官能小説セレクション 官能小説投稿サイト 官能小説セレクション スマートフォンページへ


掲載作品について

サイト内の文章等の無断転載は禁止しております。
作品の転載、掲載、取材等をご希望の場合は必ずご一報ください。

per  私は淫らなセクシーインストラクター。[ 14]

[PR] http://www.count-down.tv/adult/index.cgi?18463
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (3)
提供:nan-net

サブタイトル、
[元セフレにラブホでやらしい事をされて、]

私はもう我慢の限界でリーダーさんにおねだりする様に懇願していました。

『アア…もう駄目ぇ……私はもう我慢がぁ…出来ないわぁ……アア…リーダーさんのぉ…アレが欲しいですぅ……‼ アア…もう駄目ぇ…もうイカせてぇ……!』

『カエラ先生ぇ…アレって何かなぁ……ほらぁ
……具体的に言って視ろよぉ……?! 逸れと未だイカせて遣らないから、その積りで居ろよぉ
……カエラ先生ぇ……‼』

『アア…嫌ぁ…知ってる癖に……知らない振りしてぇ……リーダーさんの意地悪ぅ……、』

『そんな事はどうでもいいからぁ……アレって何か、具体的に言って視ろよって言ってるだろうがぁ……‼』

『アレってぇ……リーダーさんのぉ……生チンポですぅ……! アア…嫌ぁ…恥ずかしいわぁ…
……‼ ねえ……生チンポを……早くぅ…カエラのアソコに……淹れてぇ……!』

と言って私はもどかしそうに喘ぐ様におねだりをして挙げていました。するとリーダーさんは私の秘園の中に挿入するでも無く、相変わらず電マの振動する先端を私の食い込んだ淡いブルーのハイレグレオタードの狭いクロッチに充てがい続けて焦らして居る様でした。そして又、私に向かってやらしく言いました。

『俺の生チンポを秘園の中に挿入して欲しいだとぉ……?! 俺の肉便器の分際で贅沢な事を言うなぁ……‼ 逸れに俺依り、あの弘志を誘惑する様なふしだらな女は罰としてこの電マとぶっといディルドで充分だぁ……‼』

と言ってリーダーさんは私の眼の前に図太い黒光りのするディルドを愛用のスポーツバッグの中から取り出して見せ浸けて居ました。その黒光りするディルドはまるでホンモノの様なリアルな出来映えで直下建って居る様でした。暫くすると私はベッドの上でその黒光りするディルドに跨がされるとディルドの先端が私のぐっしょりと濡れた秘園に挿入して行きました。
そして私は身体を上下に激しく揺らして膣内に律動を加えて行きました。激しい律動が加えられる度に私の秘園の中からクチャ、クチャとやらしい愛液の音が私の耳にも届いて居る様でした。

一方、私達がラブホで濃厚なローションプレーをして居る頃、弘志君はこの街のネットカフェで悶々としたまま、パソコンの画面から昨日の夜のカエラ先生との濃厚なセックスシーンを再確認しながら自らの手で自分の生チンポを扱き挙げて居た様でした。そして弘志君は独りで呟く様に言いました。

『アア…カエラ先生は……今頃……あのリーダーさんと……ラブホでぇ……やらしい事をされていると思うとぉ……、』

と弘志君は独り呟く様に言うと益々激しく自らの手で自分の生チンポを扱き挙げて居る様でした。そして弘志君が想像して居た通りにラブホの部屋の中では益々リーダーさんのやらしいお仕置きがエスカレートして行きました。私はベッドの四隅に手脚を手枷と脚枷で身動きが出来ない様にされてリーダーさんに電マと黒光りするディルドで散々玩具にされていました。電マは勃起した乳首に充てがわれ、黒光りするディルドは深々と私の秘園の中に挿入して激しくリーダーさんに律動をされていました。私は感窮まった声で懇願する様におねだりしていました

『アア…嫌ぁ…もう駄目ぇ……カエラをイカせてぇ……ねえ…カエラを焦らさないでぇ……!
アア…後生ですからぁ……もうイカせて下さいませぇ……ねえ…御主人様ぁ……‼』

『じゃあ、弘志の生チンポ依り、俺の生チンポの方がいいですって言ったら約束通りに生チンポを淹れて遣るよぉ……なぁ…カエラ先生ぇ…
……!』

『アア…弘志君の生チンポ依り……貴方の生チンポの方がぁ……好きですぅ……ねえ…もう我慢が出来ないのぉ…ねえ早くぅ…生チンポを淹れてぇ……!』

とリーダーさんにそう言われ私は仕方無くそう言うしか有りませんでした。しかし、リーダーさんは未だ私を焦らすみたいで左右に開いた股間に顔を埋め、私のぐっしょりと濡れた秘園を淡いブルーのハイレグレオタードの上からしつこく嘗め廻して居るみたいでした。

『アア…嫌ぁ…ねえ…何でそんなにカエラを焦らすのぉ……?! アア…もう後生ですからぁ
……イカせてぇ……ねえ…早くイカせて下さいませぇ……‼』

と言って私はもどかしそうに感窮まった声で懇願していましたが、リーダーさんは相変わらず私のぐっしょりと濡れた秘園を嘗め廻して居るみたいでした。

特薦サイト!!
裏本大全集 裏本はもうないのでは?
いえいえこれからは裏ビデオでやってきます!! 裏本大全集
裏本大全集

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

コメントをどうぞ

官能小説セレクション©ナンネット All Rights Reserved.