官能小説セレクション 官能小説投稿サイト 官能小説セレクション スマートフォンページへ


掲載作品について

サイト内の文章等の無断転載は禁止しております。
作品の転載、掲載、取材等をご希望の場合は必ずご一報ください。

sm  狂女

[PR] http://www.syakouba.com/0721/?id=01357&sid=fg5AsYB2
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (12)
提供:nan-net

「ああん、ああん、ああん、ああん・・・」麻理が可愛い声を上げている間、道子は僕の言い付けを守って、肘を折り曲げた四つん這い姿で自分の番が来るのを辛抱強く待っていた。どんなに気持ちが急かされようと他のライバルを勝手に押し退ける事は許されず、主人に構ってもらえるまでひたすら待つのが性奴隷の基本である。そのいじらしいまでに調教された母の姿を美奈がすぐ傍で眺めていた。自分も幾度となくそのような目に遭わされているので母の気持ちは痛い程わかるに違いない。「美奈・・・・」道子は情けない姿を娘の目に晒していながらどうする事も出来ず、自嘲の笑いを浮べた。「もうすぐじゃないの」美奈のその言葉からは、若い自分を差し置いて愛されようとしている母への嫉妬が感じられた。僕は麻理!
対面座位でセックスを続けながら道子の頭を撫でた。かつて夫に浮気され、罵った程気の強い女が今では性奴隷の一人として自分の番をおとなしく待っている姿は愉快でもある。「ご主人様・・・・・」切ない目で僕を見る道子。自然に腰をくねらせ、尻を振った。その条件反射なのか、美奈までもが、「あああ・・・・」と悩ましい声を洩らし、パンティを脱いで行った。「私もどうか・・・」美奈のそれは出しゃばりというより切なる願いであり、特別に許してベッドに上げた。「ありがとうございます」美奈は母と体を接触させ、両肘を真っすぐに伸ばして四つん這いになった。その、はち切れんばかりに艶と張りのある女体は母親のそれをすっかりくすませてしまった。「お母さん、いいわね」半ば強引な形で母との間に割!
り込んだ美奈は返事を待つ事無く、「雄一様!
ああ」と僕の肉棒を求めた。ショートカットで栗色の髪に眩しい程の美貌の娘は勢いのままに、「抱いて下さいませえええ!」と要求した。「駄目・・・・」別な女に取られまいと麻理が僕を強く抱き締めた。「ご主人様あああ!」美奈の声は続き、その娘に負けまいと道子までが、「あなたあああ!」と声を高く上げた。それらを一部始終見ていた他の連中も当然落ち着かず、文枝なんかは怜の目も気にせず僕に向かって大きな尻を突き出し、「入れてえ・・・入れてえ・・・」と奴隷の本分を忘れて肉棒を求めた。「お母さん・・・」怜は嫌な顔をしながらもまんこの疼きに耐えられず、「雄一様・・・・・」と母の隣でまんこを突き出した。「あああああ・・・・・・」同性たちの狂おしい光景に圧倒され、母さんまでが、「!
子供が欲しい・・・あなたの子供が欲しい・・・・・」とせがんだ。「皆、落ち着け!」僕は収拾が付かなくなって思わず叫んだ。                                            


sm  狂女

[PR] http://haruonovels2.blog.fc2.com/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (5)
提供:nan-net

高齢の自分に対して出産という関心まで持ってくれるのが嬉しいのか、道子は色っぽくも可愛い女のオーラを全開にして立っており、僕を誘惑する様に股を開き、腰を淫らにくねらせた。それはハーレム生活で自然に身に着いた技でもある。自分の母親以上の年齢の女が出産に微かな望みを懐いて僕をその気にさせようとしているのが面白く、昭代と由香をベッドから下させ、道子が上がるのを許した。「ありがとうございます」道子は色っぽい女座りをして僕に抱かれようとしたが、肉棒は麻理の中に入れたままで、彼女を抱き起した。「あああ、あなた・・・・・」麻理は遥か年長の先輩に対抗して僕に抱き付いた。さすがに道子は不愉快な顔をする。「仲良くしなくちゃ駄目だぞ」僕は笑って言ったが、本心は二人の反発が愉!
だ。「もっと強くうう・・・」そうねだる麻理に負けじと道子は、「ご主人様あああ・・・」と甘えて僕の体に両腕を回した。そんな二人の姿は他の奴隷にとって羨ましくも悔しいが、勝手にベッドに上がれないのでどうしようも無い。中でも美奈は、母が妊娠を意識して抱かれようとしているのを見ていられない様子で、パンティを履いて部屋から出て行こうとするのを意地悪く呼び止めた。「こっちへ来い」「・・・・・」美奈は恨めしそうにおとなしくベッドまで来た。僕は麻理と繋がったまま片腕で道子を抱きながら、「お前も、子供を産んでもらいたいだろ?」と邪な言葉を口にした。「・・・・」「どうなんだ?」「・・・はい・・・・・」それが心にも無い事は道子にもわかっていながら、彼女は娘に、「私だって女!
よ」と微かな笑いを含んで言った。美奈は唇!
噛んで顔を背けた。                                         僕との間に子供を産んでいない連中は、道子がもう高齢で妊娠なんか叶えられないのにそれに望みを繋いでいるのを目の当たりにして侮蔑や対抗心など様々な感情を懐きつつ、自分も妊娠・出産を強く意識している事だろう。それは瑠璃子や文枝ばかりでなく、人妻の友恵や十代、二十代の娘だってそうだ。現に、沙織や茜は以前から僕の子供を産んでもいいと言っているし、友恵だって、僕というご主人様の子を身ごもりたいと打ち明けたのだ。ただ、性欲に任せて奴隷たちを次々と孕ませ、出産させては、何人かのベビーシッターを雇わない限り育児に忙殺されて性生活を充分に楽しめなくなる恐れがあるのでやはり!
考えものだ。                                                                         「                          


sm  狂女

[PR] http://luv.kir.jp/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (12)
提供:nan-net

「あああ・・・あああ・・・あああ・・・ああああ・・・・・」由香は時々ライバルたちの方に目をやってはよがり続け、体を起こされると積極的に尻を揺らしもした。その仕草が何とも言えず色っぽくて悩ましく、僕の肉棒や、乳房を揉む手も休む事が無い。それを麻理は悔しそうに見ても邪魔出来ず、ただ僕に可愛がってもらうのを待つばかりだった。                              懲罰の意味も込めて昭代と由香二人だけと相手をするつもりが、いつの間にか他のペット連中にも視野が入り、これでは徹夜で励むしかなさそうになっていた。まるで彼女らに攻められている様で、本当に組織化出来るのか心許無い。後ろから由香の中にも精液を注ぎ、ようやく麻理に取り掛かった。麻理はも!
待ち切れなくなってオナニーを始めていたが、僕に抱かれると、「あああ・・・」と声を洩らしてされるままになった。「待たせたな」「早くう・・・・」彼女をベッドに寝かせて正常位でセックスを始めた。「う・・・んんんん・・・・・」大きな肉棒を挿入され、さすがに強く反応する。「麻理・・・」「あなたあ・・・・」奴隷の一員でも心は僕の妻のつもりなのか?昭代、由香と連続して射精した後なので僕は興奮の中にも落ち着きを見せ、全裸で寵愛を待っているベッド外のペットたちを眺めた。瑠璃子や文枝、美沙などはオナニーをしており、怜や美奈は背を向け、道子は壁に向かって苦悶さえしている。「道子」聞こえないのか、もう一度「道子」と呼ぶと、この中年女は黙って僕の方に歪んだ顔を向けた。「お前は!
、もう子供は無理だろう」頭ではわかってい!
も、やはりご主人様の子を産みたいのか、「でも・・・・」と言い掛けるのだった。「おいで」「はい・・・」道子は近付き、全裸姿を正面から僕の目に晒した。乳房は幾分垂れている上に肌は弛み、やはり年齢は隠せない。それでも大きな尻や感度の良さなどで僕を失望させず、こうして奴隷の一員であり続けているのはさすがだ。娘の美奈共々、最初は金銭欲に釣られて僕の罠に嵌ったこの女も愛欲に溺れて忠実な性ペットの一人でいる。若かりし加奈を強姦した男、鴨田の妻だった女をこうして支配している事には鴨田への仕返し、更に、彼の妻だったという縁への非情なまでの愉快さが有る。出来るものなら僕もこの道子を孕ませたい。


sm  佐々木家の嫁~強烈な責め苦~

[PR] http://luv.kir.jp/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (3)
提供:nan-net

直属下女が誕生し、40名の少女が直之の居住区の隣に住み始めてから4日が過ぎた
汐莉は5階の北西にある拷問室で悲痛な叫び声を上げていた
手足を左右に拘束され、口にボールを噛まされた状態で乳首に電極をつけられ、クリトリスの皮は剥かれて電極をつけ、お尻の穴には電気棒が深々と差し込まれていた
そして、膣にはドリルバイブや振動して膣壁を掻きながらスライドするバイブ、Gスポットをトントンと押すスティック、ポルチオ責めバイブを駆使して責め続けていた
この責めは26日の朝から休みなく行われており、数え切れないほどのオーガズムと失神を繰り返していた
今、目の前では失神から覚めた汐莉がクリトリスと乳首とお尻の穴からの電流とGスポットを引っ掻くバイブに潮を吹かされ、全身を痙攣させていた
全身からの汗や放尿、潮で汐莉の体は強烈な匂いを放っていた
頭には脳波計を、左腕に血圧計と注射針を、右腕には点滴を刺された状態で、コンピュータで管理されていた
責めているのは、女体拷問官で、10名が12時間ずつ交代で責めに当たっていた
便が放出され、失禁して気絶した
1月31日になり、乳首とクリトリスとお尻の電流が微弱になり、膣内のバイブが抜かれた
直之は、2月3日の朝、くすぐり責めに変更するように命令した
そして、猛烈なくすぐりが始まった
失神しても失禁しても許されないその攻撃に汐莉は泣いて暴れた
この間、直之は直属下女全員と3回ずつ関係を持った
午後5時、シャワーで頭と体を洗われた汐莉は寝室のベッドに運ばれた
直之は汐莉の哀願も聞かずに8回に渡って汐莉を犯した
途中から抵抗を辞め観念した汐莉は、静かに泣きながら直之を受け入れた


sm  佐々木家の嫁~専属下女~

[PR] http://luv.kir.jp/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (2)
提供:nan-net

1月25日 大都市に大豪邸を構えて運営していた吉沢家が破産して、当主や後継者、その妻や側室たちが田舎町の一軒家に引っ越した
その女中100名、下女600名は吉沢家との話し合いで佐々木家が所有することになった
佐々木家では、いったん全員を村内に集めて、20才以上の女中及び下女200名を処刑した
500名残ったうちの400名はそれぞれの家庭に女中1:下女3の割合で振り分けられた
残った100名は大都会で美人ばかり集めていた吉沢家の中でさらに佐々木家で屋敷で住まわせるために選抜した者たちとあって、全員が美少女であった
直之の所には、40名の少女がやってきたが、直之は全員を12畳の一室に収容した
直之はそれを全員直之直属の下女とした
直之は自身の居住区の隣に専属下女の部屋を作成した
病院の大部屋と同じように、カーテンで仕切りを作り、ベッドと机と椅子を置いた
ドアを開けて正面に少し広めの仕切りを設け、1mの通路を横に作って左右を下女の生活スペースとし、奥にも少し広めの仕切りを作った
この2つの仕切りには、下女頭と副下女頭を置いた
奥には身長計と体重計とスケールと記録台が置かれ、トイレも設置された
入り口側には扉がもう一つあって、そこにはこの部屋を管理する女子警備員が8名住んでいた
警備員は2交代で4名ずつの勤務とした
入浴は下女部屋から廊下を出て反対側に広めの浴室が設けられた
直属下女は下女室に入ると、衣服を全て没収された
そして、下女室を出るとき以外は一切の服の着用を禁じられた
直之は、下女に毎朝の身体計測と月1の健康診断(性器検査あり)を課した
下女頭に由起子(18)、副下女頭に莉菜(15)を命名し、寝室に呼んで犯した
直之は由起子に月5万円、莉菜に月3万円の手当てを与え、平の下女にも月1万円を与えることにした
直之はモニターを設置して、見ていた
直之にとって自由に抱ける女が新たに出来た瞬間だった


sm  狂女

[PR] http://luv.kir.jp/
1 ハート2 ハート3 ハート4 ハート5 ハート (7)
提供:nan-net

その狂騒振りが更に他の奴隷たちにも伝わったのか、気が付けば寝室内は大勢の奴隷でいっぱいになっている。「種付けも大変だぞ」僕は昭代へのピストン運動を盛んに続けながら笑って言った。ベッドの外で立っている連中は、羨望の目をじっと注いでいる者や身悶えしている者など様々で、母さんなんかはさすがに息子の子を宿せないのが悔しいらしく、「皆、いいわね」と嫉妬めいて言い放った。                                      昭代の中で射精した後、肉棒を由香のまんこに挿入した。「あああああ!」やはり大きな肉棒の感触は違い、由香は一際婀娜っぽい声を響かせた。晴れて妊娠解禁となり、子作りへの思いも募っているのだろう。「妊娠したいんだろ?」乳房を揉!
ながら耳元で訊くと、「はい、欲しいです・・・あなたの子が・・・・」由香は素直に打ち明けた。「私も・・・・・」瑠璃子が堪らなくなって言い、友恵や文枝なども全裸で、「ご主人様・・・・・」「私にも・・・」とねだった。文枝は年齢の壁が在っても、妹の芳美が出産しているので望みをつないでいるのだろう。そんな熟女たちの攻勢に、沙織や美沙を始めとする若い女たちも対抗して全裸になり、「私も赤ちゃんが欲しい!」と沙織が言えば、「私もおお!」(美奈)「あなたあ!」(美沙)「雄一様・・・」(弓枝)などと口々に言うのだった。「おいおい、ちんぽこは一つしかないんだぞ」その間おとなしくしていた麻理が急に両腕を僕の上半身に回して、「私は全部を投げ打ってあなたの所へ来たのよお!」と叫!
んだ。しかし他の女も、「私だって」「あん!
だけじゃないわよ」と負けていない。「まあまあ」ここで喧嘩になっては拙いので何とか宥め、由香とのセックスに専念した。

次のページ »

官能小説セレクション©ナンネット All Rights Reserved.