官能小説セレクション 官能小説投稿サイト 官能小説セレクション スマートフォンページへ


掲載作品について

サイト内の文章等の無断転載は禁止しております。
作品の転載、掲載、取材等をご希望の場合は必ずご一報ください。

sm  狂女

[PR] http://haruonovels2.blog.fc2.com/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (6)
提供:nan-net

そこで、「早く終わらないと、もう道子を貸してあげませんよ」と言ってやったら鴨田は不服な顔で僕を見、ようやく又本格的に律動を始めた。「ああ、ああ、ああ、ああ、ああ・・・・・」復縁なんかさせてやるもんか、と忌々しく二人のセックスを見ていた。                                          獣性丸出しで合体していた後二人は離れ、道子は、「はあ・・・」と悩ましい声を洩らして僕のすぐ前で改めて正座をし、「申し訳ありませんでした・・・・・」と、深く俯いて謝罪した。「前の亭主が気に入った様だな」陰湿な僕の言葉に道子は、「いえ、そんな事ありません」と否定したものの、女体が強く反応していたのは隠しようが無い。「お母さんも女ね」美奈が僕!
腕の中で苦笑している。鴨田の方は、元妻と娘がやはり僕の所有である事を思い知って寂しいだろうが、一先ず気が晴れたらしく、ティッシュでペニスを拭ってパンツを履き始めた。                                                                                                                         

特薦サイト!!
裏本大全集 裏本はもうないのでは?
いえいえこれからは裏ビデオでやってきます!! 裏本大全集
裏本大全集

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

コメントをどうぞ

官能小説セレクション©ナンネット All Rights Reserved.