官能小説セレクション 官能小説投稿サイト 官能小説セレクション スマートフォンページへ


掲載作品について

サイト内の文章等の無断転載は禁止しております。
作品の転載、掲載、取材等をご希望の場合は必ずご一報ください。

per  私は淫らなセクシーインストラクター。[20]

[PR] http://www.adultangel.com/search/in.php?id=mzone
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (0)
提供:nan-net

サブタイトル
[可愛い弘志君の前で淫らな特別レッスンをされて、]

弘志君も私の濃厚なフェラとリーダーさんに私を奪われたショックで戦意喪失をしてしまったのか、そそくさとパンツとズボンを再び穿いてスタジオから無言で出て行きました。そして独りスタジオに取り残された私はリーダーさんに何度もピンクのスケスケハイレグレオタードを着せられたまま、硬く勃起した生チンポでイカされていました。しかも、リーダーさんは私を鏡張りの壁に業と土手高の陰毛の丘が露に為る様な破廉恥なポーズで私をさせて辱しめていました。

私は半泣きに為っていました、リーダーさんに何度も恥辱的なポーズをさせられて何度もアクメにイカされて居るのもそうですが、そそくさと尻尾を巻いてスタジオから無言で出て行った弘志君にも失望してしまったからでした。そして私はリーダーさんからもっと恥辱的な行為をされていました。逸れは私の土手高な陰毛の丘が余りにも醜かったのか、何度もイカされた後
更衣室のシャワールームでピンクのスケスケハイレグレオタードを脱がされ、全裸にすると泡を土手高の陰毛の丘に塗り拡げてT字剃刀と鋏でパイパンにされていました。 そして私は又リーダーさんにピンクのスケスケハイレグレオタードを着せられてスタジオに戻って行ったのでした。逸れから私達は淫らな特別レッスンを約3時間程続けていました。

レッスンと言っても逸れは単なる濃厚なセックスを一方的にリーダーさんからされて居るだけの事でしたが、逸れからやっと解放されたのはその日の夕方頃の事でした。私は私服に着替えてスタジオを後にすると家路を急いで行きました。私は家路に着くと着て居た私服を急いで脱ぎ棄て、全裸に為るとバスルームで又シャワーを浴び直して穢れた身体を綺麗に洗い薙がしていました。そして脱衣所の大きな鏡の前で私はパイパンの丘を手の平で触って確認していました。

[アア…嫌だぁ…、
私の土手高の陰毛の丘がぁ…すっかり…ツルツルだわぁ……、]と言って私は小さな声で独り言を呟いていました。

逸れから私はパイパンの濡れた身体をバスタオルで拭き採り、真新しいTバックパンティーを穿いて無心でベッドの上で
スマートフォンの画面を指先で操作していました。しかし、私の指先は次第にスマートフォンの画面から真新しいTバックパンティーの中をまさぐって居た様でした。

しかし私の淫らな身体の中では未だ今日の甘味は快感の火種が燻って居たみたいで、ベッドの下の引き出しの中から電マを取り出して狭いクロッチにそっと充てがっていました。すると電マの振動が燻って居た快感の火種を又燃やし始めている様でした。私は下半身を諤々と痙攣させて、軈てパンティー一枚だけの姿で継ぎの朝迄眠っていました。

特薦サイト!!
裏本大全集 裏本はもうないのでは?
いえいえこれからは裏ビデオでやってきます!! 裏本大全集
裏本大全集

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

コメントをどうぞ

官能小説セレクション©ナンネット All Rights Reserved.