官能小説セレクション 官能小説投稿サイト 官能小説セレクション スマートフォンページへ


掲載作品について

サイト内の文章等の無断転載は禁止しております。
作品の転載、掲載、取材等をご希望の場合は必ずご一報ください。

bl  課長は白ブリーフ4

[PR] http://homepage1.nifty.com/shy/index.htm?820
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (3)
提供:nan-net

スノコの上を歩き、トタン屋根の前に出ると、さっき部屋から見えた露天風呂が見えた。
温泉には1人の老人が浸かっていた。
課長は自分に、年配者がいらっしゃる、温泉マナー弁えろよと小声で言ってきた。
お、温泉マナー?自分は考えてる間に、課長は浴衣を脱いで行く。脱衣籠も無い、このトタン屋根には一枚板が二段になっていて棚みたいになっている。課長はバサッと浴衣を丸め投げる様に置きステテコとブリーフもポイッと置いた。
あっ、見えた! 念願だった課長のチンポが…
ブリーフを脱いだ課長の股間には、ぼろろ〜ん と音でもなりそうな肉塊が現れた。
課長は自分に構うこと無く、先に行った。

お寛ぎの所、失礼します〜と先入者の老人に挨拶をしながら課長は桶に温泉をすくい、股間をワサワサと洗い、肩から掛け湯をした。
自分も後を追う。
課長は温泉の中で大きく脚を広げ目を閉じた。
隣で温泉に浸かってる自分からは、湯の中で揺ら揺ら動く課長のチンポが見える。
デカイ…課長のデカイ。
自分はフケ専。まだ経験は無いものの、チンポのデーターは何本も脳裏に収録されている。
それは、スーパー銭湯に行っては好きなタイプのおじさんを見つけては目に焼き付ける!
この人カッコ良いと思い、股間に目をやるとそこには、仮性だったり、ズル剥けだけど小さく陰毛に隠れてたりしている。
一方、全然タイプで無い、イモ男はデカイ物をぶら下げている。
課長のはコンビニで売っているフランクフルトの様だった。黒々しげる陰毛から一本の矢の如く湯の中で揺れている。
それは対面で温泉に浸かる老人にベクトルを示してる様だった。
自分にとって正に理想とも言えるチンポだった。
亀頭はズル剥けで雁高、余分な包皮は無く平常時でこの竿の長さは十分。
あ〜っ、課長のシャブリたい!
課長のチンポで窒息されたい‼︎と考えてると、自分のが勃ちそうになる。
課長が低い声を出し唸る。
う、うづっ〜と言って湯の中で伸びをして目を開けた。
すると向かいの小泉元首相に似た老人が話かけて来た。失礼ですが?親子でご旅行ですか?
えっ、親子に見えますか?
いや、其れにしては御二方もお若いので、少し気になりまして…
部下ですよ、部下。
あ〜、そうですか。お仕事で、それは失礼しました。ご苦労様です。と老人と課長が何か世間話を
その後もしていたが自分は湯の中で動く大人の熟れたチンポに目が虜だった。
次の瞬間、ふっーつ 熱いなと言って課長が立ち上がった。
さっき見た課長のチンポは浅黒く血色悪い色に見えたが、温泉の効果か亀頭は赤黒く竿は銅褐色だった。自分の横で露天風呂の岩垣に、腰を据える課長。対面の老人からはモロ見えに違いない。
場所を変わりたい…など考えれてると、老人がお先に、上がりますよと立ち上がった。
課長も時間を思い出したかの様に、翔太、俺らも飯だから出ようと言った。
先に上がった老人の後を追い、狭いトタン屋根の下で体を拭く。
課長は大股を開き股間を拭いていた。
ふと老人を見ると白ブリーフを穿いてる所だった。老人に興味が無くても見てしまう自分に少しだけ嫌気を覚えた。
汗がひかなねぇな〜、そう言った課長はメタボの腹に白ブリーフ一枚で腰に手を置き仁王立ちしている。
何なんだ、この白ブリーフのコラボ‼︎
自分は勃起しそうだったのでボクブリを急いで穿いた。
すると老人が若いって良いですな〜
羨ましい。
自分が、言われてると思い見ると自分を通り越し、白ブリーフ一枚で仁王立ちしている課長の背中を眺めていた。
老人の言葉に振り返った課長は自分の事を見て、なっ、若者よ!と言ってきた。
大きく張り出したメタボが緩く揺れてるその下には純白の光を放ちモッコリしている。
その柔らかな木綿の生地には亀頭の型がクッキリ出ていた。
すると老人が、殿方ですよ!と笑いながら言う。
彼が若いのは当たり前ですよ!
課長が私ですか?と少し表情を驚かせながら老人を見る。
老人が肌も張りがありガッチリした良い身体しとる。儂なんか、若い時からガリでね〜、今など、皺々で…少しでも肉がつけば、健康的な体に見えるだろうが。
いえいえ、こんなみっともない腹ですよ、と課長。
そのくらい、丁度良い貫禄ですな。
実は私、整体院をしてまして、体幹がしっかりしてる。ちょっと失礼。何かスポーツされてますか?と言い、課長の背中の背骨を触る。
今は特に…学生時代は柔道をしてましたが。
でしょ〜なるほど、うんうんと言いながら、課長の肩から腰にお尻を触ってる。
自分の前で大の大人が白ブリーフ一枚で繰り広げられる光景に完全にボクブリにシミを作り始めた。それを気付かれない様に素早く浴衣を着て慣れない帯びを巻いた。
すると老人は自分が浴衣を着たこと気づき、あっ、つい馴れ馴れしくスミマセンでしたと課長から離れた。
振り向いた課長の顔は何処か落ち着かず上気した顔に見え股間は白ブリーフが下斜に突き出ていた。
それは誰が見ても解る突き出しかた。
課長は老人に体を触られチンポを起たし始めていた。
課長はそれを気付かれない様に浴衣を着たつもりに見えたがバレバレだった。
その姿を見た老人はニコリと笑いながら、もし宜しければ就寝前にマッサージに伺いますよ〜
課長は驚きながらも、マッサージ代は経費で落ちないのでと言うと老人がお金は頂きませんよ、これも何かの縁ですからと言って部屋番号を聞いてきた。
その滑らかな誘いに課長は部屋番号を教えてしまった。

相互リンク募集中…
官能小説セレクション 官能小説セレクションでは
相互リンクを募集しています
是非、登録してください!!
官能小説セレクション
http://www.kannou.cc

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

コメントをどうぞ

官能小説セレクション©ナンネット All Rights Reserved.