官能小説セレクション 官能小説投稿サイト 官能小説セレクション スマートフォンページへ


掲載作品について

サイト内の文章等の無断転載は禁止しております。
作品の転載、掲載、取材等をご希望の場合は必ずご一報ください。

gir  初めてのTバックの食い込みに濡れた私、[62]

[PR] http://www.adultangel.com/search/in.php?id=mzone
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (2)
提供:nan-net

[茜お姉さん、ラブホから朝帰りしたら義理の父が………、その7]

毅君は私がベッドの上で義理の父の彰久さんに立ちバックの体勢でスパンキングされながら生チンポで嵌められて悩ましく喘いで居る惨めな姿を見詰めながら私に言いました。

『茜お姉さん、御父さんにスパンキングされながら悩ましく喘いでて、中々良い眺めだねぇ……
、白いTバックパンティーもこんなに食い込ませてぇ……茜お姉さんは本当に淫らな義理のお姉さんですよねぇ………?! 逸れにボクらだけでこの淫らな姿を堪能するのはとても勿体無いから、
スマホのカメラで動画を撮影してもいいですかぁ……茜お姉さん………?!』

『アア…ン……駄目ぇぇぇ……‼ 毅君……、駄目だからねぇ………、そんな事したらぁ……茜お姉ちゃんは絶対……赦さないからねぇ……‼』

『毅ィ……構わないから、茜お姉さんの淫らな姿をスマホのカメラで撮影して挙げなさい……!』

『じゃあ、御父さんのお言葉に甘えて……、茜お姉さんの淫らな姿をスマホのカメラで撮影させて頂きます。』

『アア……駄目ぇぇぇ……‼ 駄目だったらぁ……!
毅ィ……駄目って言ってるでしょう……?! ねぇ
……茜お姉ちゃんを凝れ以上苛めないでよぉ…!』

と言って私は半泣きに為りながら必死で抵抗していましたが、毅君は中々スマホのカメラで撮影を罷め様としませんでした。逸れ処か、私の秘園に挿入された彰久さんの生チンポが秘園の奥を出し淹れして居る様子を至近距離で撮影して居る様でした。そして毅君のスマホのカメラが私の悩ましい身体を嘗める様に這い廻り、私の悩ましく喘いで居る横顔を至近距離で撮影していました。私は恥ずかしさと惨めさで顔を横に俯きながら必死で抵抗していました。軈てその私の惨めな顔に毅君の硬く勃起した生チンポでパチン、パチンと軽く叩き浸けられて半開きの口許に挿入されていました。私は恥ずかしさと屈辱感に苛まれながら義理の弟の生チンポを舌と唇で濃厚なフェラをしながら義理の父の彰久さんに立ちバックの体勢で何!
も生チンポで貫かれていました。そして私は全身をビクン、ビクンと痙攣させながら上の唇と下の唇にも篤い白濁汁を凝れでもかと言う位にぶちまけられて立ちバックのまま、放心状態でアクメに達していました。すると義理の父の彰久さんが私の秘園から硬く勃起した生チンポを引き抜くと白濁汁が秘園の奥から夥しい程、ダラダラと溢れて薙がれ堕ちて行きました。私はベッドの上にそのまま、倒れ込み、二人にもう赦してと懇願していましたが、二人は未だ中々私を赦してくれませんでした。逸ればかりか、私の身体を散々辱しめる積りなのか、今度は私の両太腿とその付根とたわわな両乳房に低周波のマッサージ用の黒いパッドを貼り浸け、マッサージ器の本体の強弱のツマミを焦らす様に廻したり、停めたりしてスイッチ!
を押して居る様でした。そして毅君は二つの!
いパッドを私の白いTバックパンティーの中に入れて敏感なクリトリスを挟み込む様に貼り浸けていました。すると彰久さんが行きなり低周波のマッサージ器の本体のツマミを廻して居る様で私はその沸き上がる様な快感に何度も白いTバックパンティーのクロッチを濡らして居るしか有りませんでした。そして二人は私の白いTバックパンティーのクロッチを容赦無しに何度もグイグイと上に食い込ませて私を辱しめて居る様でした。

特薦サイト!!
裏本大全集 裏本はもうないのでは?
いえいえこれからは裏ビデオでやってきます!! 裏本大全集
裏本大全集

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

コメントをどうぞ

官能小説セレクション©ナンネット All Rights Reserved.