に彼は射精した。
数日間オナ禁をしていたこともあって、大量の精液が噴き出した。
彼のペニスは精液とローションで、もうドロドロである。
しかし、このドロドロこそが決め手であった。
こうすれば、一瞬の内に彼女のおまんこに挿入出来るのだ。

彼はこの日の為に、血の滲むような特訓をして来た。
高級ラブドールを購入して、一瞬でおまんこに挿入する技術を習得するために。
そして、その努力は今、報われようとしている。
目の前に居る、この超が付く程の美少女のおまんこの膣内で。

後はタイミングを見極めるだけである。

もう少しで、大きな左カーブが差し掛かる。
その時がチャンスだ。
一瞬だけなら彼女に体重を預けても怪しまれない。
もう少しである。
もう少し。

そしていつものカーブに入ると、大きく横Gが掛かった。
電車は横に大きく揺れた。
車内全体の体重が片側に寄りかかる。
その瞬間、彼は周囲に気を配りながらコートの隙間からペニスを露出させた。

と同時に左手で、彼女のミニスカートを必要最小限だけ捲り上げ、右手で可愛いパンティーを引き下げた。
そして、素早くペニスの先端で彼女のお尻のワレメをなぞり、膣口を探り出して、一気に愛しいおまんこを貫いた。

「ぐじゅっるっ!」

という感触と共にペニスの亀頭と子宮口が熱くて淫猥なキスをした。

「うっっ、!!!」

彼女が瞬間的に呻いた。
だが既にもう、その時には全てが終わっていた。

彼のペニスと、その亀頭に塗りたくった精液は、彼女の子宮口の奥に押し込まれた後である。
これから勝手に彼の逞しい精子達が、彼女の卵子を犯しに行くであろう。
彼のペニスは、既におまんこから引き抜かれてコートの中にある。

彼は彼女から離れる際に、サッとパンティーを引き上げてスカートを直し、余韻に浸る間も無く人混みの中に消えて行った。
恐らく彼女は、何があったか分からない内に起きた出来事であったであろう。

彼は満足であった。
これからの朝が楽しみである。
次の獲物を探す楽しみと、毎朝出会う彼女の中で育つ、我が子の観察がである。

特薦サイト!!
裏本大全集 裏本はもうないのでは?
いえいえこれからは裏ビデオでやってきます!! 裏本大全集
裏本大全集

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

コメントをどうぞ

官能小説セレクション©ナンネット All Rights Reserved.