官能小説セレクション 官能小説投稿サイト 官能小説セレクション スマートフォンページへ


掲載作品について

サイト内の文章等の無断転載は禁止しております。
作品の転載、掲載、取材等をご希望の場合は必ずご一報ください。

per  私は淫らなセクシーインストラクター。[8]

[PR] http://ranks1.apserver.net/share/in.php?u=kannoucom&id=mzone
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (0)
提供:nan-net

そしてその電動歯ブラシの刺激は私の下半身を無意識にビク、ビクと痙攣させて居る様でした
。戦慄く私の秘園の中からは夥しい愛液が後から後から溢れ出て来ていました。すると弘志君が私に又、69に為って私の淫らな秘園を間近で視たいらしくて私はキングサイズのベッドの上で素直に69の形に為って挙げていました。

『アア…憧れのカエラ先生の秘園がぁ…こんなに間近で見えてぇ……俺も今凄く興奮してますよぉ……ねぇ…カエラ先生ぇ……?! 逸れに電動歯ブラシの刺激でぇ……カエラ先生の秘園の中から夥しい愛液が溢れ出しているみたいで凄くやらしいですよぉ……カエラ先生ぇ…?!』

『アア……弘志君…そんなやらしい言葉でぇ…
私を挑発しないでぇ……、カエラ先生の眼の前にも……弘志君のギンギンに勃起した生チンポが聳え建ってるけどぉ……弘志君……カエラ先生が気持ち良くして挙げましょうかぁ……?!

と言う私の誘惑する様な言葉に弘志君はコクリと頷きました。すると私は満を持したかの様に彼のギンギンに勃起した生チンポをゆっくりと唇の中に含むと激しく律動を加えて挙げていました。そして私は弘志君の亀頭を舌先でチロチロと嘗めたかと思うと亀頭と陰茎に唾液を垂らしながら舌先で嘗めて視たり、陰嚢を唇で強く吸い挙げたりしていました。すると弘志君は弘志君で私の硬く勃起したクリに電動歯ブラシの穂先を強めに這わせ続けながら秘園の中から溢れる愛液を舌先でチロチロと嘗め採ってくれていました。私は弘志君の刺激的な愛撫に我慢が出来ずに濃厚なフェラを途中で中断して喘ぐ様に言いました。

『アア……弘志君…カエラ先生はもう我慢が出来そうも無いわぁ……ねぇ……弘志君のギンギンに勃起した生チンポでぇ……カエラ先生の秘園の中に挿入してぇ……‼ ねぇ…弘志君…お願い………!』

『じゃあねぇ……カエラ先生ぇ……どちらかが此の快感に耐えた方の言う事を聴くってのはどうかなぁ……カエラ先生ぇ……?!』

『本当にィ……ねぇ…弘志君……?! じゃあ、弘志君の言う通りにするわぁ……! じゃあ、絶対にカエラ先生が耐えて見せるからねぇ…弘志君……‼』

と言って私と弘志君はキングサイズのベッドの上で69のまま、お互いの敏感な性器を唇と舌先でチロチロと刺激し遇っていました。弘志君は相変わらず私の硬く勃起したクリに電動歯ブラシの穂先を強めに這わせ、秘園の中を丹念に嘗め廻して居る様でした。私は私で弘志君が寸前で逝きそうに為る位に激しく唇の中で律動を加えて遣っていました。すると弘志君のギンギンの生チンポが私の唇の中でビク、ビクと痙攣させて居るみたいでした。しかし、弘志君は必死で耐えて居るみたいで、軈て私の淫らな秘園の中に指先を挿入していました。そして凝れでもかと言う位に手マンをして居たみたいでした。
そのお互いの強烈な愛撫に自宅のベッドルーム中に私達の淫らな喘ぎ声が響き渡って居る様でした。そして私は弘志君の強烈な愛撫に我慢が出来ずに敢えなくアクメに達していました。軈てキングサイズのベッドの上には夥しい愛液でびしょ濡れに為って居たみたいでした。

と言う事で私の方が弘志君依り先にアクメに達してしまったので、私の負けと言う事で私は弘志君の言う通りにする事にしました。すると弘志君が私に言いました。

『ねぇ…カエラ先生は最近、旦那さんとセックスして居ないって言ってたけどぉ……毎晩、ベッドの上でぇ……こんな電動歯ブラシや他にも
違うオナニーグッズでオナニーをしてるらしいけどぉ……バイブとかも持ってるのぉ…ねぇ…カエラ先生ぇ……?!』

『ええ、ベッドの収納用の引出しの奥に……私の愛用のバイブが在るわよぉ……弘志君……!
ねぇ…カエラ先生の愛用のバイブが視たいのぉ
……ねぇ…弘志君……?! いいわよぉ…弘志君……貴方だけに見せて挙げるわぁ……‼』

と言って私はキングサイズのベッドの下の収納用の引出しの奥からピンクのスケルトンバイブを採り出すとベッドの上に転がして遣っていました。すると弘志君がそのピンクのスケルトンバイブを手に採り、マジマジと見詰めて居る様でした。そして私の眼の前でそのピンクのスケルトンバイブのくねり用と振動用のスイッチボタンを略、同時に押していました。するとそのピンクのスケルトンバイブのくねりと振動が略、同時に蠢き始めて居る様でした。軈て弘志君はそのピンクのスケルトンバイブを私の唇の中に含ませて疑似フェラをさせて居たかと思うと私に唾液を垂らさせてゆっくりと痙攣する私の秘園の中に挿入して行きました。すると私の秘園の中でピンクのスケルトンバイブのくねりと振動が同時に蠢き、私の敏感な!
ポットを刺激しているみたいでした。

特薦サイト!!
裏本大全集 裏本はもうないのでは?
いえいえこれからは裏ビデオでやってきます!! 裏本大全集
裏本大全集

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

コメントをどうぞ

官能小説セレクション©ナンネット All Rights Reserved.