官能小説セレクション 官能小説投稿サイト 官能小説セレクション スマートフォンページへ


掲載作品について

サイト内の文章等の無断転載は禁止しております。
作品の転載、掲載、取材等をご希望の場合は必ずご一報ください。

gir  異能エッチ【一藤八嶋の場合】

[PR] http://www.hime-r.com/rank/ranklink.cgi?id=mzone
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (2)
提供:nan-net

いつもと変わらない朝だと思ってた。目覚ましの音が響き、時計に手を伸ばす。…が、いつものところにない。ベルだけがうるさく響き渡る。
「あー、うるさいなぁ!」
布団から起き上がりあたりを見回す。
…は?
俺は目を疑った。目覚まし時計が浮いている…?
「いや、おかしいだろ…。」
目覚まし時計を捕まえてベルを止める。机に置くと浮かばなくなった。
「俺はまだ夢を見ているのか?」
幸い、今日は学校が休みだから午後から部活だ。もう一回寝ようか。
そう思い布団に目をやった。布団が浮いた。
「…は…はは…おかしいな…。」
寝起きだが頭の回転は速かった。どうやら俺は変な力を手に入れたらしい。
「見て念じた物を浮遊させる力か…。」
俺は布団から意識を離して机の上のペンに目をやる。
「浮け!」
ペンが浮く。
「回れ!」
思った通り右に回った。なるほど、そういうことも出来るのか。
その時、俺の頭をよぎったのはズルい考え。バレー部で活躍できるぞということだった。
キュ!キュキュ!!
体育館にバレーシューズの音が響く。
「どうした、一藤!今日はやけにスパイクが決まるじゃないか!」
「ぐ、偶然です!」
監督が上機嫌に言う。そりゃ浮かせて移動させてるからな。
「このまま行けば来年のエースは間違いねえぞ!」
「ありがとうございます!俺、もう少し自主練して帰ります!」

俺は自主練、という名の異能力でのバレーを練習していた。
「もうそろそろ帰るか…。」
「八嶋くん!今帰るとこ?」
俺は声のする方に目を向けた。安保有稀だった。
「安保か。ビックリした。」
「ビックリってヒドイな!ねえ、今日のスパイク凄くない!?ニュルン、って!」
安保は女子バレー部で隣のコートで練習している。身長は女子なのに175cmもある。美人だしスタイルがいいが、胸がないのを気にしているらしい。細身でスラっとして綺麗だと思うが。
「そりゃな、日々の練習の賜物よ!
「私にも今度教えてよ!」
着替えた安保が制服姿で近付いてくる。少し汗の匂いがする。
「ん、別にいいけど…」そう言って俺は思いついた。
「俺の言うことを聞いてくれたらね。」
安保が怪訝な顔をする。
「言うこと?」
「ちょっと黙ってて」
安保に視線を向ける。浮け!
「わ!わ、え!?ちょっと何これ!?」
安保の細身な身体が宙に浮く。
「八嶋君!?これどういうこと!?」
「いいから。」
安保の身体を回す。プリーツスカートがひっくり返り白いパンツが露わになる。
「いや、やめて!!どういうつもりなの!?」
安保が必死にスカートを抑える。前は隠れても後ろが丸見えなのが愛らしい。
安保の身体をそのまま俺に近づける。
「俺はこういうことが出来るんだ。凄いだろ!?」
「これでスパイクもやってたんだ。見損なったよ…」
安保の一言が俺を傷付けた。徹底的にやってやる。
「安保、お前の身体の支配権はお前にないんだ、分かってるだろ?」

特薦サイト!!
裏本大全集 裏本はもうないのでは?
いえいえこれからは裏ビデオでやってきます!! 裏本大全集
裏本大全集

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

コメントをどうぞ

官能小説セレクション©ナンネット All Rights Reserved.