官能小説セレクション 官能小説投稿サイト 官能小説セレクション スマートフォンページへ


掲載作品について

サイト内の文章等の無断転載は禁止しております。
作品の転載、掲載、取材等をご希望の場合は必ずご一報ください。

gir  初のブルートレインでの九州旅行で出会った年上の女子中学生と の初体験

[PR] http://luv.kir.jp/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (42)
提供:nan-net

今は昔、自分が中学2年生の夏休みに経験した甘酸っぱい出来事をここに語らせて下さい。

北海道在住の自分は子供の頃、大の鉄道ファンで、鉄道見学をしたり、プラレールやスーパーレールなどの玩具で遊んだり、鉄道関連の書籍を読んだり、写真を撮影したりしていた。

その流れは以下の通りだ。

幼稚園時代…幼稚園の帰りによく、近くのセメント工場の引き込み線の踏切で貨物列車の入れ換えに狂喜していて、踏切警手のおじさんたちの名物にもなっていた。

小学校時代…鉄道大百科と時刻表がバイブルで、巷では「ブルートレインブーム」が巻き起こり、石立鉄男主演のテレビドラマ『鉄道公安官』にもハマって、ブルートレインの疾走するシーンに感動し、また、タカラのボードゲーム『日本特急旅行ゲーム』に夢中になり、参加しなかったが当時流行った鉄道旅行イベント『いい旅チャレンジ20000キロ』にも胸を踊らせてその最高峰とでも言うべき、牽引機関車の直流仕様EF65型・1000番台機がヘッドマークを輝かせる東京発九州行きのブルートレインに乗りたいと喚いていた。

小学校高学年~中学校時代…鉄道写真の撮影に熱中していた自分は引き続き必死で「ブルートレインに乗せてくれ!!」と懇願しまくって、両親もその熱意に折れたのか、ようやくO.Kしてくれた。

その頃はブルートレインブームも下火になって久しく、自分は既に中学2年生になっていたが、長年の憧れだったトップクラスの寝台特急に乗って反対側の西日本に行ける時がきたのだ!

やったぜ♪

北海道外の他都府県では初の特急列車、しかも生まれて初めての長距離の一人旅である。

そのブルートレインは当時、東京から西鹿児島までの日本最長距離を走破する24系25形客車の『はやぶさ』で、自分の行き先は遠戚のいる熊本。

1学期の終業式を終えた翌日、8年振りに飛行機に乗り、羽田に向かって夕方、生まれて初めて東京駅で自分の目でそのブルートレインにお目にかかった。

数年前のブルートレインブームの頃と全く変わらない姿が嬉かった。

自分の座席はB寝台車の2段ベッドだ。

そして、お話はここからになる。

早速ホームで待機するそれらのブルートレインたち(先発の『さくら』、自分の乗る『はやぶさ』、後発の『みずほ』)を写真に収めて自分の座席に戻ると、相方の乗客がいた。

大人びた感じの綺麗な女性だ。

馴れ馴れしい自分はすかさず彼女に挨拶をして簡単に自己紹介をした。

「はじめまして!〇〇(名前)と言います!北海道の函館から来ました。よろしく!」

彼女も微笑んでハキハキとした口調で「わぁ、遠くから来たんですねぇ…。あたしは東京の〇〇美奈子です!こちらこそよろしく!北海道かぁ~…。函館って夜景が綺麗よね~!行ってみたいなぁ~。」

聞いてみると、見かけによらず彼女は何と自分より1つ年上の中学3年生だと言う(ハッキリ言って、女子大生かOL さんかと思った)。

落ち着いた感じの仕草の、学校では水泳部で副キャプテンをやってるらしく、キリリと細く切れた眼で背の高い体育会系のガッチリした体型でボーイッシュなショートのヘアスタイルだ。

自分「どちらまで行かれるんですか?俺は熊本までです…。」

美奈子ちゃん「あら、これまた偶然ですねぇ。あたしも熊本までなんです。おひとりですか?」

自分「はい!美奈子さんもですの?」

美奈子ちゃん「ええ…。熊本からスタートして、鹿児島とか宮崎とか九州を半分くらい旅行する予定なんです。」

話しているうちに発車のベルがホームに鳴り響き、やがてドアが閉まって16時45分、「ピポーッ!」という警笛とともに『はやぶさ』は九州へ向けて出発進行!

自分はもうワクワク気分だ。

尚、彼女も非常に嬉しいことに自分と同じく旅行の好きな鉄道ファン(今でいう「鉄子」ってヤツか?=笑)で、彼女もブルートレインは今回が初めてだそうだ。

「鉄道・友の会」なるサークルに所属してるようで、自分が何気にふっかけた「鉄道クイズ」に全問正解した彼女が鉄道ファンになった理由は幼少期に、叔母さんに読んでもらった童話『きかんしゃやえもん』がお気に入りだったり、道路を走る不思議な蒸気機関車の冒険ドラマ『走れ!ケー100』などの影響からだという。

彼女はそのケー100の主題歌を何気なく口ずさみ、オレは喜んで拍手をした!

かくいう自分も幼少期はこのやえもんやケー100が好きであった。

彼女は北海道内のローカル線の名称とその起点と終点の駅名までをも全部知ってるほどだからこりゃ凄い!

また、彼女の部屋にはD52型蒸気機関車の写真のパネル時計が飾ってあるそうで、1976年3月の蒸気機関車廃止の際 には泣いたという。

誕生日のプレゼントには友人から高価なNゲージセットを頂いたほどだそうだ。

「北海道の函館ならわざわざここまでしなくても、ブルートレインは海渡ってすぐに『ゆうづる』とか『あけぼの』とかの方が近いっしょ?『日本海』もあるし…。」と不思議そうに美奈子ちゃんが尋ねると「ところがオレはこの一番話題性のある九州行きに乗りたくて乗りたくて…。九州に行きたいのもありましてね…。14系の『みずほ』よりはこの24系25形の『はやぶさ』の方が豪華ですし。」と今回この『はやぶさ』に乗車するに至った動機を話すと、「なるほどね~…。凄い!鉄道通(ツウ)なんだねぇ~。」と感心していた。

間もなく、車内放送が流れ、自分の聞いたことの無いメロディを耳にして不思議がると美奈子ちゃんは「このチャイム知ってる?『ハイケンスのセレナーデ』って言うのよ。」と説明してくれた。

自分「ハイケンスのセレナーデ…?へぇ~、そうなんですかぁ?詳しいんですね!」

美奈子ちゃん「あたしね、小さい頃ピアノ習ってて、発表会でこれ弾いたの…。」

彼女は一時期、ピアニストを目指したこともあったそうだ。

車窓から見える普段地元ではお目にかかれない青い直流電気機関車やカラフルな湘南電車などを見て感激する自分に「よっぽど嬉しいんだね…。そっか、北海道ってディーゼル(機関車)なんだよね?」と問いかけた。

「はい、田舎なもんで電気機関車は赤い交流のがせいぜい札幌の周りに走ってるくらいで、後はみんな気動車かディーゼル機関車なんですよ。」(この頃はまだ国鉄の分割民営化前で、青函トンネルも開通していなかった。)

「もう、敬語はいいよ(笑)ざっくばらんに話しなよ。あたしのこと

特薦サイト!!
裏本大全集 裏本はもうないのでは?
いえいえこれからは裏ビデオでやってきます!! 裏本大全集
裏本大全集

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

コメントをどうぞ

官能小説セレクション©ナンネット All Rights Reserved.