官能小説セレクション 官能小説投稿サイト 官能小説セレクション スマートフォンページへ


掲載作品について

サイト内の文章等の無断転載は禁止しております。
作品の転載、掲載、取材等をご希望の場合は必ずご一報ください。

per  私は淫らなセクシーインストラクター。[12]

[PR] http://www.count-down.tv/adult/index.cgi?18463
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (0)
提供:nan-net

私の可愛い弘志君はその淫らな光景を目撃して既に彼の股間はギンギンに勃起しているみたいでした。するとリーダーさんが私に向かってやらしく言いました。

『ほらぁ…カエラ先生の可愛い弘志君がカエラ先生の淫らな姿を目撃して……あんなにアソコを硬く勃起させてるぜぇ……! なぁ…カエラ先生ぇ……‼』

『アア…違うのぉ……弘志君……! 凝れは此のリーダーさんのぉ……朝のスキンシップなのぉ
……だからぁ……変な風に誤解しないでねぇ…
………!』

『へぇー?! スキンシップって、オマンコを指先で触るのがスキンシップなんだぁ……?!
逸れって、明らかにセクハラじゃん……‼』

『嗚呼、そうさぁ…カエラ先生は元々俺とセフレの関係で、俺はカエラ先生のご主人様なんだよなぁ……! 判ったかなぁ……弘志君…‼』

とそのリーダーさんの突然の告白に弘志君は只
、あ然とするばかりで居る様でした。そしてその場で只、立ち尽くしたまま、私達の淫らな行為を黙って見詰めているばかりでした。確かに私とリーダーさんは1年前はセフレでしたが、最近はセフレを解消して居たので、リーダーさんは弘志君に可なり嫉妬していたみたいでした
。その嫌がらせをする為に業とリーダーさんは淫らな行為をしたみたいでした。そして相変わらずリーダーさんは私の淡いブルーのハイレグレオタードの深い切れ込みの横に指先を這わせながら秘園をパンティーの上から謎って居る様でした。

『そう言えば、1年前の今頃だったか、日曜日の早朝に無人のスタジオで良く二人で示し遇わせて二人だけでセックスしたよなぁ……なぁ…カエラ先生ぇ……!』

『アア…イヤァ……弘志君の観て居る前でやらしい事を言わないでぇ……! ねぇ…お願い…
……カエラ先生を信じてぇ……‼ 凝れって、本当にスキンシップなんだからぁ……!』

と言って私は言葉では否定していましたが、身体はリーダーさんの指先の蠢きに可なり感じてしまったみたいで秘園の辺りはグッショリと濡れて居るみたいでした。そして私の淡いブルーのハイレグレオタードのたわわなバストの頂きには乳首が硬く勃起して居た様で、益々リーダーさんをエスカレートさせて居るみたいでした
。しかし、暫くすると弘志君以外の生徒さん達がスタジオにザワザワと入って来たので、私達は何事も無かったかの様に今日のエアロビクスのレッスンを開始していました。するとリーダーさんが私の耳許で小さく耳打ちして居る様でした。

『じゃあ、今夜……ラブホでぇ……、』

と言ってリーダーさんは何事も無かったかの様にレッスンをしていました。そして私達は約2時間程、エアロビクスダンスのレッスンを終えると生徒さん達は各々に還って行きました。
するとスタジオには又静寂な時間が薙がれて居る様でした。そして私は独りで淡いブルーのハイレグレオタードを身に着けたまま、エアロビクスダンスの練習をして居るとリーダーさんが又私を背後から羽交締めにして淡いブルーのハイレグレオタードのお尻を手の平で撫で廻していました。

『アア…罷めて下さいってばぁ……! 又、弘志君に目撃されちゃうからぁ…駄目ぇ……‼』

『弘志君なら、他の生徒さん達と既に還って行きましたよぉ……なぁ…カエラ先生ぇ……!
今、此処に居るのは俺とカエラ先生だけですよぉ……‼ ほらぁ…だからぁ…俺と無人のスタジオでセックスしょうよぉ……なぁ…カエラ先生ぇ……! いいだろう……?!』

と言ってリーダーさんにしつこく迫られた私は今夜だけ身体を赦す事にしてしまいました。
するとリーダーさんはトレーニングウェアーの中から革の紅い首輪を私の細い首に装着しながら言いました。

『カエラ先生ぇ……この革の紅い首輪を覚えてるかぃ……?! ラブホでセックスする時に
、カエラ先生はこの革の紅い首輪を装着して俺に淫らな行為をしてぇって良くおねだりして居たよなぁ……なぁ…カエラ先生ぇ……?!』

と言いながらリーダーさんはスタジオの鏡張りの壁の前に在る掴まり棒に革の紅い首輪のロープの端を括り着けたかと思うと両脚を左右に大きく開脚させていました。すると私の淡いブルーのハイレグレオタードの深い切れ込みが益々私の秘園に食い込み、クロッチには深い縦皺が刻まれて居る様でした。そしてリーダーさんはスタジオの掴まり棒に私の両手を手枷で繋ぎ身動きが出来ない様にしていました。リーダーさんはその身動き出来ない私の秘園に電マの振動する先端を軽く充てがって居たみたいでした。すると私の秘園に電マの心地良い刺激が私を益々淫らにして行きました。そしてその心地の良い電マの刺激は乳首とクリトリスを容赦無く勃起させて居る様でした。そして矢張、私はスタジオでセックスするのは嫌なの!
リーダーさんにラブホでセックスする様に哀願していました。するとリーダーさんは私の革の紅い首輪のロープと手枷を外してくれました。そして私達はリーダーさんの愛車でスポーツジムの近くのラブホに向かって走らせて行きました。

特薦サイト!!
裏本大全集 裏本はもうないのでは?
いえいえこれからは裏ビデオでやってきます!! 裏本大全集
裏本大全集

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

コメントをどうぞ

官能小説セレクション©ナンネット All Rights Reserved.